ラゴゥ

TMF/A-803 ラゴゥ

性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
19800 505 M 13430 124 21 21 24 6 - - A - -

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
2連装ビームサーベル 3800 16 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
連装ビームキャノン 4700 24 0 3~6 BEAM射撃 75% 5%

アビリティ

名前 効果 備考
なし

開発元

設計元

設計元A 設計元B
設計不可

開発先

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『機動戦士ガンダムSEED
  • 地上戦においてアンドリュー・バルトフェルドが搭乗したバクゥの上位機種で、指揮官用として少数が生産・配備された。
    地上Aという高い地形適性を持ち、2連装ビームサーベルと連装ビームキャノンと高威力かつ射程の広い武装を取り揃えた使いやすいユニット。
    • 本来は複座式のコックピットなのだが、Gジェネではパイロット1人で操縦可能となっている。
  • バクゥの450mm連装レールガンが連装ビームキャノンとなり、射程+1および威力+200と強化されている。
    • ケルベロスバクゥハウンドと比較すると、機動以外のユニット性能は劣るものの、最大射程・最大威力ともにこちらの方が優れている。
      • ただし、ユニット性能やBEAM格闘の威力を見るならケルベロスバクゥハウンドの方が上。
  • 射程2が穴なので、ファイターエースなどで2連装ビームサーベルの射程を広げておきたい。
  • 開発先にはバクゥ系統のモデルを踏襲したMA形態を持つガイアがあり、ユニット性能やアビリティなど、完全上位互換となっている。
    • 本機は他のバルトフェルド専用機の特殊設計材料となるため、1機ずつ生産して開発用と設計用に分けておくとよい。
    • ガイアに開発すると連装ビームキャノンがなくなるため、最大威力・最大射程は本機に劣っている。
  • 急がないなら捕獲したバクゥから開発するのが現実的か。