ブルーディスティニー1号機

RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機


性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
21500 390 M 9720 106 21 21 22 6 - - A - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3500 14 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
EXAMシステム起動 4500 22 10 1~1 特殊攻撃 90% 5%
60mmバルカン砲 1500 8 0 1~2 連射 100% 25%
100mmマシンガン 2800 12 0 2~4 連射 90% 5%
胸部ミサイル 3000 12 0 3~5 射撃 80% 15%

アビリティ

名前 効果 備考
シールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを40%軽減。
マグネットコーティング 機動力+3。
命中・回避率+3。
EXAMシステム 命中・回避率+5、
覚醒値+30。
特殊攻撃武装を使用する度にMP10消費。
反映済
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、使用可能。

開発元

開発元
4 陸戦型ジム 3 ブルーディスティニー2号機 3 ブルーディスティニー2号機(ニムバスカラー) 3 ブルーディスティニー3号機

設計元

設計元A 設計元B
陸戦型ジム
陸戦型ガンダム
イフリート改

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 陸戦型ジム 2 陸戦型ガンダム 3 ブルーディスティニー2号機 3 ブルーディスティニー3号機

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』、分類『ゲーム系
  • アビリティーEXAMシステムのMP消費が特殊攻撃EXAMシステム限定の効果になり、扱いやすくなった。
    • 特に支援攻撃の際は顕著で、EXAMシステム以外の武装なら渋ることなく支援に参加できるのは大きい。
    • 上記の効果変更に伴い特殊攻撃EXAMシステムの消費MPが10に変更。事実上の変化はない。
      • ララァ、ムウの固有アビリティでMP消費をゼロに出来ないという地味なデメリットがある。
    • マグネットコーティングと合わせて命中・回避率に+8%の補正がかかり、覚醒値+30の効果でさらに補正が加わるうえ覚醒武器の被ダメージを若干抑えることが出来る。一年戦争時代の機体ではトップクラスの高性能機。
    • 似たような効果と威力を持つPXシステム搭載機と違って射程2に特殊属性が届かないのは惜しい。
  • ダメージの安定しないマシンガンか少々威力に欠けるミサイルしか無いため遠距離での火力が控えめ。
    その代わり、OPの火薬1つで両方とも強化できるのは2号機および3号機にはない利点。
  • 初期生産可能なジムから陸戦ジムを開発すると本機にたどり着ける。3号機・2号機・ニムバス・イフリート改の順で開発し、イフリート改を残しておくと設計に使える。
    • 以前はブルー3機のスタートラインだったのだが、本作では2号機が陸戦型ガンダムから開発できるようになった。
      シナリオ中に出現しないこともあり、若干存在感が薄れたのが正直なところ。
  • クリア前でも宇宙適性追加のOPが購入できるようになったため、ユウの搭乗した蒼いブルーを使いたいこだわり派にとっては随分と扱いやすくなった。