※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰でも自由に編集できるように、このページだけ編集フリーにします。
50音順に、ひらがなで振り仮名を付けて、強調文字(項目の部分を選択して、Bをクリック)すれば誰でも編集OKです。

あ行

アチーさん(あちーさん)
頭がすんごくボンバーヘッド化している。
正確は凄くポジティブ。
夏など、気温の高い時に出現。とにかく熱い話題でこっちまで余計に熱くしてくる。
迷惑野郎である。親戚にはサミーさんが居る。

AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(えあれいどふろむじあんだーぐらうんど)

AED(えーいーでぃー)
このチームのこと。Action Enjoy Driver(アクションエンジョイドライバー)の略。
決して電気ショックを与える器具のことではない。だがHAKODAは、リーダーがそれも含めて考えたものと予想する。

AED連絡係(えーいーでぃーれんらくがかり)
チャットに出没。そのチャットで起こったことをリアルタイムで伝える凄い人。
でも、中の人なんて居ませんよ?

Evans(えう゛ぁんす)
jubeatの楽曲の一つ。最高難度のLv10を誇り、終盤の難易度は、リズム難配置難を含み、とてつもなく高い。
登場(初代)から4年経った今でも、クリア率及び平均の点数は群を抜いて低い。
HAKODAは、これに絡めて、おかEvansと言っていたりする。

MK7(えむけーせぶん)
マリオカート7(MarioKart7)のこと。Youtubeの動画では、大体この表記。
なお、MKWはマリオカートWiiを表す。

Mg(えむじー)
マグネシウムのこと。また、このチームのリーダーの前の名前でもある。

エル(える)
AEDメンバーの一人。音信不通。まだチャットに入ったことも無い。

O☆ki(おおき)
AEDメンバーの一人。このチームの中では実力はかなり高く、IN率も高い。
これらに着目し、副リーダー代理に任命した。リーダーは不在が多いので、よろしくお願いします。

お前の明日に、命の別状は無い。(おまえのあしたに、いのちのべつじょうはない)
鼠講がかっこつけて言った言葉。
日本語がおかしい。意味としては、明日死に至ることは無いよということである。

オ・ルボワール( ´◖ 0 ◗ ` )ノシ(お・るぼわーる)
フランス語でさようならの意味。HAKODAが某コミックの某漫画で気に入って以来、使っている。
チームチャットにも標準搭載されている。
顔文字はHAKODAが気まぐれで作ったらこうなった。

か行

キラー慎吾(きらーしんご)
vsHH時、キラーシップが当たった時、キラシんごおお→キラシんご→キラー慎吾とりんご、すわ(助っ人)、HAKODAの順番で改変されていった。
何を指すのかもはや不明となってしまっている。

銀さん(ぎんさん)
AEDメンバーの一人。IN率はそれなりにあり、Skypeでも連絡を取れる関係だが、3DSが兄に乗っ取られている模様。
残念。

糞サン(くそさん)
相手がスター、キラーを使っている時にサンダーを使うこと。
今作は下画面で相手の所持アイテムが見ることができる為、的確に使おう。
謎サンとも言う。

cぇあr(くりあー)
チャットのコマンド。顔文字などを入れる場所にも標準搭載されている。これを発言することで、自分の入ってからの発言を全て消せる。
語源は、clearを日本語打ちしたらcぇあrになること。

さ行

サミーさん(さみーさん)
ボロボロになっている。
正確は凄くネガティブ。
冬など、気温の低い時に出現。とにかく寒い話題でこっちまで余計に寒くしてくる。
迷惑野郎である。親戚にはアチーさんが居る。
なお、彼の周辺の気温は10度位下がる。ゲンガーも冷や汗をかくレベル。

サンダー(さんだー)
英名lightning。マリカ唯一の全体魔法。ペーパーマリオRPGで言うかみなりドッカン。
効果は当たった相手をなぜか小さくする。さらに最高速度を遅くする。代わりにハンドが上がる。
これを恐れてスターやキラーを保持する人は多々居る。(無敵状態ならば無論サンダーも喰らわない)
ちなみに、交流戦において、味方が無敵中にサンダーを放つことをナイスサンダー(略してナイサン、NT、NL)と呼ぶ。
対義語として、野良で入手→すぐに使うことを即サン、糞サンと呼ぶ。原因は、サンダー保持なんて意味無いって思っているか、下位でパニックになっていることが考えられる。
これまでは声が高くなるのが特徴だったが、7では容量の関係上か、変わっていない。
なお、Wiiのノコノコみさきでは、7の水中がパイプになっていて、これがトラップとして移植されたサンダーバーが存在する。
忘れられがちだが、GBAのレインボーロードでは、カミナリ雲があり、その雷に当たると同様の効果が発揮される。

サンドランナー(さんどらんなー)
直訳砂走。マリオカート7におけるフレーム。サボテンのような見た目で、性能はハンドとオフロ重視。
しかし、最高速と「加速」が犠牲になってしまっている。こういうのは普通は加速がいいものではあるが、法則を見事に打ち破ってくれた。
なお、このフレームの愛好家は少ないが居る。

シャンデラ(しゃんでら)
初出はポケモンBW。図鑑Noは115、2年後は192。全国図鑑は609。
タイプは初の組み合わせの、ゴースト炎タイプ。何気にゴーストタイプに御三家タイプが付いたのはこの世代が初。(同時期の御三家ゴーストタイプの仲間にはブルンゲルが居る)
HAKODAは何やらLove at first sightしたようで、殿堂入り後、凄い勢いで育て上げ、一番速くLv100に到達させた。
能力は、特攻が極端に高い。伝説に匹敵するほどで、某にらみつけるの鳥や、某ゴキブリよりも高い。
攻撃とHP以外は平均的で、抜群の攻撃もそれなりに耐えられる。
某攻略本では、しっぺ返しに注意らしい。
なお、ゲーム内における使用者は、シキミ、ベル、ノボリ、クダリ等、非常に多い。
また、ポケモンプレイヤーの人気も高く、人気投票では1位を獲得した。
アニメでは、ノボリの手持ちとして活躍、また、アイリスに怪しい光で幻覚を見せて傍から見ればシュール状態にしていた。
さて、もっと書きたいところではあるが、このページの容量、読みやすさを考えれてそろそろ止める。

地雷(じらい)
交流戦において、十分な活躍が出来ないと自分で思った人が使う言葉。
地雷じゃ無いので大丈夫です。HAKODAは誰が何と言おうと地雷です。

シリュウス(しりゅうす)
AEDメンバーの一人。また、HAKODAのリア友でもある。
毎日動画投稿をコンセプトとしている。死神のマスクが目印。最近編集の力も肉体も上がってきた。
一時期雷で動画投稿出来なかったが、
一時期HAKODAに、シュリウスと間違えられていた。発音もかなり似ているしごめんね。

Silver(しるばー)
AEDメンバーの一人。IN率が高くて、交流戦の時は特に助かるが、3DSの故障が多め。
そのせいで、交流戦に出られないと言うことも多々ある。

た行

茶(ちゃ)
チャットのこと。フレンドリストでHAKODAが、チャットという言葉が入らないときに略して使う。

超水攻め(ちょうみずせめ)
水攻めの上位。メンバー全員を水中特化にし、水中に対して万全の状態を作ること。
ただし、滑るコースが来たら終わる。あしからず。
ハマればとても強い戦法ではある。

な行

鼠講(ねずみこう)
このチームのリーダー。改名した。また、HAKODAのリア友でもある。
HAKODAを誘ったのはこの人。
しかし、IN率が低い上、管理はHAKODAに投げっぱなし。もう少ししっかりして欲しいものである。

ノーマルタイヤ(のーまるたいや)
標準装備のタイヤ。全能力が平均的で、使いやすい。
ただし、悪く言うと飛びぬけていいと言う能力も無いため、そこはテクニックで補完したい。

は行

HAERETICUS(はえれてぃくす)
ラテン語で「異端者」と言う意味。
また、REFLEC BEAT及びBeatmaniaⅡDXに収録されている曲でもある。
前者の方では、あまりにも恐ろしい難易度を誇り、トップランカーですら、最高ランクであるAAA+を取れないほどである。
これをAAA+したら人間どころか異端者卒業できるかもよ!
後者は前者の印象が強すぎて、あまり語られていない。
+ヨハネスコピペ

HAKODA(はこだ)
言われても分からないほど無名だが、カリスマ性の無さだけは一目見るだけで分かる人。
このチームの副リーダー(事実上はリーダー)。いつも一つの目標ばかり考えていて、周りを見失いがち。

発狂(はっきょう)
狂っている様。転じて、メタルマリオのJA時の声。
また、BEMANIにおいて、大量のノーツ(太鼓の達人でいうドンカッ的なもの)が出てくること。

ヘイホー(へいほー)
HAKODAの使い手キャラ。どこかミステリアスな雰囲気を漂わせている。
その雰囲気をHAKODAに買われ、今の状況になっている。
軽量級な為、立ち直りが早く、そこもまた気に入られている。
なお、海外名はShy Guy。Guyは男という意味なため、仮面の中が美少女という夢は砕け散ることになる。
あしからず。

he-B-i(へび)
AEDメンバーの一人。動画を投稿している。
しかし、チャットには入ったことが無い。

ま行

マーク(まーく)
AEDメンバーの一人。チーム活動に積極的。
今後のさらなる飛躍に期待。

マロ(まろ)
スーパーマリオRPGで出たマシュマロ王国の王子。なにかんがえてるのはカオスの極み。
しかし、ここではマリオカートWiiに出てきたカミナリ雲のことを言う。マロみたいだし、マロも電撃使うしちょうどいいんじゃねってことでこうなった。

みss(みす)
チャットのコマンド。顔文字などを入れる場所にも標準搭載されている。これを発言することで、自分の直前の発言を取り消せる。
語源は、missを日本語打ちしたらみssになること。

水攻め(みずぜめ)
交流戦において、水中コースを中心に選んでいくこと。
ワイルドシリーズが多い交流戦では、苦戦を強いられることになるだろう。
HAKODA的には、エッグウッドとワイルドシリーズが、それぞれ2:2(1:1)であることが望ましい。
なお、無茶振りでエッグウッド使用を求めることもあります。

メタルマリオ(メタルマリオ)
通称メリオ。及び発狂。
初出はスーパーマリオ64。緑ブロックから出てくるメタルぼうしを被ることによって変身できた。
しかし、効果は一定時間しか続かず、声も変わっていなかった。
15年の時を経て正式にプレイヤーキャラとして参戦。JAした時の声が発狂☆と聞こえる為、たびたびネタになっている。
人気はとても高く、重量級ならではのスピード、また、元がマリオのため、重量級の中でも中量級の大きさと言う前例のない仕様である。
そのおかげで攻撃は少しばかり当たりにくい。代償としてコインは取りづらくなった。
発狂☆

メリオ(めりお)
メタルマリオのこと。決してメリメリとめり込む男では無いため注意。
でもメタルで重いからメリメリとめり込みそうだよね・・・

麺(めん)
メンバーのこと。フレンドリストでHAKODAが、メンバーという言葉が入らないときに略して使う。面とも。

や行

youtube(ゆーちゅーぶ)
世界的に有名な動画投稿サイト。AEDは元々、このサイトから発足した。
元々の主格の人々は、アカウントを変えて頑張っている。
HAKODAの方は、現在動画投稿を停止中。

ゆうゆ(ゆうゆ)
AEDメンバーの一人。VRは30000と言うことで期待していたが、チャットに来たことが無い。

jubeat(ゆびーと)
KONAMIのアーケード音ゲー。HAKODAの大好きなゲームである。
だが、月1ペースでしかできないので、がっかりしている。毎日やるのが夢。
ちなみに、ジュビートとは読まないので注意。語源は、指+beatと思われる。
iPadでは、jubeat plus(- プラス)が無料で配信されているので、持っている人はやってみよう!

YOSHI(よし)
AEDメンバーの一人。現在、交流戦全GP出場率100%。
今後の交流戦でも人手不足が予想されるので、貴重な人員だ。

ら行

リア充(りあじゅう)
爆発すべき存在である。

リア充爆発しろ!

REFLEC BEAT(りふれくびーと)
KONAMIのアーケード音ゲー。こちらもHAKODAのお気に入り。
しかし、一番近い場所には無く、ある程度遠くに行かないと無いというジレンマを抱えている。
JUST(一番いい)のタイミングではじいて放つJUST REFLECは爽快。
2人でローカルプレイするとかなり燃える。
「えっ?始めるのが、怖い?ばっかお前、俺がついてるだろ?」by DJ YOSHITAKA
なお、iPadでは、REFLEC BEAT plus(- プラス)が無料で配信されているので、持っている人はやってみよう!
もちろん、こちらでも2人プレイ可能。あ、決して余計にタッチして相手の妨害はしないように。

りんご(りんご)
AEDメンバーの一人。走る時はtamaという名前を使用する。
Ctとの交流戦終了後に入団申請してくれた。

わ行

ワイルドタイヤ(わいるどたいや)
マリオカート7で初期解放されているタイヤ。元は恐らく、ホットラリーに出てくるモンスター。
モンスター自体はWiiで軽量級マシンとして出ていた。
初期解放されているタイヤでは最も最高速が高い。また、驚異的なオフロード性能を持ち、一部のコースでは悪路を強引に通るということを楽にする。
ワイルドレッドという弟分が存在する。そいつに比べてミニターボと加速が悪いが、ドリフトはこちらが強い。
しかし、同時に走らせてみた結果、どちらとも加速が同じであった。
お好みにと言った印象か。ワイルドだろう?
ちなみに、海外名は本家に沿って、モンスターである。どうしてこうならなかった

ワイルドレッド(わいるどれっど)
マリオカート7のタイヤ。通称「レ」。ワイルドタイヤに性能が酷似している。
それより軽く、加速がいい。(ただし、検証では、どちらも加速は同じ。)
なお、ミニターボはこちらが高い。恐らくミニターボの差から、大多数はこちらを使っている。
観戦で、タイヤがでっかく真っ赤であることはよくあること。
海外名はレッドモンスター。紅き怪物。

その他

くぁwせdrftgyふじこlp(くぁwせづるふとぎぃふじこえるぴー)
読み方はHAKODAが勝手に付けた。
いわゆる断末魔というやつ。



意見はこちらに
名前:
コメント: