PetFood@Wiki メニューフーズ関連


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メニューフーズ関連

経緯

2007 pet food crisis(Wikipedia)[英語]よりタイムラインを翻訳(意訳で誤解を生むといけないのでWEB翻訳からのほぼ直訳です。読みにくい部分があると思いますがご了承ください。)
(Wikioedia内の「2007 North American pet food recall」が改題しました)

2006年10月: 汚染された小麦グルテンはラスベガスのベースのChemNutra Inc.によって中国のXuzhou Anying Biologic Technology Development(徐州安营生物技术开发有限公司)から米国に輸入された

2006年11月: カナダを拠点とするMenu Foods社はカンザスとニュージャージーのプラントで汚染された小麦グルテンを使用開始

12月3日から3月6日まで: Menu Foods社は汚染されたグルテンを含むさまざまなウェットペットフードを製造し、分配
(アメリカ、カナダ、メキシコで急性腎不全で亡くなる犬猫が出現)

2006年12月: Menu Foods社は何らかの製品で問題が起こりうるとの確証のない報告を示す文書を受ける

2007年2月20日:代理人により彼らの製品内で初めて死亡賠償金の支払いをMenu Food社へ通知
(4頭の猫と1頭のそれぞれの飼い主がMenu Foods社に死亡報告)

2007年2月26-27日:「恐ろしい奇遇」で、Menu Foods社最高財務責任者が会社株式のおよそ半分を売却

2月27日:Menu Foods社は規定の試験を行う。そのテストは食品汚染の初期の関係とは無関係

3月2日:Menu Foods社の試験動物は急性腎不全で死に始めます。死亡率は6分の1とされた
(9頭の猫が死亡)

3月6日:Menu Foods社が小麦グルテン供給を切り替え

3月中旬:Menu Foods社はコーネル大学の研究者のもとへサンプルを送る。彼らは試験のためにニューヨーク州食物研究所とサンプルを共有

3月16日:Menu Foods社は、ウェットペットフードの6000万個を超えるコンテナーをリコール
FDA(米国食品医薬品局にリコールを届出

3月21日:Hill's Pet Nutrition社は、"cuts and gravy"のペットフードのリコールを発表
第1の訴訟はイリノイとテネシーにて行われる

3月23日:第1の連邦集団訴訟はシアトルにて縦列進行

3月23日:ニューヨーク州食物研究所はコーネル大学から送られたサンプルのテストでアミノプテリンを検出したと報告

3月23日:Menu Foods社はカンザス・プラントをシャットダウン

3月後半:ASPCAコンテスト・ニューヨーク州食物研究所の発見物および様々なサンプル中の産業化学薬品を食品医薬品局(FDA)へコーネル大学が報告

3月30日:FDAとコーネル大学は、メラミン(プラスチック製造の産業化学薬品)およびいくつかの殺虫剤および肥料が食物と動物のサンプルの中で発見されたと報告
2つのグループはニューヨーク州食物研究所の発見物と協議する

3月30日: FDAはXuzhou Anying Biologic Technology Development Companyからの輸入中止、および米国に入るすべての中国の小麦グルテンの検査を命じる

3月30日および31日:Del Monte、Nestlé Purina PetCare、そしてHill's Pet Nutritionが様々なウェットおよびドライペットフード、およびスナックのリコールを発表

4月1日:米司法局はペットフードのより大きな保護を要求しFDAを批評

4月2日:カンザス・プラント再開

4月4日:ChemNutra社はペットフード会社に卸したした小麦グルテンをすべてリコール

4月5日:Sunshine Mills社がリコールに参加
4月5日:中国は小麦グルテンを調査開始し、米国の上院はリコールおよびFDAの応答を審問に入ると発表

4月9日:リコールされていないフードの中でメラミンが発見される

4月10日:Menu Foods社のオンタリオ・プラントで製造された製品にリコールが拡大

4月11日:いくつかの団体は死亡ペット数は3,600匹に上ると推測
4月11日: 輸入業者のウィルバー-エリスはBinzhou Futian Biology Technology社から米のライスプロテインに「メラミン」が混入した袋を発見


4月12日:アメリカ上院はリコールで審問を開催

4月16日: Natural Balance社がメラミンで汚染されたライスプロテインを含む製品をリコール
(Natural Balanceはメニューフーズと別ルートでの問題の模様)

4月18日: 農産物製品ディストリビュータのウィルバー-エリスが5つのペットフードメーカーに分配された米のタンパク質のリコールを発表

4月19日:調査員は、シアヌール酸を含む3つの化学薬品が、中国からのメラミンに汚染された米タンパク質、およびその米タンパク質を消費した動物の中で集中して発見されたと発表

4月19日:Royal Canin社が8種類のフードをリコール

4月20日:南アフリカがペットフードのための中国のグルテンの輸入停止

4月24日:FDAは、3つの州で人間の食物に使用されることになっていた豚の尿でメラミンが見つかったと発表
さらに、中国から輸入された6つの食品成分が警戒され調査に入った

4月26日:中国は食品添加禁止のメラミン使用とその製品が輸出されたと認める、と発表

4月26日:新しい6社が新たにリコールし、2社がリコール拡張

4月27日:Natural Balance社が4種類のフードをリコール

4月28日:カリフォルニア州職員は、メラミンに汚染された豚肉をおよそ45の人々に供給し消費されたと報告

4月28日:米FDAとUSDAは、汚染された飼料を餌とした豚肉が人間の食用として市場に供給されたと共同で発表

4月29日:中国では動物用飼料へのメラミンスクラップ混入を幅広く行っていると報告

4月30日:米FDAとUSDAは、汚染された飼料を餌とした鶏肉が人間の食用として市場に供給されたと共同で発表

5月1日:米FDAとUSDAは、汚染された飼料を餌とした何百万もの鶏が食べられたことを確認した

5月2日: Menu Foods社は交差汚染のため先のリコールされた項目と同じプラントで作られたペットフードを追加リコール

5月3日: 中国の当局は小麦グルテン輸出業者を逮捕
SmartPak社はメラミンの検査で陽性と出た2個の犬用製品の全国的なリコールを実行

5月7日: 汚染飼料を入手した疑いのある農場からの、検査を行ったサンプル中からはメラミンが非検出だったいくつかの豚や家禽-2000万羽の鶏について、評価基準に基づいた汚染された飼料を消費した豚肉または鶏肉を食べることでのヒトへのリスクは非常に低いとした米国の食品安全職員の報告をUSDAが公表

5月8日: 中国のシアヌル酸と共にある動物飼料の粗悪品は公表された

5月9日: ふ化場の魚肉の中にメラミンを検出

5月15日: 5万6000頭の豚がシアヌル酸のテストせず検査通過していた



メニュー・フーズ社による情報公開[英語]

ウィルバー・エリス社による情報公開


リコール対象商品情報


マイクロソフトの無料ビューアがあればExcel持ってないひともデータが見れます
マイクロソフト(Winだけみたい)


ニュース

関連サイト(外部リンク)







以下のリンクは広告です