索引


[部分編集]

彼岸花(ひがんばな)

  • 登場作品:男怖
  • 種族:アイテム(植物)
  • 関連人物:
  • 関連用語:狭間の部屋
 彼岸花とはヒガンバナ科ヒガンバナ属の植物の総称。
 名称の由来は丁度彼岸の頃に咲き誇るためで、その艶やかな姿は秋の風物詩にもなっている。

 しかし日本ではどうにも不吉な印象を拭えない不遇の花でもある。
 その理由は、花が前兆なく本来あるであろう葉も付けずに開く点、アルカロイド系の毒性が全部位に渡り分布すると言う危険性、そして何より有毒性に起因する群生地の立地の悪さが挙げられる。

 不吉なイメージは別名にも現れており、「死人花(しびとばな)」、「幽霊花(ゆうれいばな)」、「剃刀花(かみそりばな)」などが特に有名。その別称は百を優に越える。

 その原因は外見は勿論、毒性を活かして墓所に植えられることが多かった事情に由来する。簡単に言えば、野生動物による墓荒らしを防ぐためである。
 加えて、飢饉などの非常時に良質のデンプンを含んだ塊茎を毒抜きして食用としたこと等が原因だろう。
 江戸時代、青木昆陽の尽力による甘藷(さつまいも)普及によってこの活用法は廃れたと言われている。

 人の役に立ちながらネガティヴな彼岸花である。
 が、一方で天上の花の意を持つ「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」と言う芳名を忘れてはならない。
 負の印象が無い海外では園芸用品種として普通に親しまれている。


 花言葉は「 情熱悲しい思い出独立再会あきらめ 」等。


 ところでサウンドノベル業界としては同名のゲームの存在を看過できないだろう。サウンドノベルの祖「チュンソフト」が誇る三作のうち『弟切草』、『街』の二作に携わった長坂秀佳氏が中心的役割を担った『彼岸花』である。
 小説版『弟切草』の続編として書き上げられた同名の小説と共に世に送り出されたが、ゲームの方は長坂氏ご本人も「大失敗だった」と認めるほどの悲惨な出来になってしまった。
 明らかにストレスにしかならない水増しの選択肢とエンディング数、不快な性格をした主人公、意味のないシステムなど後世への他山の石とすべき示唆に富んだ内容と言える。


 『男怖』「彼岸花の部屋」、「」に登場。


[部分編集]

ひきこさん

  • 登場作品:流神A
  • 種族:都市伝説(現代妖怪)
  • 関連人物:桑原智子,桑原美佳,日野貞夫
  • 関連用語:ワールド・ハッピー&ピース・カンパニー
 ひきこさんとは都市伝説(現代妖怪)の一種。



[部分編集]

美術部(びじゅつぶ)

  • 登場作品:学怖,学怖S,学恋2
  • 種族:部活(公認)
  • 活動日:毎週 月~土
  • 活動場所:美術部室
  • 関連人物:清水智子,小松沢孝明,増村先生,桃瀬毬絵,大沼茂樹,高木比沙子《所属》
  • 関連用語:肖像画



[部分編集]

ヒデブ人(-じん)

  • 登場作品:学怖,学怖S,学恋2
ヒデブ人



[部分編集]

ヒトシ君(-くん)

  • 登場作品:特
  • 種族:現代妖怪
  • 関連人物:霧島《犠牲者,所属》,西尾《犠牲者》
  • 関連用語:守護霊
 『特別編』福沢シナリオ「おいかけヒトシくん」に登場。
 ヒトシ君とは鳴神に出没する現代妖怪の一種。
 鳴神学園の校内に出現し、なぜか「待ってよぉ」と言う一語のみを繰り返しながら、周囲を往復する。

 自分から何かをしなければ全く無害な存在なのだが、彼に遭遇した際にはある禁句が設定される。
 運悪く出現に立ち会ったとして、迂闊にもその言葉を出してしまったらその人は自分の守護霊様を食べられてしまい、以後は不幸続きの人生が訪れることになる。

 その禁句は「ヒトシ君を待ってあげて」。
 知っていればなんともないようだが、ヒトシ君自身が子どもの姿をしていること、ボロボロの衣服を着ていて何とも哀れを誘うことを見て、知りながらそう声をかけてしまった人もいる。


[部分編集]

ひとりかくれんぼ

  • 登場作品:流神A
  • 種族:都市伝説
  • 関連人物:市井桃子,五島みつき
  • 関連用語:人形,市松人形,呪い
 『流神A』「ひとりかくれんぼ」に登場。
 近年になってネット上で広まりだした儀式であり、以下のものを必要とする。
  • 手と足のあるぬいぐるみ(人形)
  • ぬいぐるみに詰められる程度の米
  • 縫針
  • 赤い糸
  • 刃物や錐など、鋭利な物
  • コップ一杯程度の塩水。天然塩だとなお良い。

 この時点で十分ヤバい予感がするが、それは正解。
 詳しいやり方などはここに載せることはしないので自己責任で調べてください。



[部分編集]

秘密の地下室(ひみつのちかしつ)

  • 登場作品:AMC2,,特
  • 種族:スポット
  • 関連人物:曽我秀雄,君塚,弘前歩美,門倉陽司
  • 関連用語:旧校舎



[部分編集]

媚薬(びやく)

  • 種族:アイテム
  • 登場作品:学恋2,特
  • 関連人物:
  • 関連用語:ホレホモンZ,マンドライド,モテルンジャイ

 人間の性的欲求を高める薬。惚れ薬などもこれに含まれる。なぜか飲み薬や液体、錠剤として食べ物に混入させる印象が強い。材料として惚れさせたい相手(自分)の髪や爪などの肉体の一部を使うことがある。「魔女の惚れ薬」や「イモリの黒焼き」など。
 現実世界でも都合のいい謳い文句の商品が溢れているが、いずれも高額で効果の程はかなり怪しい。ゲームでの扱いも飲み薬などとして効能は眉唾物である。また覚醒剤や合成麻薬の温床となっていることがあるので注意。[ていうか、個人的にはコーヒー数杯飲んだだけでも結構ムラムラ来るんだけど。]

[部分編集]

ホレホモンZ(-ぜっと)


 正確に言えば、媚薬と言うよりも宇宙人の用意した洗脳用の電波。
 だが、ホレ薬として効力を発揮していることは確かである。

 マザーカことスンバラリア星人の風間さん相手に長官が披露した宇宙人の超技術の産物ではあるのだが、案の定思いっきり照射する相手を間違えている。
 そのせいか風間さんの欲望的にも地球侵略という目的にも何の役にも立たず、むしろ風間さん(とプレイヤーの)トラウマメーカーになってしまっている。


[部分編集]

マンドライド

  • 登場作品:特
  • 種族:アイテム(媚薬)
  • 関連人物:倉田恵美,渡瀬《所有》,坂上修一,星岡《犠牲者》
  • 関連用語:百合
 『特別編』福沢シナリオ、隠しシナリオ「七人目は私」に登場。
 見た目は青唐辛子のように見えるが、その実は超強力な媚薬。
 使用に当たって少々特殊な条件をクリアしなければならないものの、その効果は絶大で、一方的に憎しみをぶつけてくる同性のことすら虜にしてしまう。
 その制約は口移しで与えること、人肌に暖めることが重要らしい。




[部分編集]

モテルンジャイ

  • 登場作品:男怖
  • 種族:アイテム(媚薬)
  • 関連人物:守山成樹
  • 関連用語:
 『男怖』「ナンパしようぜ!」ルートに登場。



[部分編集]

ひゃっはっはっ

  • 登場作品:学怖,学怖S,特
  • 種族:セリフ(名言)
  • 関連人物:日野貞夫《名言》
  • 関連用語:殺人クラブ
 新堂七話「殺人クラブとの戦い」に登場。
 出端からいきなり縛られて動けない主人公のことを嘲弄すべく日野様が放った笑い声。
 ファンにとっては印象深いセリフ(?)であるが、名言のご多分に漏れず、微妙に違うバリエーションを含めても二回しか言っていないことに注目。[さしずめ星一徹の卓袱台返しのように]
 類義に「ウヒヒヒヒ」など。「殺人クラブ」における日野の言動は一昔前のセンスと見せかけ、一周回ってカッコ良く見えてくるから不思議なものである。なお『学怖S』では専用でこそないものの笑い声のSEまで付いていた。

 そして、舞台が「アパシー」に移り、殺人クラブはシリーズの根幹を占める重要なプロットへと成長を遂げた。
 しかし意外なことだが、久方ぶりにこの笑い声を聞く機会は訪れなかった。特に『AMC1』においては収録シナリオのひとつが「殺人クラブ」を冠題に頂き縦横無尽の活躍を見せたに関わらず、日野がこの声色を使うことはなかった。
 なにせ『AMC1』の日野は狂人になりきれないどっちつかずの存在、主人公に次ぐ死亡率を持った不名誉な存在である……etcと考えれば、当然の処置とも言えるが。
 さしずめ、かの哄笑の音は狂気とカリスマを併せ持つ者しか扱うことが出来ない名器なのだろう。実際、飯島氏曰く従来のアパシー日野がこの笑い声を発しないのは諸々の裏設定に抵触するためらしい。現時点では不明。

 ちなみに正しく激しく狂った日野貞夫が登場する「学怖inよんはち」では細かい違いを含めても都合四回、最多の「ひゃっはっはっ」を放っている。
 どちらにせよ、厳密なアパシー・シリーズにおいては『特別編』でようやくこの嘲笑が解禁された。なぜ今までの日野貞夫がなぜ溜めていたのか、何故今回許されたのか、これから考察を深めておくのも悪くないやも知れない。



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|