※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクタ情報 第002話

シルメアリ(愛称:メアリ)(Bobby)
職業 :賢者
人種 :エルフ(女)
HP :20
能力値:武勇1
    機敏2
    精神6
スキル:治癒魔法(消費)
    結界魔法(消費)
    百科事典(消費)
所持金:5万G
装備品:・ドレスローブ(女性用の、装飾がなされたもの。少し高め? 宝石が多くちりばめられている。動きにくそう)
    ・フリルリボン(お嬢様結びをしてる所を結んでいるリボン。かわいいレース。木の枝にひっかかりそう)
    ・クリスタルワンド(力が無い女性でも手軽に持てるような軽い杖。攻撃力なんてものはないが、集中力は上がるかも)
    ・革のブーツ(ごく一般的なもの。靴底もなめらかなので、おそらく、濡れた場所にいくとこけるだろう)
設定 :臆病者で人見知りのエルフ。まだ幼い姿形をしている。
    活字漁りが大好物で、とかく本の虫。
    色々な書物を通じ、様々な知識を得ることが好きだが、
    それにより「自分の知らないもの」が浮き彫りになったことで、
    自分で色々なものを見聞することに興味が沸いたお年頃。
    よって、住んでいた森を出て、冒険者を志すことにした。
    しかしながら、他者と会話することがニガテなため、仲間や友達は中々できない。
    他者を傷つけることがニガテなので、人を守れる魔法ばかり覚えていたようだ。
    (だが、それによって自衛もあまりできないことになるのだが)

    今回の冒険が初めてで、打ち解ける相手もまだいないようだ。
    経験不足のためか、色々、たとえば冒険に備えた考えなどに行き届かない。
カジエル(あとり)
職業 :闘士
人種 :ドワーフ
HP :20
能力値:武勇6
    機敏2
    精神1
スキル:家事(常備)
    スタン攻撃(消費)
    自己犠牲(常備)
所持金:5万G
設定 :屈強で心優しい鍛冶屋のおっさん。
    仕事も豪快(大雑把)だった為貴重な武器を折ってしまい、
    本業の鍛冶屋を追われ冒険者に。
    食いしん坊で料理とおいしいもの、酒が好きな脳筋。
ウルフール(SmokingWOLF)
職業 :芸人
人種 :獣人族(男) 犬顔
HP :20
能力値:武勇2
    機敏5
    精神2
スキル:変身(消費)
    軽わざ(消費)
    魅了(消費)
所持金:残り4万Gくらい
装備品:・短剣(5本。投げたり、ジャグリングにも使える)10000G分くらい?
設定 :元はサーカスで様々な芸をこなしていたが、サーカス団が倒産したので冒険者に転職した。
    変身によって人間または純オオカミ形態に姿を変えることができる。
    この名はサーカス団長に付けてもらった芸名(フール=おバカの意)。
テーヘ・ペロウ(セイ)
職業 :賢者
人種 :魔族(女)
HP :20
能力値:武勇2
    機敏2
    精神5
所持金:5万G
スキル:ペット(常備)
    再生魔法(消費)
    変身(消費)
設定 :気ままに放浪している魔族の少女。
    どんな物事にも強い執着心を示す事はなく、その場の気分で誰に対してでも、
    味方になったり、敵になったりする。ただし、争いたがりではない。
    基本的に毒舌で、あまり空気は読まない。
イヌカイ(ぺりかん)
職業 :狩人
人種 :荒野人(男)25歳前後
HP :20
能力値:武勇3
    機敏5
    精神1
スキル:ペット(常備)
    サバイバル(常備)
    念話(消費)
所持金:5万G
装備品:ブロードソード
    狩猟弓(射撃スキル無しなので遠距離攻撃はマイナス補正有り?GMに要確認)
設定 :ペットの「ラブ」と放浪の旅を続けてきた若者。
    物心ついた頃より安住の地を探していたが、現在の拠点は居心地がよく気に入っている。
    夢は資金を溜めて市街の片隅にお花屋さんを開くこと。
    ラブとは念話スキルを使うことによって簡単な意思疎通ができる。
ペット:ラブ・クリーム色の垂れ耳短毛大型犬。
    歩行型:武2 機1 精1 騎乗や偵察、探索などが可能。
コッペ(こぺる)
職業 :闘士
人種 :シバ人(男)
HP :20
能力値:武勇5
    機敏2
    精神2
スキル:鉄腕(常備)
    突撃(消費)
    連続行動(消費)
所持金:5万G
設 定:王国に仕えている兵士だが、隙を見つけては仕事を放棄し遊びにでかける。怠惰な番兵。
    サボりがバレるとこっぴどく叱られ、罰として一日中見張塔の掃除を命じらる。サボり癖が直る気配はない。
    呆れられつつも見捨てられないのは、持ち前のうでっぷしの強さゆえか。