メニュー



リンク

情報
加盟クラブ・準加盟クラブ
ラリー関係者個人ブログ
ラリー関係ショップ

- , - , -
中部オフィシャルチームとは >>こちら

更新履歴

取得中です。


この検定に挑戦する!






ANDテクニカルツアー2008のご案内


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

終了しました・・・結果はこちら

 6月1日に開幕しましたJMRC中部ラリーチャンピオンシリーズですが、7月5日~6日に第2戦となる「ANDテクニカルツアー2008」の参加受付が6月8日から始まります。「ANDテクニカルツアー2008」は、JAF中部・近畿ラリー選手権の開幕戦でもあり、いよいよこの地区でも本格的なラリーシーズンに突入します。

 このラリーは、昨年よりオールターマックのラリーとして、JAF中部・近畿ラリー選手権となったラリーで、近畿の選手にとっては、最も遠い地域での開催となりますが、北陸高速道路からのアクセスが非常に良く、時間的には、高速道路のない地域でのラリーに較べて寧ろ早いかもしれません。また、東海北陸道が7月5日に全線開通することになっているので、名神一宮ICから北陸道を経由せずダイレクトで富山に入れます。つまり、ラリーの開催に合わせて高速道路が開通するのです。\(^o^)/
※補足:開通日時は、7月5日15:00で、レッキには間に合わないようです。帰路は、開通後で、開通記念割引もあるそうです。

 ラリーのコースは、昨年とほぼ同じですが、一部新コースも追加されるようです。ANDのコースは、かなりハイスピードの部類に入り、SS距離も46kmと上限に迫る設定で走り応え十分です。レッキは、昨年は土曜日の午後から1本でしたが、今年は、午前中から各2本レッキができるそうです。

【特別規則書】←ここをクリックするとPDFファイルがダウンロードできます

2008年JAF中部・近畿ラリー選手権第1戦
2008年JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第2戦
ANDテクニカルツアー2008
特別規則

公示

本競技会は、FIAの国際モータースポーツ競技規則ならびにそれに準拠した日本自動車連盟(JAF)の国内競技規則、JMRC中部ラリー共通規則及び本競技会特別規則に従って開催される。

第1条 競技会の名称 
2008年JAF中部・近畿ラリー選手権第1戦
2008年JMRC中部ラリーチャンピオンシリーズ第2戦
ANDテクニカルツアー2008

第2条    競技会の種目
4輪自動車によるタイムラリー

第3条    競技格式
準国内   公認№ 2008―2301号

第4条 開催日程
2008年7月5日~6日

第5条 開催地および競技距離
富山県内約210km  (タイムトライアル約46km)

第6条    競技内容
(1)    第2種アベレージラリー
(2)    指示速度走行区間 無し
(3)    スペシャルステージ 有り (ターマック)
(4)    競技距離  総走行距離 約210km  SS 約46km
(5)    レッキ 有り 7月5日(土)am9:00~pm4:00(任意参加 2000円)

第7条    オーガナイザー名及び住所
エースナビゲーター&ドライバーズ(AND)
富山県砺波市矢木71

第8条 大会役員
審査委員長  鳥居 昭夫        
審査委員   梅津 祐実
審査委員   金子 敏邦        
組織委員長  今井 克彦   
組織委員   根尾 貞克

第9条    競技役員
競技長    野村 公成   副 塩岡 雅敏
コース委員長 野村 長    副 成瀬 克巳
計時委員長  吉田 昌史   副 村岡 剛至
技術委員長  萩沢 克己   副 山崎 清孝
事務局長   根尾 貞克   副 三橋 準

第10条 参加車両
RN,RJ,RB車両

第11条 参加資格
(1)    2008年JAF発給の国内競技運転者許可証B級以上を所持していること。
(2)    JMRC中部・近畿加盟のクラブ員であり、かつ各クラブ代表者が責任を持てる者であること。但し、参加台数に余裕がある場合は他地域からの参加を妨げない。
(3)    所属する地域クラブの共済会に加入していること。
(4)    1チーム2名限定とする。
(5)    正副ドライバーは、当該車両を運転するに有効な運転免許証を取得しており、参加申込み締切時点で満20歳以上の者

第12条 クラス区分
次のクラスを設定する。
DE-Aクラス:気筒容積1500cc以下の車両
DE-Bクラス:気筒容積1500ccを超え3000cc以下の車両
DE-Cクラス:気筒容積3000ccを超える車両

第13条 参加台数
各クラス合計で60台に制限する。

第14条 参加料
1台 45000円
(会場施設利用及び朝食を含む)
サービス員 1名 2000円
(当日会場にて受付。施設利用、朝食付き)
*施設利用、朝食なしは無料
サービスカー   無料

第15条 保険の加入
ラリー競技に有効な対人賠償保険及び搭乗者保険(又は共済)に加入していること。

第16条 受付期間
2008年6月8日~6月22日必着

第17条 参加申し込み先及び問い合わせ先
〒939-1317 富山県砺波市矢木71
AND事務局  担当:根尾
Tel  090-3295-5413    fax 0763-32-3897
e-mail   and@ninus.ocn.ne.jp ←全角になっていますのでコピペ不可

第18条 タイムスケジュール
受付       7月5日 pm5:00~6:00
車検          pm5:30~7:00
ブリーフィング     pm7:10~7:40
1号車スタート     pm8:01
1号車ゴール予定 6日 am3:30
表彰式予定    6日 am8:00~

第19条 賞典
各クラス  1位~3位  JAFメダル
各クラス  1位~6位  トロフィー、副賞
但し、各クラス参加台数の50%を超えない程度にする。

第20条 付則
(1)    本特別規則書に記載されない競技に関する細則は、国内競技規則、国際モータースポーツ競技規則ならびにJMRC中部及び近畿統一規則に従って開催される。
(2)    規則及び競技に関する諸規則の解釈に疑義が生じた場合は競技会審査委員会の決定を最終とする。
(3)    採点シート提出が指定時間を超えた時はペナルティーを科す。
(4)    各自採点に誤りがあった場合、正しい減点に訂正したあとペナルティーを科す。
(5)    サービスの際には競技車の下にシートを敷く事を義務つける。違反をした場合はペナルティーを科す。
(6)    ペナルティーは1件につき100点とする。
(7)    すべての乗員および競技参加者は必ずブリーフィングに出席し、出席表に署名すること。
 
大会組織委員会

【インフォメーション】←ここをクリックするとPDFファイルがダウンロードできます
1 ラリー全体情報
・オールターマック
・土曜日の午前からレッキを行い、夕方に車検や開会式などを行います(タイスケは規則書参照)。
・ラリー中にガソリンスタンドでの給油を予定していませんので各自で準備してください。
・JAF地方選手権とJMRC中部ラリーチャンピオンシリーズはダブルタイトルとなります。

2 コース情報
・第1ステージ・約110㎞(SS約23㎞)
・第2ステージ・約100㎞(SS約23㎞)

3 レッキ情報
・レッキは、オフィシャルの指示に従って行ってください。各コース2回のレッキができる予定です。
・レッキに参加される方はレッキ申込書に署名・捺印の上、レッキ参加料とともに、参加申込と同時に申し込んで下さい。

4 サービス
・サービス会場は舗装路面です。
・サービスカーおよびサービスクルーの登録は参加申込と同時に申し込んで下さい。
・サービスクルーの登録は当日も受け付けます。
・サービス会場では必ず車の下にシートを敷いて作業して下さい。

特別規則書
インフォメーション
  [JMRC中部共通申込書](推奨)
参加申込書・車両申告書・サービス申込書(PDF形式) (エクセル形式)
  [JMRC近畿共通申込書](こちらで申し込まれても結構です)
参加申込書(PDF形式) (エクセル形式)
車両申告書(PDF形式) (エクセル形式)
レッキ申込書
参加申込チェックリスト     
2008年JMRC中部ラリー共通規則 
ラリー関連規則・規定集

過給器(ターボ)付ラリー車両の指定封印および車両重量については、JMRC近畿との申し合わせにより、JMRC近畿の方式にて取り扱うことになりましたので、参加者は、余裕を持ってこちらをご確認ください。

 

SSを走行するのに「ペースノート」について知りたいと思った方は、こちら...
を参考にしてください。

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|