ヘイズル

RX-121 ヘイズル

性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
17600 415 M 11060 104 20 20 22 6 B - B - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3500 14 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
バルカン・ポッド 1500 8 0 1~2 連射 100% 25%
ビームライフル 3400 14 0 2~4 BEAM射撃 85% 5%

アビリティ

名前 効果 備考
シールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを
40%軽減。
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。

開発元

設計元

開発先

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
  • ステータス的にはこれといって目立つ所のない、平凡な機体。
    • 本作ではキハール経由でアッシマーなどからもAOZ機体が開発可能なので、「AOZ系列の起点」という開発上の特徴も薄まっている。
  • 他のガンダムと比べるとむしろ弱いほうなので、思い入れがなければさっさと次へ開発してしまった方が吉か。
    • 実はワールドより攻撃・防御が1下がったかわりに機動が1上がっている。
  • そもそもの設定としてジム・クゥエルをチューンアップして頭部をガンダムタイプに変更しただけの機体なので、過度な期待をする方が間違い。
    まぁ最終形態はオーパーツと言っても過言ではない超高性能機だが。
    • ジム・クゥエルと見比べてみれば「頭を挿げ替えただけ」なのが一目瞭然である。ただし、ガンダムタイプ標準の移動力6になっているのは大きい。
  • 開発先のFAと改は相互関係にあり、どちらに開発しても開発先は変わらない。生産登録をするという点においては、設計による登録のできないヘイズル改への開発がおすすめ。使用感で言えばFAの方がパージできる分良い様だが、脱出機能ではないため注意が必要。
    • 名前ネタの設計プランを利用すると直接生産がやりやすい。ジム・クゥエルと価格も誤差程度なので、ここからAOZ系の開発を始めると良いだろう。