※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前線航空管制は、戦線付近で行われる航空管制。近接航空支援や航空阻止など、戦術爆撃作戦の一環として行われることあります。
前線航空管制の主眼は、攻撃機を適切に統制することで誤爆を防ぎ、最前線で活動する味方地上部隊の安全を確保することです。

また航空管制と同時に、爆撃効果判定も行われることが多いですが、これは砲兵の前進観測班が射弾観測を行うのと同様です。このように、前線航空管制の業務内容は、多くが砲兵の前進観測と類似・重複しており、このことから、アメリカ軍やイギリス軍では火力支援班(FST)として統合運用されています。