[部分編集]

#areaedit(end)



[部分編集]

高木ババア(たかぎ-)

  • 登場作品:VNV,学恋,学恋2,特,追加
  • 種族:悪霊(現代妖怪)
  • 関連人物:新堂誠,岩下明美《噂》,吉田達夫《犠牲者》
  • 関連用語:語り部(1995)《噂》,不幸の手紙


[部分編集]

概要

 『VNV』「高木ババア」(新堂の話)に登場する人物。
彼女に関わる話を聞いた者は一週間以内に誰でもいいのでまだ高木ババアの話を知らない10人の人間にこの話を話さなければ高木ババアに殺害されてしまうという。
 ちなみに公式サイトでは「高木ババアの話を聞いてしまったら『VNV』を買って10人に配ろう」という宣伝がなされていた。

[部分編集]

学恋2

 『学恋2』では新たに高木ババアに対抗するための方法が二種類登場した。ただし、その方法とは「代わりとなる生贄を用意する」ことと「自らを高木ババアと見立てて(扮装して)まだ十人に話していない人間の脚を切り取る」と言う非常にハードルの高いもの。この作品では新堂が後者の方法を実行する場面がある。
 変わった解決法として、新聞などのメディアを媒体にして噂を流すというものがあり、これで話をしたのと同じことになるという(『VNV』「飴玉ばあさん」で明らかになった方法だが、このために高木ババアの話には六種類ものバリエーションができることとなった)。
 ちなみにスンバラリア星にも「高木ババア」とほぼ同一内容の「ギータノベヅゾゲンダカ・バーバの御伽噺」と言う現地の子どもなら誰でも知ってる話があり、スンバラリア星の話では最後に救済措置があるとのこと。

 ちなみに、『VNV』の登場以来使用されている高木ババアの顔は原画を務めた芳ゐ(現:芳井波)女史の顔を加工して作られたもの(つまりイラストではなく実写加工)『学恋2』ではイラストだけでなく立ち絵が実装されている。
なお、「高木」という名前が彼女の生前の名前なのかどうかは不明。
[部分編集]

特別編



[部分編集]
追加版




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|