透明人間

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

番組に一通のお便りが寄せられた...
「私、透明人間なんです」
透明人間が実は存在していたのか...?
我々は真相を究明すべく、送り主を訪ねることにした...

こんにちは、ジャック神崎です。本日はですね、なんと、透明人間に会えるということで、ここ、〇〇区に来ております。非常に興奮しております、果たして、本当に透明人間に会えるのでしょうか?

ピンポーン

はい

宮本さんでしょうか?

はい

私、オカルト番組のジャック神崎と申します。

ああ、どうぞ

失礼します

早速なんですが、宮本さんはその、透明人間なんですか?

そうですね

それじゃあ本当に...

でもね、みなさんが思い描いてるような透明人間とは少し違うんですよ

といいますと?

多分みなさん、透明人間と聞くと体が消えるっていうのを想像すると思うんですけど、私の場合は体の一部分について消えるんですね

一部分ですか、宮本さんの体の一部分が消えてしまうんですね?

ええ、っていうか、もう消えてますけどね

そうなんですか?

わかりませんか?

ええ、ちょっとわからないです

実は僕ね、スキンヘッドに見えてると思うんですけど、髪の毛あるんですよ

そうなんですか!

ええ

へー...

いや、触るのはやめてください

あ、すみません

髪の毛触られるとセットが乱れるので

失礼しました。テレビをご覧のみなさん、宮本さんは本物でした、本物の透明人間でした

やっぱり、想像してたのと違うと思うんで、がっかりしてる方も多いんじゃないかなって思うんですけど、まあ現実なんてそんなもんですよ

確かに、なかなか体全部が消えるのは、なんていうか現実味がないですよね

あんなものはフィクションですからね

なるほど、宮本さんはいつごろから透明になることができるようになったんですか?

そうですね、30代中盤くらいから徐々に薄くなって、50代に入って完全に消えました

いきなりじゃないんですか?

そうですよ、そんな急に消えないでしょ

あ、すみません。勝手にいきなり消えるものだと思い込んでました

少しずつ薄くなっていく感じですかね、20年くらいかかりました

漫画とかだとすぐに透明になれるような感じですけど、現実には時間がかかるんですね

そうですね、あんなもんはフィクションですよ

そうですか、なんか透明になる条件というか、薬とか飲むんですか?

そういうのはないですよ、気づいたら進行が始まってて

自分の意志じゃないんですか?

そりゃそうでしょ、透明になんかなりたくないでしょう

確かに、すみませんでした、これって戻すのも時間がかかるんですか?

いや戻らないですよ

戻らないんですか?

一度消えたらまた出てこないでしょ

そんなもんなんですか!

当り前じゃないですか、本当、漫画とかで間違った知識が根付いてるんで困りますね

でも消えるのに20年くらいかかったんで、20年くらいしたら戻るんじゃないですか

いや、20年経ったらもう70代なんで、そのころにははげてますよ

あ...

因みに、透明になる前の写真があるんですけど、見ますか?

見たいです

ちょと前の写真なんですけどね

これは、フサフサですね

ええ、学生の頃ですよ

お若いですね

今も同じ髪型してますからね、一応

そうなんですか?

だから、髪を触るのはやめてください

すみません

ワックスがついてべたべたになりますよ

しかし、私、本日とても感動しております。透明人間は子供のころからの憧れだったので、実際にお目にかかれて光栄です

そんなことないですよ、街に出るときなんか恥ずかしいですからね、まあ、宿命ですよ

透明人間ならではの苦労、ということですか

そうですね

それでは宮本さん、本日はどうもありがとうございました。

ありがとうございました。