マップ 開始地点
都市2 -
登場する隊員 出現条件/位置 備考
部隊1 隊長:ロケラン
隊員:アサルト 3名
初期配置/開始地点 合流不可
部隊2 隊長:スナイパー
隊員:ショットガン 2名
初期配置/開始地点 合流不可
部隊3 隊長:ショットガン
隊員:アサルト 3名
初期配置/開始地点 合流不可
部隊4&5 隊長:ロケラン
隊員:アサルト 2名
初期配置 合流不可
部隊6 隊長:ロケラン
隊員:スナイパー 3名
初期配置 合流不可
部隊7 隊長:ショットガン
隊員:アサルト 1名
開始地点北北東/第二波出現後 レンジャー2-5の救援要請後
登場する乗り物
無し
出現する敵 出現数 備考
第一波 巨大甲殻虫 54 -
第二波 ガンシップ 80 第一波全滅後出現
第三波 ガンシップ 05 部隊7と同時に出現

ガンシップ初登場回。いきなりかなりの量でやってくるので、対空兵器がないとあっという間に削り殺される。
味方は多いが、上手く敵を減らせないとすぐに溶けるため過信は禁物。

陸戦兵
  • MEXエメロードとC70。C70は先行して爆破するときと味方が壊滅したときに使う。アーマーは4000ちょいくらいか。
開幕からエメロード連射。少し上を狙えば誤爆も減って命中率も若干上がる。峰打ちは後がつらくなるので止めておいた方がいい。
セオリーどうり左右の部隊を掩護していこう。落伍者がいたら回収するといい。

黒蟻を殲滅するとガンシップがくる。追加部隊のところまで引き撃ちしよう。追加を回収したら河川まで再び引き撃ち。
味方が壊滅したらC70に巻き込んでいく。数が多いので一度に大量に巻き込める。
上手く巻き込めなくなってきたらエメロードに持ち替えて撃破していけばいい。

  • 馬糞とヒートブラスターの組み合わせ。何れも対空戦が苦手だが、今作戦では余りに大量にガンシップが飛来する上にビル街での戦闘になるため、馬糞の爆発でもかなり効率的に落としていける。
グレネードがガンシップに当たるわけない、と思うかもしれないが、空を埋め尽くすほど大量にいるので、適当に撃てばリロード1回ごとに1~2発は当たる。
蟻は馬糞を中心にヒートブラスターを補助で使用。可能な限り味方を残す立ち振る舞いを心がけよう。

ガンシップが飛来したら、群れ全体が上空を覆いつくすまでは待機。
乱戦になったら、敵が多い箇所やビルに向かって馬糞をぶち込んでいこう。予想外にボコボコ落ちてくれる。
可能ならビルは残しておいた方が後が楽になる。

至近距離のガンシップには決して当てないように。自爆が一番怖い。
これだけ数が多いと、斜め上に向けてヒートブラスターを撃ち、とりあえず横に一回転なぎ払うだけでも相当数のガンシップが落ちる。
前半、味方も生きていて敵の数も多いうちは1~2回試すといいだろう。
撃ちすぎると後半がつらくなるので、ヒートブラスターの残弾が500ぐらいになったら自重する。

おおよそ数が減ってきて、直当てによる巻き込みが難しくなってきたらビルに巻き込んでいく。
それも出来ないぐらい減ってきたら、ヒートブラスターで一機ずつ狩る。掠らせる程度では墜ちないので、しっかり当てていく。
アーマーまたは回避に余裕があれば、掠らせるのをずっと続けていた方が残弾的には余裕が出来る。

ビル近くにガンシップが居たら迷わずに馬糞をぶち込もう。
ビルもない完全な空中の敵に対してはヒートブラスターが生命線になるので、ヒートブラスターの残弾は可能な限り温存。

  • エリアルリバーサー2以上と、バッファローG9以上のショットガン。
まず川の近くの蟻を倒したら、隊長を峰撃ちして隊員を指揮下に入れる。
蟻を少しずつ引き打ちして丁寧に倒して仲間を温存し、エリアルリバーサーで隊員を回復してガンシップに備える。

ガンシップが来たらエリアルリバーサーを切らさないように噴霧しつつ、ショットガンで応戦。
エリアルリバーサーはランクが高いほど安定する。2では自分で30機程度は落とさないといけないが、
Xなら味方が全て倒してくれる上に、弾が余る。

ペイルウイング
  • 陸戦兵ならば地道にスナイプでもいいのだが、ペイルウイングにはガンシップを一撃で刈り取れて取り回しのいい武器がない。
仕方がないので、サンダーボウを持っていこう。射程が伸びているので、気持ち遠めの間合いで撃っても当たる。

初期位置から前進して前方の蟻を殲滅、もう一方の友軍の方向へ移動して前進、そちらの敵を全滅したら始めのグループに戻って残敵掃討。
ガンシップが出てきたら味方と一緒に下がりながら、ガンシップの密度が濃いところにサンダーボウを撃ちこんでいく。
立ち回りにもよるが、多少ゴリ押しでも500程度のアーマーがあればクリアできる。