※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ATS-NTは、仙台急行電鉄の路線で使用されている自動列車停止装置である。


概要

ATS-NTは、列車密度が高いため、JR東日本のATS-Psでは運行ダイヤを確立できなかった臨海本線に最初に導入された。また、確実に停止をさせるために保安度を高めている。
また、JR東日本区間に乗り入れるため、ATS-Psにも対応している。

パターン機能

NT区間では、地上子から停止位置までの距離・勾配等の情報を取得し、車上でパターンを計算し、そのパターンに接触した場合に常用最大にて減速する。パターンを下回るとブレーキを自動緩解する。P搭載車は対応。Ps搭載車は、地上子手前にPs判別地上子を置き、それにてPs用の信号を発信する形を取っている。

停車駅誤通過防止機能

車両搭載のTIMSによる設定で、停車駅か通過駅かを判別。停車位置40mで速度が30km以下でない場合に非常制動がかかる。

制限標識対応自動制動機能

パターン
機能を利用したもので、任意の速度が設定できる。

転轍機開通確認機能

車両搭載のもう1つのモニタで、進路がどのように開いているかを確認できる。

高速進行補助

高速進行している際にパターン照査による常用最大ブレーキがかかると、乗り心地が悪くなってしまう。そのため高速進行している車両には80kmまで自動ブレーキにて速度を減少させる。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|