音韻・文字


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改定ファルディアス語では、以下の文字を用いる。

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

読み方は以下の通り。英語読みしていただければ問題ないが、xに関してのみ、下の音韻の項を参照していただきたい。

a be she de e ef ge esh i je ke el em en o pe che er es te u ve wea xe ye ze

なお、Hは古い単語に使われている文字で、cまたはsについている場合は、合わせてそれぞれq,cと同じように読む。
それ以外の場合は、全てHは読まない。
改定ファルディアス語では、以下の音韻を用いる。また、その音韻を表す文字を併記する。

母音 → 全て、日本語の音より明るく
[a] a
[e] e
[o] o
[i] i
[u] u

子音
[p] p
[b] b
[t] t → 日本語、アメリカ英語の音より強く。
[d] d
[k] k
[ɡ] g → 決して鼻濁音にならないこと。
[m] m
[n] n
[r]または[ɾ] r → 巻き舌だが、発声できないひとは日本語のラ行でもよい。
[l] l →英語のlに同じ。
[f] f →英語のfと同じ。必ず上の歯を下唇に添えること。
[v] v →fの有声音。
[s] s
[z] z
[ʃ] c →tsやkと混同しないように。
[ʒ] j →日本語や英語と違い、舌を口の中のどこにも触れずに発声する。
[j] y
[w] w →きちんと口をすぼめること。
[ʧ] q →kなどと混同しない事。
[ɣ] x
  → 英語のg、日本語のガ行を出す時に使う喉の奥を、うがいをするときのように震わせる音。(有声軟口蓋摩擦音と呼ばれる)
[h] h →ほとんど使われない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。