索引


[部分編集]

逢魔ヶ時(おうまがどき)

  • 登場作品:学怖S,探偵局
逢魔ヶ時


[部分編集]

オカルト同好会(-どうこうかい)

  • 登場作品:探偵局,AMC1,AMC2
オカルト同好会


[部分編集]

屋上(おくじょう)

  • 登場作品:学怖,晦,学怖S,VNV,AMC1,AMC2,学恋2,特,学恋V
  • 種族:スポット
  • 関連人物:荒井昭二,相沢信彦《魅了》,園部茜
  • 関連用語:自殺
 ビルなどの建物には必ずある、最上階の上の屋外部分。
 大抵はクーラーの室外機やアンテナなどが設置されている。
 特に用がなければひなたぼっこでも出来そうな広い空間であるが、ともあれ地上遙かに高い位置にあるため、万が一転落しようものならかなりの確立で命はない。
 当然それらを防ぐために金網でフェンスが作られているが、自殺しようとする人々はいとも簡単に乗り越えてしまう。

 昔の学校などでは屋上で太陽の観察や実験を行ったものだが、現在では基本的に立ち入り禁止として扉に鍵がかけられたり、そもそも階段そのものを封鎖してしまったりというケースも多い。


 が、こんな学内の危険地帯も学園サイドは放置していることが多い。
 [制作サイドも利便性を考えると、中々手放せないところではある。]
 基本的に人の集まらない僻地のため、秘密の待ち合わせなどに絶好のスポットである。
 荒井など人込みを好まない者はここで一人過ごすことを密かに楽しみとしているようだ。暗く陰ある者はここにいるだけで一葉の絵画となる。

 同時に、学校内で何か(例:)に追われたり、何か(例:三時の怪人)を追いつめた際に最後行き着くことが多い場でもある。
 周縁地帯(境界)であるが故に、そこで落ちて終焉を迎えるのも必然か。


 変わったところでは給水タンクにまつわる怪談もある。





[部分編集]

送り犬(おくりいぬ)①

  • 登場作品:送り犬
送り犬

[部分編集]

送り犬(おくりいぬ)②

  • 登場作品:AMC1,学恋,送り犬
  • 種族:妖怪
  • 関連人物:仙田秋成,白井まどか《正体》
 送り犬とは全国的に伝わる妖怪。
 地域によって見られる送り狼とは行動も同質でほぼ同義。
 「アパシー」では兵庫県に伝わる伝承がクローズアップされている。

 夜の山中でつかず離れず付いてくる犬(もしくは狼)であり、転んだり立ち向かったりすると襲いかかられて喰い殺されてしまう。しかし転んでも「どっこいしょ、ひとやすみでございます」などと休憩する様を装えば襲ってはこない。そうして無事に家までたどり着いたら履き物か食べ物を放り投げてやると山に帰っていくという。
 女性を家まで送り届け、あわよくば関係を持とうする下世話な男性を意味する「送り狼」はこの言葉が語源とされる。

 これらの寓話は実際の山犬、狼の習性を都合良く解釈しているだけ、とする説もある。
 つまり、山犬や狼には獲物に選んだ相手をひたすら付け狙う習性があり、転んでしまった場合は相手が弱ったと見て襲いかかり、「どっこいしょ」などの大声を上げれば威嚇されたと思って一度距離を離す。そして相手が自分の家までたどり着いてもまだあきらめきれずに周囲をうろつき、相手の匂いの付いた履き物か食料を与えられると狩猟本能を満たされて山に戻っていく。とまあこんな調子である。

 [日本の固有種であるニホンオオカミは最近50年の目撃例が無く、絶滅したとされている。そのせいなのかどうか、鹿や猪、猿などの狼を天敵としていた野生生物の増加が目立つ様になっている。
 絶滅の要因としては様々だが、西洋と同じく害獣として狼狩りが行われたり、狂犬病や西洋から持ち込まれた犬の病気、ジステンパーの流行などがあげられている。]


[部分編集]

おしるこドリンク

  • 登場作品:学怖,学怖S,VNV,AMC1,学恋,学恋2,特,学恋V
  • 種族:アイテム(食品)
  • 関連人物:日野貞夫《嗜好》
  • 関連用語:毒物混入
 岩下七話「白髪鬼・白井の秘密の研究」に登場。
 元は会もたけなわ、到着が遅くなったことと疲れた語り部達をねぎらうべく日野先輩が用意したペットボトル飲料の内「最後の残り物」である。
 坂上がこれを選ぶと、なんとこれが「おしるこドリンク」。

 日野先輩の大好物ということが判明する。

 これが後の展開や日野様のキャラクターとミスマッチであったことからファンの間では「日野=おしるこの男」の図式が成立し、公式も大いにネタにするに至る。
 もはや彼の差し入れは空気を読まず「おしるこドリンク」一択である。

 では、少々箸休めにおしるこドリンクの魅力について語ることにしよう。

 日野様も愛好の清涼飲料水、紳士のたしなみ。冷やして飲むのがよろしいようだ。
 調理した小豆を練り上げて作られる漉し餡(こしあん)を使用した煮物、『汁粉(しるこ)』を一般のドリンクとして販売しようというアイデアから生まれた画期的なドリンクジュース。
 舌を酔わせて喉を潤し、疲れた脳みそに染み渡って癒しと活性を与えるその甘味は甘党にはたまらない至高の一品であり、一口飲めばその甘露が口の中に和の風味を響かせる・・・。
 [ともすれば「水ようかん」などと同種のものであり、割とイケるのかもしれない]


 日野家には常に常備しているらしく、彼は類似する新商品のチェックにも余念が無い。

 『学恋』倉田編「日野」ルートに登場。
 後輩の失態に対する穴埋めとしておしるこドリンクに関する都市伝説の検証に部活の後輩を巻き込む。白玉が入っているかどうかなんて、
 この際に倉田の方が飲んだドリンクの本数が多いのは内緒である。
 [しかし、内容は別に取っておいて後で]

 『学恋2』新堂編夜イベント「」に登場。
 日野さんのことをおしるこ野郎と思い込んでいた先入観といえばそれまでだが、実は渡された手土産が実は姉妹品のキムチドリンクであったために、アンチ辛党の新堂さんは四苦八苦する羽目になる。

 『学恋V』では更に進んだおしるこキャンディーを大量に主人公に半ば強引に渡す。



[部分編集]

踊り場(おどりば)

  • 登場作品:学怖,学怖S
  • 関連人物:風間望
  • 関連用語:赤い靴の女の子


[部分編集]

旧校舎の照魔鏡

  • 登場作品:
旧校舎の照魔鏡



[部分編集]

オバケ販売機(-はんばいき)

  • 登場作品:晦
  • 種族:スポット(都市伝説
  • 関連人物:前田良夫《噂,犠牲者》,成田《犠牲者》
  • 関連用語:生首,髑髏,ゴキブリ,ミミズ《出没》,石の話,ランダム分岐
 良夫五話「オバケ販売機」に登場。
 前田本家から良夫の通っている小学校までの通学路に置かれた謎の自販機。本体にロゴも何も入っておらず、肝心の出てくるジュースも変な商品ばかり。
 ロクな話は聞かないが、特にドクロマークが描かれた缶を引いてしまうと、呪いをかけられて死んでしまうと言う噂が流れているらしい。

 ちなみに押せるボタン(選択肢)は三種類のみ。
 これはグラフィックで見えるサンプルの数と同数で、それも左から銀・青・黄の単色と妙に警戒をそそるようなデザインばかりである。
 かと言って、この色を当てにすると馬鹿を見る。
 何せ、このシナリオはランダム分岐を採用しているので、何が出てくるか(=どんな分岐・展開になるか)が無作為に決定されるため。

 さて良夫五話では、この噂を聞きつけて試してみた成田と言う小学生を主人公として語られる。
 彼が押して出てくるのが大量のミニ生首であるならまだ良い方、死んでも絵面はまだヤバクない。
 問題なのが異物混入系の話で「ゴキブリの卵」や「白いキノコ」を飲み込んでしまった成田は文字通り内側から破壊される。
 苦手な人はとことん苦手な話で、生理的嫌悪感が非常に強い。


[部分編集]

おふるど様(-さま)

  • 登場作品:晦
おふるど様


[部分編集]

折り紙(おりがみ)

  • 登場作品:晦
  • 種族:アイテム
  • 関連人物:伊三男,平太,舞,
  • 関連用語:神,降霊,紫陽花,百合
 折り紙とは紙を折って、様々な動物や道具等へ複雑に形取る遊び。
 専用の紙がなくてもその辺のチラシ一枚あれば遊べる手軽さがウリで、一般的には子どもの遊びと捉えられがちである。

 しかし、対外的には日本を代表する手芸と認識されることもあり、奴(やっこ)や鶴だけしか折れないと言うのも少々格好が付かないかもしれない。
 実際、創作折り紙の世界では「悪魔」を初めとして一枚の紙から折り取られたとは信じがたいほど精緻なものは数多い。


 和子一話「折り紙の由来」に登場。
 前田本家のある地域で「折り紙」は「降り神」との掛け詞と伝えられており、いわゆる降霊、巫女の神懸かりに使われていたらしい。
 時代を下ると、災いを載せ禊に使った流し雛のように舟を作り流すことも行われていた。その目的は鎮魂や禊と地域によって分かれていたようである。

[部分編集]

オルガン(おるがん)

  • 登場作品:学怖,学怖S
  • 種族:アイテム
  • 関連人物:岡崎幸枝
  • 関連用語:旧校舎,ルーベライズ
 オルガンとは楽器の一種。
 大きく遡って中世をみると、オルガンとは教会のものであった。
 非日常的な舞台を用意することによって無知蒙昧な農民を支配するための権威付けとして宗教音楽が利用されていたのである。
 巨大なパイプオルガンを動かすには人手と財力が要り、工場生産によってピアノなどの鍵盤楽器が一般家庭に普及するまでには相当の時間を経なければならなかったという。


 岩下六話「幸せの石・ルーベライズ」に登場。
 この話ではオルガンにはかつて旧校舎で惨事にあったらしい女生徒の地縛霊が「美しい女生徒」として登場するのだが、その女生徒のグラフィックは印象の強いマイナーキャラとして有名な富田さんと同じものである。
 もしや彼女の叔母などなんらかの彼女の親族がこの高校に通っていて被害にあった可能性などを考えてみると楽しいかもしれない。




情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|