宇宙を駆ける

シナリオ攻略

シナリオ クリア ボーナス

CAPITAL ACE POINT
CLEAR BREAK1 BREAK2 SECRET1 SECRET2 IMPACT 1位 2位 3位
20000 20000 20000 20000 20000 20000 +65 +55 +45

勝利条件

  1. 敵軍ユニットの全滅

敗北条件

  1. マスターユニットが撃破もしくは自軍ユニットの全滅

攻略条件

BREAK TRIGGER

  1. カミーユがシロッコを撃破
  2. ジュドーがハマーンを撃破

CHALLENGE MISSION

  1. カミーユはジェリドを撃破後シロッコを撃破できるか?
  2. ジュドーはプルツーを撃破後ハマーンを撃破できるか?

OVER IMPACT

  • 5ターン以内に全てのメビウスを撃破

初期配置

  • 第3軍
    機体 パイロット(艦長) 出撃数 備考
    グワダン ネオ・ジオン士官 1
    L ガザC ネオ・ジオン兵 4 艦載機
    ガザC ネオ・ジオン兵 18

BREAK TRIGGER1

増援

MAP2上下に出現

MAP1上に拡張出現

MAP2下に出現

  • 第3軍
    機体 パイロット(艦長) 出撃数 備考
    キュベレイ ハマーン・カーン 1

シークレット

CHALLENGE MISSION1達成時、MAP1下に出現

BREAK TRIGGER2

増援

MAP2右に出現

MAP2左に出現

シークレット

CHALLENGE MISSION2達成時、MAP1右に出現

OVER IMPACT

解説

  • Zの終盤シナリオ…と思いきや、ZZの終盤まで混ざっている。ZやMk-II、百式が複数機いると言うカオス。
    • ZとZZを両方やってる都合上、トーレスとアストナージがアーガマに配置、代わりにネェル・アーガマには原作ではネェル・アーガマに乗らなかったシーサーが配置されていたりする。
    • ゲストのハマーンはZ版なのでジュドーとの掛け合いは再現できない。もちろん自軍にZZハマーンを用意してOI後にジュドーと戦えば演出変化は見られる。
  • 全般的にゲストを急いで動かしたいので、再行動を用意しておきたいところ。自軍の戦艦も宇宙適性Aが欲しい。
  • 第3軍のアクシズも結局こちらを狙ってくる。もっとも同士討ちする設定だったとしても位置的に戦局が混乱するだけだが。
  • ネームドの乗った敵艦はユニットがいない。ゲスト艦が砲撃を食らうので優先して落としていい。
  • ブレイク1とブレイク2にはターン制限がない。次が有利になる位置取りが完了するまで遅らせると進行が格段に楽になるので、慌てて達成しないように。
  • 開戦当初は上にMAP1上部にジェリド、下部にバスク&ヤザン、MAP2にシロッコとアクシズと多方面に敵機がいる状態。
    このうち、すぐ動き出すのはジェリドとヤザン、アクシズのガザC部隊。
    • シロッコは数ターン経つまで動かないので、その間に上部のジェリドを撃破⇒ヤザン隊を迎撃⇒MAP移動してアクシズ撃破、と順次仕留めていこう。
      シークレットを出す気があるなら、ジェリドへのトドメをゲストのカミ―ユに回すのを忘れずに。
      • ガザC部隊は自軍ゲスト付近に順次MAP移動してくるため、ゲストがうっかり囲まれないように注意。特にメタスはすぐ落ちる。
    • シロッコのMAP移動先にユニットを置くことでミッション達成を簡単に遅らせることができる。
      MAP下部に敵が残っているとブレイク1後のクワトロの戦況が悪化するので、足止めを駆使してでもバスクの艦隊も殲滅しておきたい。
    • なお、シロッコへのトドメをカミ―ユ搭乗のZガンダムのウェイブライダー突撃で行うと演出が変化する。
  • ブレイク1で、下側でクワトロとハマーン、上側でガンダムチームとサイコミュ部隊の追いかけっこが始まる。特に後者は要注意。
  • ブレイク2を狙うなら、クワトロではハマーンを倒してはいけないため防戦一方になる。
    シークレット1を起こした場合はシャウアー達に包囲される危険もあるので、百式を生存させるためになんらかのフォローを用意しておこう。
    • フォローとしてはHP50%回復持ちマスターやダブルオーライザー(最終決戦仕様)もしくはダブルオークアンタでの回復、
      回避100%持ちマスターでの確定回避、再行動や移動UP持ちマスターで自軍との合流を早めるなどが考えられる。
    • ちなみに一見厳しそうに見える百式VSキュベレイだが、格闘戦に持ち込めば対ビームコーティングの効果もあって競り勝つ事は出来る。
  • 原作通り、クィン・マンサと量産型キュベレイはネェル・アーガマを優先して狙う。
    急いで南下させても間に合わないのでガンダムチームをフル動員して囮に使い、量産型キュベレイを半分だけでも落とすことを強く勧める。
    • 逃げようにも暗礁地帯にネェル・アーガマが出現するためほとんど動けない。
    • シロッコ撃破前に自軍をMAP1上方に固めていれば、ブレイク直後にサイコミュ部隊と激突できる。先にプルツー以外を殲滅できれば下方への援護も回しやすくなる。
    • なお、今回のドーベンウルフはMAP兵器を持っていない。直線状に立っても一応安全なので覚えておこう。
  • ブレイク2増援のアークエンジェルは間に合わないどころか、シークレット2の袖付きにボコボコにされる。全力で左に動かさないと5ターン持たないかも。
    • なぜか種運命時代のムウと無印種の連合三馬鹿が対峙することになるがあまり気にしてはいけない。せっかくなのでビーム無効化を有効活用しよう。
    • 実は袖付き軍は アークエンジェル以外の自軍 目がけて全力で進み、その道中に敵がいたら攻撃するタイプ。
      袖付きと同じMAPに自軍1隻移動しておけばアークエンジェルのいるMAPには来ない。心配ならアークエンジェルを「右に」動かせば囲まれることはほぼない。
  • OVER IMPACT条件のメビウスは1ターン目から「後列」がMAP1に移動してしまう。MAP兵器範囲も広いので位置取りには注意。
    • 「核ミサイル」という名前に脅えがちだが、たかだか5000程度のダメージ。3機まとめてMAP兵器喰らっても15000ダメでしかない。
      いっそ戦艦を隣接させてしまい、喰らったあと次ターンで出撃&攻撃で落とすのも手。3馬鹿に近づきすぎないように注意しないといけないが。
  • インパクトを起こして捕獲できるユニットが多数いる。独立ユニットはクワトロの百式だけなので注意しよう。
    • アカツキはいったんアークエンジェルに格納してオオワシ形態にしておくと弱体化できる。