※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瑠璃葉芽来(るりはめく)





コラボ版のねーみんの決闘日記に登場するキャラクター。髪色は小麦色。
玖珠木弓奈希を筆頭とする『神現司世』精鋭イマジネーターの団体の一人であり、七季とも幾度か会った事があるので面識があるが、基本的に交戦はしていない。
奥ゆかしく控えめでツインテールなロリっ娘。スタイルも抜群に良く、弓奈希によくいじられているキャラ立ちである。
温和な性格なのだが、本質は冷酷で、その気になったことはほとんど無いが戦闘能力は非常に高い。
キレると言葉遣いが冷え切ったものになり、声色も冷たくなる。





七季の前に度々、現れては意味深な言葉を残して去っていく。
基本的に七季の敵意に負けがちで、泣き顔で接しているのが多い。
また、素で控えめで何も知らないロリっ娘のように見えるが、真意は全く不明。
笑顔は輝かしいが、怒りの表情は極度に怖い。色々なことにできるかぎりの精一杯の努力をして取り組んだりしているのだが、失敗が多い。

可愛いもの好きで、主にマスコットキャラのようなものに目が無い。





彼女はイマジネーターⅩⅩⅩⅢであり、イマジネーション能力は主に「精神」を操る。
指を接点に、触れた相手の精神を徐々に蝕む。また、自分の精神を具現化させて召喚することができる。
彼女の具現化させる精神は2つあり、それぞれ二本の剣を携える「天使(エンジェル)」と、もう1体は大鎌を携える「死神(デス)」の形をかたどっている。
さらに、彼女がいつも持っている「タロットカード」達には精神が封じ込められており、それぞれが色々な姿で具現化して襲い掛かる。

ちなみに彼女の精神が強ければ強いほど、具現化される「天使」と「死神」の強さも比例する。






実はイルイ@影さんが執筆されている小説、Future Duelist Storiesの主人公、天原未来と関連性ががあったりする。

彼女は、未来の精神と同調されて『神現司世』に人為的に人格を形成されたイマジネーターである。そのため、ノイズのせいで完全ではないがどことなく未来に似た性格がある。
また、容姿などの方も人格と共に同調されており、かなり似ている。(同調した時に、未来との精神の邂逅を果たしている)
また、彼女はそのことを知っているが、未来の方には全く自覚が無い。