※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大河物語 外伝4話【豪商の憂鬱】4/4




GM   :岩モードです。

ムサシ  :(戦う?)

リュグエル:問題はゴーレムを動やり過ごすか。

GM   :入るとゴーレムモードに変形します。

シェーダ :「いざとなったら退却できるこの状況で破壊した方がいいかもしれません」

ムサシ  :(攻撃したら反撃してくるならイニシアチブ取れそう)

シェーダ :「8の奥に入ると退却できなくなる可能性がありますからね」

リュグエル:岩に投射とかってきかないですよねぇ?

シェーダ :それは確認したいですね。岩モードでダメージ入るかどうか。

GM   :岩モードの時は効いているのかどうか判断できません。

GM   :効いてないかも……。

ムサシ  :(とりあえず岩モードの状態で10本ぐらい撃ってから戦います?)

シェーダ :ええ、とりあえず10発くらい撃ってみて入る感じで!

ムサシ  :(鬼畜だわ……)

GM   :了解です。

リュグエル:だめもとで。どうせ損失は無いですし。

GM   :10発、撃て!!

シェーダ :さすがに30とか40まで言うと矢も体力もなくなりそう。

ムサシ  :10R2D6+6 機敏で岩モードに攻撃。

       (コロコロ……) ダイス (6+4) + 6 = 16
       (コロコロ……) ダイス (3+3) + 6 = 12
       (コロコロ……) ダイス (6+1) + 6 = 13
       (コロコロ……) ダイス (2+1) + 6 = 9
       (コロコロ……) ダイス (5+1) + 6 = 12
       (コロコロ……) ダイス (4+3) + 6 = 13
       (コロコロ……) ダイス (6+3) + 6 = 15
       (コロコロ……) ダイス (4+5) + 6 = 15
       (コロコロ……) ダイス (5+4) + 6 = 15

GM   :よし、効いていない!

リュグエル:10R2D6+5。

       (コロコロ……) ダイス (3+5) + 5 = 13
       (コロコロ……) ダイス (1+2) + 5 = 8
       (コロコロ……) ダイス (6+3) + 5 = 14
       (コロコロ……) ダイス (5+4) + 5 = 14
       (コロコロ……) ダイス (6+1) + 5 = 12
       (コロコロ……) ダイス (6+1) + 5 = 12
       (コロコロ……) ダイス (1+2) + 5 = 8
       (コロコロ……) ダイス (5+5) + 5 = 15
       (コロコロ……) ダイス (2+1) + 5 = 8

GM   :まったく効いていない!

ムサシ  :ガビーン。

リュグエル:フハハハハ。

シェーダ :どうも鉄壁の3倍モードくらい防御上がってそうですね。

リュグエル:じゃあもう手は尽くしたのでやっちゃいましょうか。

ムサシ  :(ですね)

GM   :入っちゃうんですね? 全員ですか? 全員ですよね?

シェーダ :では8の部屋に侵入します。ムサシさん今度は前衛お願いできます?

ルピリア :入っちゃお!

ムサシ  :(今HP14ですけど前衛張って大丈夫ですかね)

GM   :んごごごごごごご……。

シェーダ :はっ、HP減ってるんだった!

GM   :8の部屋の下へ向う通路に岩戸が下りてきます。

シェーダ :じゃあ私とルピさんでしょうか。っと、おお!?

ムサシ  :他の通路はどうなってます?

GM   :ダッシュで戻れそうですけど。

シェーダ :「おおーやりますね。全員で入ってよかったですね」

GM   :他の通路は大丈夫です。

ムサシ  :(もしかして:最初に左へ行ってると引き返せないトラップだった)

リュグエル:もしかしなくても:そうですね。危ない。

シェーダ :ヒュー危ない!

シェーダ :では戦闘開始です!

リュグエル:接敵接敵。

【vsストーンゴーレム】


ムサシ  :(全員いるなら大丈夫ですね、戦闘だー!)

GM   :イニシアティブいきましょうか。

   その結果は、

シェーダ :4:ムサシ
      3:ルピリア
      2:ゴーレム
      1:リュグエル・シェーダ ですかね。

ムサシ  :やったー。

GM   :ではムサシからどうぞ。

ムサシ  :どうもスキル無くてもそれなりに活躍できそうなので、スキル全消費で攻撃しますね
      隠密・急所狙い・魔力付与使用します。

リュグエル:(おねがいしますー)

ムサシ  :後ここで質問なんですが、機敏って元の数値? 装備数値?
      >隠密の判定で使う数値です

GM   :元の数値ですよね。

シェーダ :倍加させるのは元の数値ですよね。

ムサシ  :了解!、では

ムサシ  :「これを受けて……無事でいられるでござるか……!」

      ゆらぁ……と青い炎のオーラがムサシの周りを包み、その光が弓へと集まっていく、
      その光が弓へと集まりきると同時、ムサシと弓は陽炎の如く姿を消し、キュインキュインとあたりに甲高い音が響き渡る。

      「覚悟!」

      刹那。眩い一閃の光がゴーレムを貫く!

シェーダ :「行ってくださーい!」

ムサシ  :2D6+14 機敏で攻撃!
       (コロコロ……) ダイス (5+4) + 14 = 23

      通ったダメージは2倍に!

リュグエル:「たのみましたよ!」

GM   :なんですか、その無駄にカッコイイ演出は!

シェーダ :ムサシさんの必殺技カットインが入りました。

GM   :2D6+5 機敏で受け。
       (コロコロ……) ダイス (2+3) + 5 = 10

ムサシ  :(通ったダメージ)26!

GM   :ゴーレム(その程度で崩れると思うなよ!)

ムサシ  :(でも相当通ったはず)

GM   :ルピ子、こいやー!

ルピリア :ほわあい。

      2D6+4 機敏子あたっく。
       (コロコロ……) ダイス (3+6) + 4 = 13

GM   :2D6+5 機敏で受け。
       (コロコロ……) ダイス (4+1) + 5 = 10

      うう、すこし削れました。

シェーダ :ゴーレムさんダメージ29点。
      次ゴーレムさんです。

GM   :前に出ている人だーれだ?

シェーダ :私とルピリアさんでしょうか。
      なぎ払いウェルカム。

ルピリア :出ている つもり!

GM   :必殺技+なぎ払い発動します。

ルピリア :ぎゃー。

ムサシ  :(えっぐ!)

ルピリア :egg!

リュグエル:これは効きそう!

シェーダ :私がとろける。

GM   :2D6+14 武勇で攻撃!
       (コロコロ……) ダイス (6+2) + 14 = 22

ムサシ  :(即死ありえますぜー)

ルピリア :2D6+3 武勇で受け!
       (コロコロ……) ダイス (3+4) + 3 = 10

シェーダ :2D6+1 武勇で防御!
       (コロコロ……) ダイス (5+2) + 1 = 8

シェーダ :14ダメージ! では【カウンター】を試みます!

GM   :くぅ、シェーダは強いなぁ……。

シェーダ :1D6 カウンター!
       (コロコロ……) ダイス = 4

シェーダ :決まったー!
      ゴーレムのなぎ払いの隙をついて光の刃をたたき込みます! ズドーン!

リュグエル:「おおー!」

ムサシ  :(うおおー)

シェーダ :ゴーレムさん14ダメージ。

ルピリア :「はへぇ!!」 ルピリアのHPは5。

シェーダ :魔術士オーフェンもビックリの格闘っぷりですね。

GM   :ぬぅ、次どうぞ……。

リュグエル:シェーダさんどうぞ。

ムサシ  :(お前のような魔術師がいるかっ的な)

シェーダ :では私は【魔力付与】で大きな光の刃を両手に生み出して【連続行動】のクロス攻撃!

ムサシ  :(前衛後衛の交代って1ターン使います?)

GM   :自分のターンになったら交代でいいと思います。

シェーダ :2D6+7+4 精神(魔力付与)で攻撃1発目!
       (コロコロ……) ダイス (5+5) + 11 = 21

      2D6+7+4 精神(魔力付与)で攻撃2発目!
       (コロコロ……) ダイス (6+5) + 11 = 22

シェーダ :なんだか大ダメージ受けそうになって突然殺意に目覚めてる出目。

GM   :2D6+5 で受け
       (コロコロ……) ダイス (4+4) + 5 = 13

     :2D6+5 で受け
       (コロコロ……) ダイス (1+2) + 5 = 8

ムサシ  :(うわぁ)

リュグエル:(応援でルッピーの治癒を回復するべきか、ムサシ殿の隠密を回復しようかシェーダの連続攻撃を回復しようか
       これで決まんないかな?)

GM   :壊れた、壊れた。

ムサシ  :(粉々である)

リュグエル:きまったー!

シェーダ :自分でも驚くほど久しぶりに攻撃が決まってきょとんとしてます。

      「(攻撃時出目7以下の呪縛が……解けた……!)」

ルピリア :オメデトウ!

GM   :もう好きにして。

リュグエル:あ、戦闘終わったなら、ルッピーの回復を応援します。意義あれば修正しますけど、いいですよね?

ルピリア :とくに異議はないお!

シェーダ :回復は大事だと思うのでいいと思います。

リュグエル:では<応援>! ポワンポワン!

ムサシ  :ですね。

ルピリア :「きたきたぁー」 そしてすぐ消費して6点回復。

ルピリア :HP11。

GM   :カウンター対策大事!

シェーダ :「ちょっと一息付きましたね」 ということで8の左へウフフ。

ムサシ  :(まだ戦闘残ってるならルピリアの代わりにムサシかリュグエルが前衛張れば安全ですね)

リュグエル:(ですね。)

【ラスボス!?】



GM   :8の部屋から左にいくと、木の扉があります。

GM   :さぁ、好きに行動するがよい。

リュグエル:開けましょうか。二重でトラップ仕掛けないだろうし。

シェーダ :もう発見スキルないのでHPと精神重視で私が開けましょう。

ムサシ  :霊的視力で一応魔法的なトラップがないか確認します。

リュグエル:「では、シェーダさんお願いします」

シェーダ :ガチャリ。扉を開けます。

GM   :扉を開けてもなにも起こりません、ですが、扉になんらかの魔力が宿っています。

ムサシ  :(さすがにあんなゴーレムいたらトラップはなさそうだけど……)

シェーダ :おおっと扉自体がモンスター?

リュグエル:(いや、ドアノブが怪しい……のか)

シェーダ :というわけでもなさそうですね。侵入感知用でしょうか。

ルピリア :みみっく!

ムサシ  :(何らかの手段でゴーレムを避けて入った場合、ゴーレムがやってくるとか)

シェーダ :スケルトン部隊出現用の内部警報かもしれません。

シェーダ :とりあえず何も起きないならパパッと中へ。

GM   :10の部屋にも岩があります。中に入る順番を教えて下さい。

リュグエル:岩だけ?

GM   :ぱっと見、岩だけです。

ムサシ  :霊的視力持ってるので2番手です。

シェーダ :私が先頭っぽいですね。あとは興味のある人どうぞ。

リュグエル:了解です。

ルピリア :満身創痍なので一番あとに入る。

リュグエル:では三番目で。

シェーダ :では私、ムサシさん、リュグエルさん、ルピリアさん。

GM   :ムサシとシェーダが部屋に入った時点で扉が閉まります。

ルピリア :ワオ!

シェーダ :「あらら、ちょっとピンチですね」

リュグエル:げげっ!

ルピリア :「えええぇぇー」

GM   :部屋の隅からなにか緑色の霧状のモノが噴射されます。

ムサシ  :木の扉だから壊せそう(ど、毒だー!?)

シェーダ :「ガスでーす! ガスが出てますー!」と叫びます。


    行動順を決めました!

     5:リュグエル
     3:ルピリア
     2:シェーダ
     1:ムサシ


GM   :では、早い順番になにかしてください。

シェーダ :「この扉を壊してくださーい!」

GM   :1ラウンド経過する度に1D6÷2のダメージを受けますからねー。

リュグエル:では腰にあるブレードで、扉を叩き壊します。

GM   :急いで破壊してくださいねー。

ルピリア :マインクラフターなら木の扉くらい素手で余裕……。

シェーダ :それとも何か部屋の中に解除スイッチがある?
      とりあえずリュグエルさん遠慮無く攻撃どうぞ。

GM   :探すと1ターン経過ですよー。

リュグエル:2D6+2 武勇 「できるだけ腰を落としてすわない様にしてくださいねー!」
       (コロコロ……) ダイス (1+6) + 2 = 9

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (1+2) + 3 = 6

シェーダ :ドアさんの出目が悪い。

リュグエル:(あ、近接だからって武勇にこだわる必要ないのか? もしかして)

GM   :魔法でもいいですよ。

ルピリア :2D6+4 機敏で木の扉をこんぼうで殴りまくり!!
       (コロコロ……) ダイス (1+3) + 4 = 8

      ふるわなーい。

GM   :2D6+3 機敏で受け。
       (コロコロ……) ダイス (3+2) + 3 = 8

GM   :かちーん。

ルピリア :壁にあたってしまったようだ。

シェーダ :よーしどうしよう。
      では申し訳ありませんが私は1ターンだけこの部屋を探させてもらいます。

シェーダ :でも判定が機敏とか言われたらやめます。

GM   :では、機敏で調べてみましょうか。

ルピリア :うん。

シェーダ :やめます。

ムサシ  :(先行入力吹いた)

GM   :ですよねー。

ムサシ  :(なら自分が探索したほうがいいのかな)

シェーダ :木のドアに光の刃で攻撃ィィ!

シェーダ :2D6+7 精神で攻撃!
       (コロコロ……) ダイス (3+3) + 7 = 13

GM   :木の扉(貴様らにスキルは残っているか!?)

      2D6+3 受け。
       (コロコロ……) ダイス (4+4) + 3 = 11

シェーダ :2ダメージ!「なかなかやりますね!」

ルピリア :やり手の木の扉。

ムサシ  :(ゴーレム1ターンでぶっ壊して木のドア相手に苦戦するパーティ)

リュグエル:ハハハw。

GM   :木の扉(オレだって遺跡の扉だ、簡単には開かないぜ!)

シェーダ :攻撃もしてこないのでカウンターも使えやしません。専守防衛も強いですね。

ムサシ  :では自分は探索しますね、機敏なら。

GM   :機敏でどうぞー。

ルピリア :ストーンゴーレムは意思をもった石だったけど、こっちの木の扉も意思を持ってるからね。

ムサシ  :あ、でもその場合4か、まあいいかな。

ムサシ  :2D6+4 機敏で探索ー。
       (コロコロ……) ダイス (1+1) + 4 = 6  ファンブル!

GM   :はい、つぎー。

シェーダ :さすがムサシさんです。

GM   :ムサシ、輝いているよ!

ムサシ  :「ドドドドドドドド毒でござるーーーーー!?」

      ムサシは混乱している。

GM   :じゃぁ、ご自分でダイス振ってくださいな

シェーダ :「さっきのムサシさんはどこへ……」

シェーダ :1D6 毒ダメージ!
       (コロコロ……) ダイス = 3

GM   :毒は1D6÷2、防御できません。

シェーダ :切り上げですか? 斬り捨てですか?

GM   :端数切捨てでいいですよ。

ムサシ  :1D6 毒ダメージ。
       (コロコロ……) ダイス = 6

ムサシ  :ぶわっ。

シェーダ :ムサシさんww

GM   :ムサシ、ここにきて素敵な活躍!

リュグエル:ムサシ殿www

シェーダ :じゃあ私は1ダメージ、ムサシさん3ダメージですか。

ルピリア :吸い過ぎwww

ムサシ  :「毒が毒がぶほっぶほっ!げぇっほ!」

ムサシ  :残りHP11。

リュグエル:動転しすぎ。

シェーダ :残りHP16です。

GM   :木の扉(へへへ、お前らのうち、ひとりでも道連れにしてやるぜ)

シェーダ :くそー、って攻撃してこないならイニシアチブさっきと同じでいいですかね。

GM   :いいですよ。

ムサシ  :(笑いすぎて咳が)

GM   :がんがん殴って、殴って。

ムサシ  :リュグエル→ルピリア→シェーダ→ムサシ順で回して行きませう。

リュグエル:2D6+5 精神 「うらぁ!」
       (コロコロ……) ダイス (5+6) + 5 = 16

      おー。

シェーダ :敵が出てこない間はそれでいいですね。おお!

GM   :2D6+3 精神で受け。
       (コロコロ……) ダイス (2+6) + 3 = 11

ムサシ  :(ヒャッホー。

GM   :木の扉(くそぅ)

シェーダ :でも5!? 硬い。 ルピリアさんどうぞ。

ルピリア :2D6+4 機敏で木の扉をぶ!
       (コロコロ……) ダイス (4+5) + 4 = 13

シェーダ :今扉さんは10ダメージですね。

GM   :2D6+3 機敏で受け。
       (コロコロ……) ダイス (1+6) + 3 = 10

リュグエル:「いいですよ、確実に与えてます!」

GM   :木の扉(削れて行くぅぅぅう-)

ムサシ  :(ファンブルでも殴ってたほうが良さそうだ)。

シェーダ :2D6+7 「ああぁぁー!!!」 ちょっと狂乱しながら精神で攻撃。
       (コロコロ……) ダイス (5+6) + 7 = 18

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (4+6) + 3 = 13

シェーダ :ここに来てGMさんの出目がすごい。

GM   :木の扉(おのれ! まだだ!)

シェーダ :扉さんがラスボスだったんですね……。

リュグエル:意外とねばるなー!

ムサシ  :「うぼあああああ!!」

シェーダ :ダメージ18点。多く見積もって仮にHP30としてもムサシさんも何とかなりそうですね。

ムサシ  :2D6+6 と何やら意味不明な言葉を発しつつ機敏でドアを攻撃。
       (コロコロ……) ダイス (1+2) + 6 = 9

ムサシ  :ぶわっ。

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (2+4) + 3 = 9

シェーダ :ムサシさんもうダメすぎるww

ムサシ  :(ピークは過ぎたわ……)

リュグエル:(廃人ですなw)

GM   :木の扉(どうした、サムライ)

シェーダ :次毒ガスのターン!

GM   :はい、ご自分でダメージ振ってくださいね。

シェーダ :1D6 毒ガス!
       (コロコロ……) ダイス = 3

ムサシ  :D 毒ダメージ!
       (コロコロ……) ダイス = 5

ムサシ  :「くぁwせDrftgyふじこlp」

GM   :ムサシ、いいよ、いいよー。

ムサシ  :残りHP6!

リュグエル:やばい!

シェーダ :いえいえダメージは半分ですよ!?

ムサシ  :おっと。

GM   :ちっ。

ムサシ  :残りHP9!

シェーダ :また1ダメージですみました。残りHP15。

リュグエル:良かったー。

ムサシ  :(気が動転してるのはプレイヤーも同じ)

シェーダ :思ったよりも頑丈ですねーこの体。

GM   :さぁ、なぐって、わたしを殴って!

シェーダ :スライム体験して強くなりました。

GM   :コッチ行動しませんから、自由に殴っていいですよ。

リュグエル:2D6+5 精神 。
       (コロコロ……) ダイス (4+1) + 5 = 10

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (5+6) + 3 = 14

      かちーん。

リュグエル:んうぬ。

ルピリア :2D6+4 機敏でドーン。
       (コロコロ……) ダイス (2+5) + 4 = 11

GM   :2D6+3 受け。
       (コロコロ……) ダイス (2+5) + 3 = 10

シェーダ :「(ドアさんどれだけ踏ん張るのー!!)」

GM   :1点だけ。

シェーダ :2D6+7 「うおおおー!」魔力キック!精神!
       (コロコロ……) ダイス (2+3) + 7 = 12

GM   :2D6+3 受け。
       (コロコロ……) ダイス (1+4) + 3 = 8

GM   :ぎゃー。さぁ、こい、ムサシ。

シェーダ :23点! あと7点ってところですかね。

GM   :笑わせてくれるに違いない!

ムサシ  :2D6+6 「ヒャッハー!」機敏でドアパン。
       (コロコロ……) ダイス (1+4) + 6 = 11

GM   :2D6+3 受け。
       (コロコロ……) ダイス (3+4) + 3 = 10

      耐えた! はい、毒ガスー。

ムサシ  :(全体的に低い出目しかでない)

シェーダ :ヤバいドアさん強い!全滅するかも!

ムサシ  :1D6 毒ガスダメージ!
       (コロコロ……) ダイス = 2

シェーダ :1D6 毒ガスダメージ!
       (コロコロ……) ダイス = 6

ムサシ  :残りHP8!

シェーダ :HP残り12!

ルピリア :最悪でも全滅するのは中の二人だけだよね……。

GM   :木の扉(殺すまでには至らないか……)

ルピリア :中に入って解除スイッチとか押さないとダメなんだろうけど。

リュグエル:もう少しだと思うんだけど、奮わない。

シェーダ :ではまたリュグエルさん、ルピリアさんどうぞ。

GM   :なぐって、なぐって。

リュグエル:2D6+5 精神。
       (コロコロ……) ダイス (2+1) + 5 = 8

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (1+5) + 3 = 9

      かちーん

ルピリア :2D6+4 機敏でド!
       (コロコロ……) ダイス (5+3) + 4 = 12

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (6+4) + 3 = 13

      またまた、かちーん

シェーダ :2D6+7 「ああぁぁん魔力サマーソルトォォ!」 精神攻撃!
       (コロコロ……) ダイス (1+6) + 7 = 14

GM   :2D6+3 で受け。
       (コロコロ……) ダイス (3+4) + 3 = 10

ルピリア :魔力サマーソルトってwww

GM   :壊れた……。

シェーダ :ではガスが拡散するまで脱出しますよゲッホゲッホ。

ムサシ  :「だーーーーっしゅ!」

シェーダ :「助かりましたー!!」

ルピリア :「やった……!」

リュグエル:「お二方大丈夫ですか!」

シェーダ :「ええ、入口にストーンゴーレムが立ってなければ何とか」

ムサシ  :「な、なんとか大丈夫でござるよ、げーっほ!」

シェーダ :あ、バンダンさんに攻撃させるの忘れてた!「バンダンさーん!」

ルピリア :空気NPC……。

GM   :バンダン「宝箱を守るので精一杯だった!」

リュグエル:(あー! >バンダン)

ルピリア :「中はこれだけなのかな? 探るにしても毒ガスなんとかしないとね……」

リュグエル:「良かった! そんな状況あとは逃げるがのみです!」

ムサシ  :(まー、通路は二人だけですし)

シェーダ :ということでガス拡散を待って探索してみましょう。

ムサシ  :(ですよねー)。

GM   :木の扉が開いたあと、徐々に自然修復されていってます。

ムサシ  :「せ、拙者はあの部屋に近づくのはもう」

ルピリア :新たなトラウマが……。

ムサシ  :(修復型とらーっぷ!?)

シェーダ :周りにボタンか何か隠されてませんか?

GM   :機敏で探してください。

ルピリア :「この扉もう閉まらないようにしておこう 必殺!DDD縛り!!」

シェーダ :お、探してみましょう。

ムサシ  :(解除ボタン探せばよかったかもしれない)

ルピリア :2D6+4 機敏でチェック!
       (コロコロ……) ダイス (6+4) + 4 = 14

      ふるった。

シェーダ :2D6+1 機敏で判定!6ゾロ来て!
       (コロコロ……) ダイス (1+6) + 1 = 8

リュグエル:2D6+2 機敏。
       (コロコロ……) ダイス (5+5) + 2 = 12

      私も探します。

ムサシ  :(14で無理なら無理っぽい)

GM   :何もありませんなのだ。

ルピリア :なんてこったい。

シェーダ :「残念。ちょっとこれは危険ですね。相手に完敗ということであきらめて帰りましょうか」

ムサシ  :(なんか色々余ってる気がしますが1へ戻りましょうか)

      「さ、賛成でござる」

ルピリア :となると9の部屋が謎。2の穴に何か落ちると9に変化があるとか……。
      ゴーレム落としてみる?

シェーダ :ゴーレムって倒した後でも何か価値があるんでしょうか。
      もうやることないのでやってみてもいいですよ>ゴーレム落とす

GM   :何も変化しませんのだ!

ムサシ  :(そういえばゴーレムって魔力コアみたいなのないのかな)

GM   :魔力コアもないのだ!

ルピリア :よし帰ろう!

シェーダ :「いいですね!名案です!」

リュグエル:そうですね、スキルも残ってませんし!

ルピリア :(呪い解決よりダンジョン探索のほうが時間長かった気がすゲフンゲフン)

そういうシナリオです。

ムサシ  :(んじゃ落としたらなら2まできてるんで、とっとと帰るべー)

シェーダ :まあ実際の迷宮探索ってこんな感じですよねー。生きて帰れる程度に見つけたら満足ってことで。

リュグエル:ですです。

GM   :では、マントを羽織って、股間に革袋のバンダンさんと一緒に帰ります。

ルピリア :この状態で街にいったら捕まるよね。

ムサシ  :(マント羽織ってるので一応大丈夫)

シェーダ :宝箱一個回収できてホクホク。

GM   :特に何も無ければ、街外れの家に帰りますよ。

ムサシ  :(前方向全開ならアウト)

リュグエル:はーい。

GM   :宝箱を持って。

リュグエル:(なんならズタ袋が残っているので)

ルピリア :前マント、もといエプロンマントか。

シェーダ :ではバンダンさんからマント返してもらいましょう。

シェーダ :代わりに袋で簡易な服を作ってあげましょう。

GM   :……つっこまれないから、バンダン、宝箱持って帰りますね。

シェーダ :いえいえ返してもらいますよ!? まあ渡してもいいんですけど。

ムサシ  :(バンダンについて議論中なのに帰っちゃダメー!)

リュグエル:返してもらいましょう! 我々の生きる糧です!

ルピリア :宝箱については、鍵開けの得意そうなギルドメンバーに相談でもして……。

シェーダ :どうしても欲しそうなら宝箱の中身を山分けでもいいですしね。

GM   :バンダン「おお、宝箱、忘れてた、キミ達に返そう」

リュグエル:(バンタンについては、呪いをといてあげただけでも十分だと思うんだけど)

シェーダ :(思ったよりすっきり返してもらえちゃった)

ムサシ  :「イヌカイ殿あたりに開けてもらうでござるよ」
      (ペンテの名前が出ない)

シェーダ :(欲がなさそうな順だとイヌカイさんですね)

      では問題無かったら街に戻って神殿に解呪の呪文教えて言いふらしまわりまくりますか。

GM   :はーい、解呪の言葉をありがたーく、神殿でいただきます。

シェーダ :「ウディタギルドのシェーダでーす 解呪の呪文をお教えしまーす!」って言いながら歩き回りましょう。

ムサシ  :「ウディタギルドでござるー、解呪の呪文を教えますぞー」

      ウディタギルドの宣伝。

リュグエル:そうですね、それでこの町ともおさらばしましょうか。

シェーダ :「これでこの街からも依頼が来るといいですね」

リュグエル:「もちろん来るでしょう! これから忙しくなりますね!」

ルピリア :混乱したペンテって“この宝箱のパンツ何色?”とか言いそう。

リュグエル:ありうるw >宝箱のパンツ

【お話を終えて……】


GM   :経験点5点です。

ルピリア :わあい経験点だあ。

リュグエル:お疲れ様でしたー!

シェーダ :わあいお疲れ様でしたー。

ムサシ  :お疲れ様でしたっ!

GM   :純粋なダンジョン探索モノにしてみましたが、やっぱり全部調べると時間かかりますな。

シェーダ :でも大河物語でもダンジョン探索ものが十分いけることが判明しました!

ムサシ  :ああ、今回は輝いてたはずなのに……。

シェーダ :ムサシさんの最後の転落っぷりは一体。

リュグエル:浮き沈みの激しいムサシ殿。

ルピリア :借金取り「あーもしもし、ルピリア・クリムゾンさんでやすね?
           あなたの親御さんが残した借金があと99万G溜まってるんでやすが……」

GM   :木製のドアがラスボスだったということで。

ルピリア :1万G消費。あと98万G。

シェーダ :「ガラにもなく(いえムサシさんにはガラに合ってるんですが)
       格好を付けると後は落ちるだけなんですね……」

GM   :サイコロの神様はドSですから。

ムサシ  :所持金60万、そろそろ使い道を考えないと。

ルピリア :10万Gを生きて持って帰った 収支+9万G。

シェーダ :ちゃんと決めシーンでダイス目分けてくれる!

ムサシ  :個人的に前口上を盛大に述べてファンブルとかおいしいんですが。

シェーダ :やってみたい、かっこいい前口上にファンブル。

リュグエル:壮絶な前フリ!

ムサシ  :「魔王、お前は確かに強い、けれど、俺達は負けるわけにはいかないんだ!
       皆、俺達に力を貸してくれ!全スキル開放で攻撃だぁぁぁぁ!」

      ファンブルみたいな。

シェーダ :今回は割とドキドキワクワクで素直に楽しかったですよ!

リュグエル:呪いの発想もユニークで面白かった!

GM   :そう言っていただけると嬉しいです。

シェーダ :終わってみるとあと2~3日くらいウロウロして呪いにかかってみたかったですね。

ルピリア :木のドア「魔王、お前は確かに強い、けれど、俺達は負けるわけにはいかないんだ!
           皆、俺達に力を貸してくれ!全スキル開放で攻撃だぁぁぁぁ!」

リュグエル:あ、我々には一体どんなのろいが。

GM   :遺跡まで1日とか時間を設ければ、呪いがより生きたんでしょうけど。

ムサシ  :そういえば進行度のダイスあったんで、一応かかるルートもあったんですね

シェーダ :先生ダイスごとの呪い結果が知りたいです!

ルピリア :どんな呪いだったんだろう。

GM   :ひとりが紙と布をビリビリ
      ひとりがどんな攻撃を受けても仁王立ちで防御できない
      ひとりが思った事を全て喋っちゃう。 でした。

怪しげな依頼でも受けてもらえましたし、
ダンジョンシナリオもなんとかこなせました。
予定していた0時には終われませんでしたが1時には終了。
まぁまぁ、目標達成ですかね?

大河物語 外伝4話【豪商の憂鬱】おわり
添付ファイル