サバイバルショット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアガン等を使って銃撃戦をおこなうスポーツ「サバゲー」のアレンジ企画。

参加者達はひとり1台カメラを持ち、敵チームの写真を撮る。
写真を撮れば得点、撮られれば失点というルールで"銃撃戦"をおこなう。
カメラにはそれぞれ残弾が設定されており、残弾が切れたらリロードポイントにてリロードを行わなければならない。
カメラの性能による差を軽減させるため、性能の高いカメラほど残弾は少なく設定されていた。

2010年度に実施。