ガンダムF90(A.D.S.混合装着時)

F90 ガンダムF90(A.D.S.混合装着時)

特徴

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
34200 545 S 14160 140 31 32 30 6 B B B - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3800 16 0 1~1 BEAM格闘 85 5
連装ビームキャノン 3600 16 0 2~5 BEAM連射 90 5
連装ロケット砲ポッド 3000 12 0 3~6 射撃 80 15
メガビームキャノン 5000 24 0 5~7 貫通BEAM 75 5
全弾発射 9000 70 0 MAP MAP 100 0

アビリティ

名前 効果 備考
A.Rチップ 防御・機動・反応値+5
支援防御可能 支援防御可能

開発元

設計元

設計元A 設計元B
ガンダム全種 スーパーカスタムザクF2000

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 Gキャノン 3 ガンダムF90 4 ガンダムF90I(木星決戦仕様) 4 ガンダムF91

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『機動戦士ガンダムF90
  • ガンダムF90がアサルト・デストロイ・サポートの各オプションパーツを装備した状態。ワールドまでの名称はガンダムF90(フル装備)だった。
  • 素の状態に比べて攻撃力が上昇し機動力が低下しているが、A.Rチップは変わらずに搭載している。
    • 空中適性が付いたため素に比べて運用性は高い。射程の穴が無くなったのも大きい。
    • この形態ではAタイプの肩のミノフスキークラフトパーツが無いため、本来は飛行できないはずなのだが
  • 主砲であるメガビームキャノンの火力は申し分ないが、近距離での火線が低火力のロケットと安定しないBEAM連射なのがネックで前衛を任せるにはややキツいか。
    ビームサーベルは近接迎撃程度に考え、相手からなるべく距離をとっての火力支援機として運用するのが肝要。
  • なお本機はスーパーカスタムザクF2000と全てのガンダムタイプ間で設計可能であり、その数なんと 241通り にも上る。
    • スーパーカスタムザク自体がアッガイザクIIからストレートで開発できることもあり、ベーシックを除けば本作でのフォーミュラ系列最短作成ルートとなりうる。キャピタルさえあればランクA時点で実戦投入可能。
  • インターセプト木星決戦仕様から量産型ガンダムF91レコードブレイカー経由でV2ガンダムへ開発可能。