第8回「片桐紗枝」(2008年2月23日)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

篠田「今日のゲストは片桐紗枝さんでーす!」

片桐「どうも~」

篠田「可愛い方ですねー」

片桐「いえ、そんな(笑)」

東「いらっしゃ~い」

篠田「あ、同じ事務所やん、多分」

東「そうで~っす」

石田「仲良いんですか?」

片桐「いいよね~?」

東「いいですよね~!」

篠田「ええな、仕事でお喋りできるやん」

石田「ツマちゃん一番楽しそうやもん、親戚の人が遊びに来たときの家の姪っ子によう似とりますわ(笑)」

篠田「ははは(笑)」

片桐「ツマちゃんって何ですか?」←キター!

αβ「え!?」

篠田「仲いいんやないですの?」

片桐「あ、つかさちゃんのこと!?」

石田「みんなからそう呼ばれる言うてましたけどねー」

片桐「初耳」

篠田「えー、どういう事?(笑)」

東「親とかー・・・親戚の人によく呼ばれるの」

篠田「あー」

石田「ツマって・・・東のヅマから来とるのに・・・苗字なのに?」

篠田「おかしいやん、親から苗字で呼ばれるて(笑)」

東「(笑)」




片桐紗枝(かたぎりさえ)
1981年4月11日
埼玉県出身
血液型:A型 業界のオネェさん




  • 電車恐怖症-

石田「お、これは(笑)・・・痴漢とかやないですか?(笑)」

片桐「うん、それもありますね」

αβ「うおおおお~~~!!」←αβテンションUP

片桐「まあ、その話は今日しないんだけど・・・」

石田「何や・・・」

片桐「私高校からずーっと電車乗ってるんですけどー・・・未だにあの、朝の満員電車、あれがだめなんですよ」

篠田「あーわかります。でも、それはみんな一緒でしょ?」

片桐「でもー、慣れた人とかだと本読んだり漫画読んだり、自分の世界に没頭できるじゃないですか」

篠田「いや・・・じゃあ漫画読めばいいじゃないですか自分も」

片桐「私、何度も挑戦したんですけどねー・・・全っ然集中できないの、携帯でテレビ見る人とかも最近いるんだけど、よく集中できるなーって思う」

篠田「集中っていう意味がよくわからないですけどねー・・・頭に入っていかないって事?内容が」

片桐「そう・・・なーんかソワソワしちゃって・・・」

石田「それは痴漢が来るかもーって事やないですか?」

片桐「それもあるかも・・・でもー、椅子に一人で座ってる時とかでもですよ」

石田「それは・・・椅子の下から顔が出てくるん思ってるんちゃうの?」

篠田「どういう事やねんそれは、バカ殿の世界やないか(笑)」

片桐「(笑)」

石田「もうええやん、早よー痴漢の話しよー」

東「・・・・・・」

篠田「僕はねー、この間・・・おもしろいというか・・・不思議なおばあさんがいまして」

篠田「僕の真後ろやったからねその人は、顔とかは知らんねんけど、なんかねえ、二人掛けの席やったんやけど、横に座る人に話し掛け捲るねん」

片桐「うんうん」

篠田「めっちゃ仲良く喋ってて、最初は知り合い同士かと思ったんやけど、その・・・横に乗った人が降りて、別の人が座ってもまた喋ってんねん」

石田「おー(笑)」

片桐「全然別の人でしょ?」

篠田「うん」

東「スゲェ~(笑)」

石田「はしたないわよ」

篠田「しかもさらにすごいのは、その会話のスタートね、いきなり「で、その姪がよ~」って、さっきの人との会話の続きをしとるわけよ(笑)」

石田「わけわからんやろーな、座った人(笑)」

篠田「な(笑)でも最後にはちゃんとありがとう、ってちゃんと頭下げてくんやで、みんな」

石田「何がありがとうなんかな(笑)」

東「私もおもしろい体験ありましたよー」

篠田「なに?」

東「前の席からあはんうふんって声がするから、覗いてみたら両方男だったの!」

石田「うん、それは後でゆっくり楽屋で聞くから」

東「はい(笑)」

篠田「何かあります?他に」

片桐「んーと・・・この間、私の列の・・・前のほうにいたおばあさんがいきなり立ち上がって、みんなにせんべえを配ってましたよ」

篠田「はぁ!?(笑)」

石田「もらったんですか?」

東「ちょ~だ~い!」

片桐「いや、離れてたから私のところまでは来なかったけど(笑)」

篠田「は~、楽しいですねー、電車って」

片桐「そうかなあ?」




  • 続・電車ばなし-

篠田「うわ~・・・電車好きですねー(笑)」

片桐「・・・・・・(笑)」

石田「今度はどんなびっくり人間伝説を語ってくれるんですか?(笑)」

片桐「これはー・・・私の体験じゃなくて・・・叔母の体験なんですけどー・・・」

片桐「寝台車ってありますよね、あれに乗ったときに、2段ベッドの上が叔母で、下にまた別の女性・・・50くらいの女の人がいたらしいんですよ」

篠田「はい」

片桐「そしたら夜中の3時くらいに・・・お経が聞こえてきたらしいんですよ」←怖ッ!

篠田「はぁ!?」

片桐「らしい、です・・・らしい」

石田「怖ー、怖おもしろい」

篠田「怖おもろい?何やねんそれ(笑)」

片桐「(笑)」

東「私もこないだめっちゃ怖かった」

篠田「ん?どうした?」

東「私の乗ってる車両私以外全員黒人だった」

石田「はっはっは!!(笑)」

石田「それは、別にびっくりな人間ではないから、びっくり人間伝説としてはボーツ!」

東「あぁ・・・っ!(笑)」

篠田「お前、めっちゃ笑っとったやないか(笑)」

石田「あのー・・・するめ食うやつむかつくねー」

篠田「おるなー!するめおるなー!」

片桐「えー、ホントに?するめ?」

篠田「おるよ、俺の見たのはするめとビールやった(笑)」

石田「しかも立ってんのよな、そういうのは」

篠田「何もつかまってないから電車揺れるとぶつかって来よるねん(笑)」

石田「なのに」

αβ「こっちが怒られる(笑)」

片桐&東「あはは(笑)」

篠田「あと男の・・・男が男のケツを触んねん」

石田「は?」

篠田「後ろに立ってるおっさんすごいなんか・・・ケツの変触ってくるから・・・こいつハコ師か、って思って、財布抜かれたら手つかんでやろうと思ってたんよ」

篠田「そしたらいつまで経っても財布持ってかへんねん、ってか手が財布から遠ざかってんねん(笑)」

石田「まーじーでー?(笑)」

篠田「あれはびっくりしたわほんま・・・どーゆーことやねんなあ」

石田「あー、もうー、片桐さん!」

片桐「はい」

石田「片桐さん痴漢の話してくださいよー・・・下ネタだめな人ですか?」

片桐「だめじゃない人です」

石田「ほんま!?ツマちゃんは?」

東「だめじゃない人です」

石田「ぅわぁ~~~~いっ!!(笑)」←テンションMAX

  • 深夜番組ですが、不適切なのでカーット!!-

篠田「石田くーん・・・」

石田「・・・?」

篠田「果てたなー・・・(笑)」




東「アルシンドに、なっちゃうよ~!!のコーナー!!」

篠田「待て、そんなコーナーちゃうわ」

篠田「激戦!トークBATTLEのコーナー!」

篠田&東「イェ~~イ!」

石田「いや、そんなコーナーでもないでしょ?」

篠田「そうなんですよね、前回まではスタータン・ジョーだったんでけど、あれやめます!」

石田「は?急な話やでー・・・あ、それでキャッシーおらんの?」

篠田「そうね、それもあるけど、キャッシーはちょうど人事部長に出世しまして・・・それどころじゃなくなったと、レギュラーを降板しました」

石田「えー、あの人何もやってないやん」

篠田「で、えーこの激戦!トークBATTLEなんですが、トークチャンピオンである石田くんとですね、トークバトルに勝てば、石田君の変わりに番組のレギュラーになれます」

石田「え、負けたら降板?」

篠田「そう、まあこのコーナーだけの話しやけどね」

石田「えー、そんなん別のチャンピオン用意してよー」

篠田「わかりました、じゃあチャンピオンは最初に応募してくれた人にします!」

石田「え?」

篠田「最初に応募してくれた人は挑戦者が来るまではレギュラーです」

石田「え、そんなん・・・お前決めていいの?(笑)」

篠田「はい、そうします」

石田「よく意味がわからんけど・・・やってみましょうか、百聞は一見にしかず」

篠田「はい、じゃあ早速、チャンピオンに入場してもらいましょう」

石田「え、来てるの?」

篠田「来てるよ、一応・・・何通かは来てたみたいよ」

石田「(笑)」

篠田「では行きましょう、田中美代子さんでーす!」

  • 続きは次回!-




篠田「いやー、今日もこれで終わりですけど・・・今日はほんとにありがとうございました、夜も、お世話になります」

片桐「??(笑)」

石田「まあ・・・、そのへんにしとき(笑)」

篠田「何でやねん、お前が一番狂っとったやないかい(笑)」

石田「や、一番は・・・」

東「わたし?わたし一番?」

篠田「ツマっちゃんは・・・お嫁行かれへんでー(笑)」

東「(笑)」

篠田「何か・・・告知か何か」

片桐「えー・・・今日は・・・」

篠田「ないですか」

石田「スーパージョッキーやったらどうなるんかなー、水着着替えて回ってして熱湯入って「ないです」(笑)」

片桐「(笑)」

篠田「それでは胸キュンさようなら、また来週~!」