死のドライブ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

走る一台の車、男が運転している。
ラジオ「昨日から行方不明になっている男性は未だ発見されておらず、警察では何らかの犯罪に巻き込まれたものとみています」
男、何かを見つけて車を止める。

女性が自分の車にもたれるようにして立っている、困っているような顔をしている。
男「なにかあったんですか?」
女「・・・・・・」
男「お嬢さん」
女「車が、動かなくなってしまって・・・」
男「ちょっと見てみましょうか」

男「バッテリーが上がってますね」
女「そうですか・・・」
男「レッカーを呼ばないとだめですね、でもこの先に電話が借りられそうな場所は・・・」
女「・・・・・・」
男「確かレストランがあったはず、けど10キロくらい走るかな」
女「そうですか・・・」
男「乗っけていきますよ」
女「すみません」
男「いいんですよ、貴重品だけもって、ドアロックしてください」
女「これだけ・・・」
大きな旅行鞄。
男「じゃあトランクに」
男、トランクを開ける。
女、旅行鞄を重そうに持ち上げる。
男「持ちますよ」
女、男が旅行鞄に手を伸ばしたため、鞄を隠すようにひっこめる。
男「どうしました?」
女「すみません、お願いします」
女、旅行鞄を男に渡す。
男「重たいですね、何が入ってるんですか?」
女「生活用品です、旅行してたので」
男、旅行鞄をトランクに入れる。

車内。
男「どこに行こうとしてたんですか?」
女「ちょっと・・・」
男「大きな荷物があったけど、旅行ですか?」
女「・・・・・・」
道路の青色看板に「青木ヶ原樹海」の文字。
何やら思いつめた女の顔。
男、女の異変に気付く。

  • 男の空想-
女、旅行鞄からロープを出す。
ロープを首にくくり、自殺する。

男「あの、つかぬ事を伺いますが・・・」
女、男を見る。
男「その・・・」
女、男を見る。
男「いや・・・そうだ、旅行は、お一人ですか?」
女「はい」
男「寂しくないですか?一人旅って。誰かと一緒の方が楽しくないですか?」
女「一人の方が気が楽です」
男「そうですか」
女「私なんか、誰も相手にしてくれませんし・・・」
男「・・・・・・」

車がレストランに着く。
女「ありがとうございました」
男「いいえ・・・」
女「レッカーをここに呼んで、その車でさっきの場所に戻るので、ここで」
男「はあ・・・」
女「トランク開けてもらえますか?」
男「はい」

男、トランクを開ける。
男「何が入ってるんですか?」
女「ですから、生活用品です」
男「だめだ」
女「え?」
男「単純な僕にだってわかりますよ」
女「・・・・・・」
男「命を粗末にしちゃいけない。たった一つの命じゃないですか」
女「・・・・・・」
男「馬鹿なことはやめてください、もっと自分を大切にしてください」
女「・・・わかりました」
男「本当ですか?」
女「ありがとうございます」
男「・・・よかった、わかってもらえたみたいで」
女「優しいんですね」
男「いや・・・」
女「あの人も、あなたみたいに優しかったら、私、あんなことしなくて済んだのに」
男「え?」
男、トランクから旅行鞄を落とす。
旅行鞄が地面の上で開く。
中身を見て、男は吐き気をもよおす。

ラジオ「行方不明になっている男性についてですが、樹海近くにある男性の別荘から大量の血痕が発見されました。しかし、未だ男性の姿は発見されておらず・・・」