※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東北臨海車両センター(英称:Tohoku Baysaid Train Center)は、仙台急行電鉄東北支社の車両基地である。
なお、臨海本線東北新幹線直通特急を扱う東北臨海車両センター仙台北派出、本所併設の臨海中央運輸区に関しても記述する。



概要

前身は、仙台臨海鉄道の機関区「仙台臨海鉄道機関区」であった。
その後、仙台臨海鉄道が買収され「臨海電車区」に改変され、もともと仙台港駅(現東上学園駅)の構内にあった機関区を仙台埠頭駅の南側に移転した。

そして、多賀城線・中山線の開通・旅客列車の増大を受け、施設を大幅に改造し、現在の東北臨海車両センターとなった。
また、臨海本線東北新幹線直通特急の設置を受け、仙台北港駅に東北臨海車両センター仙台北派出が、運行本数増大と本基地所属車両増加に備え、黒磯派出(東クハ)、白石派出(東イハ)、泉派出(東ミハ)が設置された。


機能

  • 車両の入出庫
  • 車両管理・定期検査(全般検査はJR東日本郡山総合車両センターに委託)
  • 車両改造


乗務員担当区間

いずれも本所所属
  • 臨海本線(全線)
  • 多賀城線(東上学園〜成田)
  • 中山線(全線)
  • 湾岸環状線(全線)


配置車両

配置される車両に記される略号

東北臨海車両センター(電車・気動車)
  • 「東トリ」...東北支社を表す「東」と東北臨海を表す「トリ」から構成される。
東北臨海車両センター仙台北派出
  • 「東リシ」...東北支社を表す「東」と臨海と新幹線を表す「リシ」で構成される。
東北臨海車両センター白石派出
  • 「東イハ」...東北支社を表す「東」と白石派出を表す「イハ」で構成される。
東北臨海車両センター(機関車)
  • 「東臨」...東北臨海車両センターを表す「東臨」で構成される。

東北臨海車両センター

在来線車両

通勤型

  • 仙台急行電鉄S6000系電車(6両編成×40本、10両編成×3本)
    • 甲編成3M編成(R601〜R620編成)
    • 甲編成4M編成(R621〜R640編成)
    • 乙編成(R641〜R643編成)

  • 仙台急行電鉄S4000系電車(4両編成×30本)
    • 900番台(R901編成)
    • 0番台(R402編成〜R416編成)
    • 100番台(R431編成〜R440編成)
    • 500番台(R471編成〜R474編成)


特急形

  • JR東日本E653系
    • 0番台6両編成(R1〜R4編成)

機関車

  • JR貨物EH500形電気機関車(R1号機〜R8号機)

  • JR貨物DE10形ディーゼル機関車(R1号機~R10号機)

  • 仙台臨海鉄道SD55形ディーゼル機関車(103号機、105号機)


東北臨海車両センター仙台北派出

新幹線電車

  • JR東日本E3系電車(10両編成×4本)
    • 5000番台(T1編成、T2編成)

東北臨海車両センター白石派出

配置無し。夜間停泊のみ。

東北臨海車両センター黒磯派出

通勤形


東北臨海車両センター泉派出

近郊型

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|