※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ようこそ

2ちゃんねるEnglish板で2005年より続く「英語上達完全マップで勉強してる奴集合」スレのまとめwikiです。

「英語上達完全マップ」とは

千葉県浦安市で「六ツ野英語教室」を主宰する森沢洋介さん(写真)
が提唱する英語の基礎習得(TOEIC900前後)までの学習ガイドです。
言語習得のとらえ方、学習プラン、個々のトレーニング法について丁寧に解説されています。
また、森沢さんの習得エピソードからはおおらかな人柄と工夫を重ねられてきた足取りがうかがえ、
読まれた方は親しみを感じたり勇気づけられたりすることでしょう。


森沢さんの言葉

いまだに多くの人に根強く信じられているのが次のようなことでしょう。
①英語は母国語(日本語)を覚えたように、楽に、努力なしに習得すべきだ。
②英語が話される国に行けば、すぐにうまくなる。
③短期で英語がマスターできる秘策、教材がある。

外国語を本当に身につけるためには、
個人的な強い目的意識、適切なメソッドとプラン、一定量の濃密なトレーニング
といったことが不可欠です。

英語を身につける上で唯一運、不運に左右されるのが、
効果的なメソッドを見つけられるかどうかということです。

日本で生まれ育った人が一定の年齢になってから英語を学習する場合、
効果的な学習法にはいくつかの本質的な共通点があります。

近年国内だけで英語をものにした方たちが多くの優れたノウハウ本を書かれていますが、
私自身を含めて学習上の基本的な方法は奇妙なほど似通っています。

効率的な学習手順
①文法・構文・語彙などの知識として学ぶ。
②学んだ知識を使うための回路を作るトレーニングをする。
③可能な限り英語を使う場を作り、①、②で培った基底能力を駆使能力に変えていく。

読んで理解できることと、そのレベルの英語が身についていることは全く別のことです。
実用の用に足る英語力を身につけるためには、「わかっている」ことを「できる」状態にすることが絶対に必要です。

英語上達の秘訣は、端的に言えば
「文構造・意味が理解できる文を、何度も肉体的に出し入れすること」です。

瞬間英作文
肝心なことはスピード、量です。多くの学習者はわかっているとはいいながら、・・・
口頭で行うとなると、ばね仕掛けから程遠く、とつとつとした口調になってしまいます。
トレーニングを続けて、普通に話すペースで次から次へと英文が口から飛び出してくるようにすることが必要です。

一つのテキストを一回で覚えこもうとせず、軽めに何度も漆塗りを
するように繰り返し、自然に長期記憶として刷り込んでいく・・・。
自由に使いこなせる言語の文法・文型構造、語彙などは長期記憶されていて、
車の運転やスポーツでの動きなどのように瞬間的な反応となっています。

英文を口に落ち着ける・・・もっとも大切なステップですが、
多くの学習者が最もおろそかにしていることでもあります。

なんの変哲もない基本を、・・・丁寧に根気強く、体に刷り込んでしまうと、
その単純な基本を組み合わせるだけで、一般の人には離れ業のように見えることがたやすくなせるようになります。
長文読解の仕上げとして、読解した英文を、日本語訳からそっくり再生するというトレーニング・・・
も基本さえ仕上がっていれば、さして難しいことではありません。



  • このまとめwikiは自由に編集できます。
  • 教材紹介ページのamazonリンクはアフィリエイトではありません。