第九次ダンゲロス

一 十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一十三/にのまえ とみー


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 その他 コルト・パイソン357マグナム(おもちゃ)
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:男の美学】
10 0 9 3 8

特殊能力: 砂糖菓子の弾丸(ロリポップ・シューター)
効果:即死 130
タイプ:瞬間型
範囲+対象:隣接1マス敵1体 1.1
時間:一瞬 1.0
非消費制約1:転校生にのみ有効 0.7
非消費制約2:DPで負けているときのみ発動可能 0.85
消費制約:永続戦線離脱 30

効果数値=130×1.1×1.0×0.7×0.85=85.085
発動率=(100-85.085+30)×1.8=80.847≒81%

能力発動率:81%
能力原理
お菓子を武器に変える能力。飴玉や砂糖菓子などを弾丸に変え、超高速で撃ち出して敵を狙撃する。
幼女とハードボイルドという有り得ない化学 反応によって相手は魔人としての死を迎え、退場する。今回のターゲットは転校生と決めている為、他の相手には使わない。それが男の美学。
自分の役割を果たした後はお役御免、とばかりにダンディに立ち去る。ハードボイルドはクールに去るぜ。

キャラクター説明
 一族中の魔人率が99%を超える戦闘破壊家族、一家(にのまえけ)の一人。
茶褐色のトレンチコートに黒のスーツ、ボルサリーノのソフト帽を被った苦味走ったハードボイルド探偵。だが幼女だ。
一時の感傷や恐怖などの感情に流されず、常に冷静にクレバーに事態に当たるタフ・ガイ。だが幼女だ。
どんな危機に陥っても苦境をものともせず、逆に軽口を叩くユーモアを忘れない。だが幼女だ。
シガー(チョコ)を好んで口にし、休日は水割りダブル(カルピス)を一杯やって過ごす。だが幼女だ。
気の利いた友人からはマギーとも呼ばれる(十三⇒銃弾倉⇒マガジン⇒マギー)。だが幼女だ。
数多くの女(猫)と一夜の関係を築くが(抱っこして寝る)、束縛されないし束縛しない大人の関係。だが幼女だ。

CVは中田譲治(但し本人の脳内イメージのみ)。

一家の一族は外見と精神年齢が一致するとは限らない。

「シュガーボーイ、お前には自信が足りていない。ソープに行って童貞を捨てろ」

<ナンシーについて>
十三の飼い猫…………というよりもお守役。十三のその日の気分によって呼び方はキャサリンだったりジェーンだったりローラだったりするが、 雌ではなく雄。
人間並の知能を持ち人語を解するが、当然話す事は出来ない。また魔人能力『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を所持している が、十三は何も知らずただの猫だと思っている。
CVは大塚明夫(但し心の声)。