第九次ダンゲロス

狐貉ぽんぽ子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狐貉ぽんぽ子/きつねむじな -


【性別】 【学年】 【所持武器】
女性 一年生 たぬきのしっぽ
【攻撃】 【防御】 【体力】 【精神】 【FS:幻術】
15 4 6 2 3

特殊能力: 平和的怪決
スタイル:アクティブ
タイプ:瞬間型
効果:精神力3ダメージ 40
時間:一瞬 1
対象:隣接1マス敵1体 1.1
制約なし 10

効果数値:
40*1.1*1=44

発動率計算:
(100-44+10)*(1+0.1*3)=85.8
発動率:86%
能力原理
術者の姿が名状しがたき怪物に変貌する、という幻術を見せる能力。
指向性のある幻術なので複数の相手には効果が無い。

あくまで相手を怖がらせ戦闘回避するのが目的という
殺傷力は皆無な、優しい魔人能力である。

キャラクター説明
ケモミミのようなくせ毛が特徴的な、小柄でスレンダーなインドア派少女。
最近視力が低下し始め、時折メガネをかけることも。

名前やくせ毛のせいで、子供の頃から化け狐やら化け狸などどイジメられていた。
魔人能力に目覚めたのも、イジメから自分の身を守るためだったのだが、逆に拍車をかけることになった。

地元の中学校を卒業後、私立希望崎学園へ進学。
希望崎ならば、自分と同じような境遇の子がいるかもしれない。

そんな淡い期待を胸に……。