キャラクター

本作品の世界観を広げる目的として、作中に登場するキャラクターの紹介や、豆知識を書き留めてあります。
部分的なネタバレが含まれているため、一切の先入観を持たずにプレイしたい人の閲覧は推奨されません。
折りたたまれているコメント部分の閲覧は特に注意して下さい。




街で出会う人々

  • 宿屋の女将/セフリムの宿
    • シリーズ恒例、宿屋の糸目。優しそうな雰囲気の女将さん。
    • 極稀に宿屋の外で見かけることがあるが、その時でも鍋は手放さない。一体何が入っているのだろうか。
+ ...

  • 工房の娘/ベルンド工房
    • ベルンド工房の鍛治師見習い。
    • その可愛さで、発売前から数々の冒険者を骨抜きにした。
    • 武器や道具をわが子のように愛情を持って接する。冒険者に対して頻繁な武器の買い替えを勧めないという一面も。
    • 街には隠れファンが多いとか何とか。
    • 血の裂断者が真後ろに迫っていても小さな花を摘もうとする。肝が据わっている。

  • 酒場の主人/踊る孔雀亭
    • 褐色の肌に艶めいた髪色の美しい妙齢の女性。
    • クエストのたびに、お早いお帰りを、と冒険者を送り出してくれる。
    • 優雅な女性を気取っているが、虫の卵に嫌悪したり、討伐クエストでは賭けをやっていたりと俗っぽい。

  • ギルド長/冒険者ギルド
    • Ⅲのモンクのような見た目のマッチョな御仁。気合いでバースト枠を増やしてくれる。
    • 過去作のギルド長のような挑発的な言動は見られず、ただひたすらに熱い。
+ ...


  • 港長/カーゴ交易場
    • 航空技術の研究に並々ならぬ情熱を燃やす青年。交易場の管理と、気球の整備や拡張を無償で行ってくれる。
    • 気球の開発者は彼の父親という事になっている。彼の父親は現在現役を引退しているが研究は続けているとか。
+ ...

  • 辺境伯/マルク統治院
    • 今回のお上枠。腕に抱いている愛犬の名はマルゲリータ。
      • 統治院で流れるBGMの曲名は「マルゲリータの午後」
      • マルゲリータは彼のペットであると同時に番犬でもあるらしい。
      • 心底可愛がっており、あるクエストで上機嫌な時にも撫でさせてはくれないようだ。
    • 胡散臭さを匂わす容貌ながらも、身分に相応しい人格者。民の信望も厚い。
    • セフリムの宿で食事をする、踊る孔雀亭に依頼をするなど、庶民的な活動も度々目撃されている。
    • 辺境伯とは実在する称号で、伯爵より格上の爵位。国境や未開拓地付近を統治することからこう呼ばれる。
+ ...

大地で出会う人々

  • キルヨネン
    • 気球の色は青。
    • 双臂王ビョルンスタットに仕える聖印騎士団の末席との事。どこか遠い国の騎士らしいが、辺境伯の話からするに、現在は冒険者として活動をしている様子。
    • 希少な食材を要求してくるが、見返りも大きい。
    • モンスターに襲われていることもあり、助けると貴重なアクセサリ(全能力&HPアップ)をくれる。
+ ...

  • ウィラフ
    • 気球の色は赤。
    • キルヨネンと同様に、希少な食材の見返りに便利なものをくれる。
    • 何度も頼みを聞いていると、次第にセリフが変化する。これもキルヨネンと同様。風馳ノ草原(体験版時点)でも3パターンのセリフテキストを確認。
    • モンスターに襲われている所を助けると、キルヨネンと同様に貴重なアクセサリ(全能力&TPアップ)をくれる。
    • 兄が複数おり、彼らを見返すために冒険者になったそうだが…
+ ...


迷宮で出会う者たち

  • ワールウィンド
    • 熟練の冒険者。新人冒険者であるプレイヤーの探索の手助けをしてくれる。
    • プレイヤーギルドの行く先々で姿を見せる。彼も何らかの目的を持って迷宮探索をしているようだ。
+ ...

  • 巫女
    • 和服のような装束を着、ウロビトの杖を持った少女。蛍のような光をまとっている。
+ ...

  • ウーファン
    • ウロビトの方陣師たちを束ねる者。最初はプレイヤーに強い警戒と敵対心を見せる。
+ ...

  • ウロビト
    • 大きな葉を被った兵士。グラフィックでは弓を携えている。
    • 長らく元老院による合議制で方針を決めていたらしく、全体的に個人の決断力に優れない者が多い。
    • 冒険者達と関わる事で、ウロビト全体がより意欲的に行動するようになる。
+ ...

  • キバガミ
    • イクサビトのモノノフたちを束ねる者。
    • 頭が牛で体が人だからミノタウルス……と思いきや、イクサビトの容姿とも合わせて考えると地獄の鬼(=羅刹)としての牛頭(ごず)がモデルだろう。
    • 無骨な武人だが相手の力量を見定め認める事も怠らず、病気の子供のために里の掟を破る決断をする等、行動力や決断力にも優れている。
+ ...

  • イクサビト
    • 薙刀を持った足軽。
    • 頭が馬で体が人。こちらはおそらく地獄の鬼、馬頭(めず)がモデルと思われる。
    • 人間が戦友と語られる伝承のみならず、イクサビトは往々にして異種族を差別せず、相手を武人として接する。
+ ...

ストーリーを進めて行くと会う者たち

+ ※ネタバレ注意

クエストで出会う人々

踊る孔雀亭で出会う人々

  • 虚ろな目をした術師メノウ
    • 独り言のようにぶつぶつ言いながら素材のヒントを教えてくれるヤバい人。
    • 目的のためならば手段を選ばないようで、とある素材を手に入れるために味方のルーンマスターを三人ほど戦闘不能にしている。
      • その際、戦闘不能状態で冒険者ギルドに預け、放置している。ギルド長は何も言わないのだろうか。
+ ...


  • 博識な医術師ソフィー
    • 冒険に役立つ様々な情報を教えてくれる人。世界樹が初めての人も慣れている人も、一度は話に耳を傾けておこう。

  • 品の良さそうな女剣士
    • お嬢様然とした喋り方は確かに品はいいのだが、見かけによらず所属ギルド一の腕力の持ち主で頭脳労働は苦手らしい。
    • ダンジョンの仕掛けが難しいという比較的役に立たないであろう情報、というか感想を教えてくれる。
    • ワタクシ、バカなのでサッパリですわ!

  • ベトベトしている少女術師
    • とあるF.O.Eにネバネバする粘着液をブッカケられた後、触手で攻撃され大変な目にあったと注意を促してくれる、スタッフの純粋かつ紳士的な親切心から生まれたキャラ。
    • 名前の通り、この台詞を言わせるためだけに用意されたらしい。

  • 緊張気味のウロビトの女
    • 金剛獣ノ岩窟のダメージゾーンをウロビトのスキルで軽減できるぞ、と緊張気味にアピールしてきてくれる術士。
    • タルシスに出てきたもののなかなか所属先が決まらないのか、プレイヤーギルドにも「…私を仲間に入れて下さい。」と就職活動をしている。

|