「ナンピンの設定」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ナンピンの設定」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **&color(darkblue){ナンピンの設定方法}
 
 &bold(){全般設定のナンピンの設定}
 
 注文命令(買い注文や買い指値注文など)でエントリーされた最初のポジションに対してナンピンが行われます。
 
 #image(http://img.atwikiimg.com/www32.atwiki.jp/mt4eaeditor/attach/1/227/eaedit_nanpin002.png)
 チェックをして買い設定、売り設定を行います。
 
 #image(https://img.atwikiimg.com/www32.atwiki.jp/mt4eaeditor/attach/1/244/eaedit_nanpin001b.png)
 |エントリー損益pips|初期ポジションからの損益pipsを設定してください。&br()10pipsごとにナンピンを行う場合は、-10pips、-20pips、-30pips・・・と設定してください。|
 |初期ロット数|初期ロット数を基準としたポジションロット数を設定してください。|
 |リミット、ストップ|設定するリミット、ストップをpipsで設定してください。&br()0で設定されません。|
 |逆張りエントリー|オプションの逆張りーエントリーを選択した場合、&br()初期ポジションが買いの場合売りで、売りの場合買いでエントリーされます。&br()売りと買いを交互に繰り返すなどの特殊なエントリー方法をさせることなどが出来ます。|
-|ナンピンのS/Lを他のポジションにも設定する|ナンピン発動時ナンピンポジションのストップリミットを他のポジションにも設定します。|
+|ナンピンのS/Lを他のポジションにも設定する|ナンピン発動時、&br()ナンピンポジションのストップリミットを他のポジションにも設定します。|
 
 
 
 ----
 
 
 &bold(){ポジション条件を使用したナンピンの設定}
 
 
 ポジション条件と損益条件でナンピンを記述します。
 ナンピンポジションごとに細かなエントリー条件を設定できるメリットがあります。
 
 |&br()&br()買い条件&br()●ポジション 買いポジション数 = 0個&br()  ●エントリー条件&br()   <買い注文>&br()   +&br()  +&br()●ポジション 買いポジション数 = 1個&br()  ●損益条件&br()   ●エントリー条件&br()    <買い注文>&br()    +&br()   +&br()  +&br()●ポジション 買いポジション数 = 2個&br()  ●損益条件&br()   ●エントリー条件&br()    <買い注文>&br()    +&br()   +&br()  +&br()+&br()&br()ポジション条件の後に損益条件を記載しています。&br()&br()&br()|
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ----