【主な登場人物】

【全日本Jrユース代表選手(背番号)】

☆森崎有三(1)

本編の主人公。全国中学サッカー大会を制した南葛中の正ゴールキーパーであり、キャプテンでもあった。
苦労の末全日本Jrユースのキャプテンにも選ばれたが、彼がキャプテンなのを良しとしない者も多い。
原作とは比べ物にならない程強くなっており日本一のGKと目されるが、
それだけでは飽き足らず一か八かのギャンブル的な行動で攻撃にも積極的に参加する。
ドリブル能力は天才的で、滅多にボールを奪われる事は無い。
汚い裏工作なども平気で行う反面、割と熱血な面も持ち合わせている。敵も味方も多い。

☆大空 翼(10)

森崎最大のライバル。森崎とは犬猿の仲であり、お互いに隙あらば脚を引っ張ろうとしている。
その中学生離れした実力で全国的な知名度を誇る万能MF。全国中学サッカー大会では得点王とMVPを獲得。
ドライブシュートを初めとする数多くの大技を使いこなし、基礎能力も非常に高いがカードの引きは全般的には悪い。
一見爽やかなスポーツ少年だが中身は天然に高慢で腹黒。ただしサッカーに対しては誰もが認める程糞真面目で誠実。
何度も挫折や自問をしてきた為か、原作とは大分違う性格になってきたかも知れない。

☆若林源三(22)

西ドイツ・ハンブルガーSVJRユースのGK。SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)。
3年前、負傷中だったとはいえ、森崎と4対1のケンカで敗北し(1が森崎)
プライドを傷つけられた彼は西ドイツへ留学しサッカーそっちのけで武術の稽古に精を出しケンカの達人となった。
しかし横暴な態度とサッカーの練習をおろそかにしていたせいで
ハンブルグのチームメイトからの評判は良くない上、原作程の圧倒的な実力は無い。
その後全日本対ハンブルグの試合で5失点したり見上や翼に冷たくされたり対アルゼンチン戦で
ディアスにハットトリックを喰らったりと色々あり、徐々に本来のプライドと向上心を取り戻しつつある。

☆日向小次郎(9)

東邦学園のFWにしてキャプテン。森崎に対し異常な敵対心を燃やしている。株式会社・ヒューガーの取締役でもある。
金と権力、そして必殺のタイガーショットを武器に東邦学園中等部サッカー部にて恐怖政治を敷いていた。
弱肉強食を体現する勝つ為には本当になんでもやる男で、超人的なパワーを誇るストライカー。甘党。
Jrユース大会でも新必殺技のネオタイガーショットを引っさげ大暴れ中。過去のちょっとした事故のせいで無自覚のM。

☆岬 太郎(11)

3年前父について渡仏した翼のパートナーのMFで、翼とほぼ同等の力量を持っている。
一見誰からも好かれるタイプだが、その中身は天使の笑顔を振りまく希代の詐欺師で守銭奴。
行動原理は常に打算に基づいているが他者にも利益を齎す為、今の所彼の本性に気付いた者は居ない。
将来的には日本サッカーの乗っ取る事を画策しているらしい?
エースやキャプテンにはならず、影の実力者として他者に影響していくのが理想な為
直接的なゴールやアシストで派手に活躍する事は少なく、縁の下の力持ち的な選手としてプレイしている。

☆松山 光(12)

ふらの中のキャプテン。独特のネーミングセンスを持つ道産子。
翼に好意的だが森崎を嫌っている訳ではない。執念深く粘着質で、一度受けた恨みは絶対に忘れない。
それ以外は正々堂々とした誠実な男だが、単純で騙されやすいタイプでもある。
攻守共に万能なMFなので使い勝手は良く、大事な場面で良い働きをしてくれる。

☆三杉 淳(24)

武蔵中のキャプテンでMF。類稀なるサッカーセンスと技術を要し、実力は翼と互角以上と見られているが
持病の心臓病のせいでフル出場はできない。Jrユースにはコーチ兼選手として参加。
ヒューガー(株)のせいで実家が金持ちから一般人並に転落したので日向を恨んでいる。
何かと下剤を盛られる運の無い男だが女の子を言葉責めするのが趣味のSでもある。
対西ドイツ戦では自ら志願しトップ下でスタメン出場しており、1ゴール1アシストと大活躍の後交代。

☆次籐 洋(5)

比良戸中のキャプテン。凄まじいパワーを誇る巨漢スイーパーで、攻撃参加もする…が、
国際レベルではそのスピードとテクニックの欠如、パワーに頼り過ぎな面が問題点として露になってしまう。
標準語が話せないと言うコンプレックスがあり、それを指摘されると怒り狂う。
若島津と互角に戦える程のストリートファイターで、日向に勝った森崎の事を気に入っている。
顔に似合わず策士。南葛マネージャーの西本ゆかりの従兄弟。

☆佐野 満(16)

比良戸中の二年生。ポジションはFW。小柄だがテクニックとスピードに優れる。
口癖は「そうですね」。日向に人質に取られた事があるので日向が嫌い。
全日本Jrユースでは当初レギュラーになりそうだったが、
他のFW達が成長した中彼だけ伸び悩んでしまったのでロクに出番が来なくなった。

☆早田 誠(7)

東一中のDF。通称カミソリファイター。 カミソリシュートが得意で、
守備力も高いが国際レベルでは攻撃参加は失敗しやすい。漫才をする時だけ関西弁になる。
森崎とは漫才と試合を通じて魂の兄弟となった。反町ともウマが合う様である。
ヨーロッパ遠征に来てから一番コンスタントに活躍しているDFであり、
その活躍ぶりはシュナイダーすら警戒する程である。
かなりのグルメで関東の料理も積極的に口にしたり、合宿中手料理を振舞ったりする。
突っ込み用の「かみそりちょっぷ」もあるよ。

☆立花政夫(2)・和夫(3)

秋田が誇る空中サッカーとコンビプレイの天才双子。極端に興奮すると猿言語で話す。好物はバナナ。
味方を平然と犠牲にする森崎の事を恐れており、森崎をキャプテンにしたくない為翼派になった。
二人揃わないと役に立たない為か全日本Jrユースでは
スタメンに今一歩及ばないが、途中交代で出された時は良い働きをする。

☆沢田タケシ(15)

東邦学園の一年生ゲームメイカー。日向の良きパートナーであり、強い者に巻かれるタイプ。
全国中学サッカー大会ではアシスト王になった優れたMF。
しかし国際レベルだとその高さとパワーの無さが守備面で目に見えて響いてくる為出番を失いつつある。
日向を倒した森崎が怖い。

☆若島津 健(21)

東邦学園のカラテGK。体の30%が機械で出来ているサイボーグ。
”力”を体現する日向に付き従っており、森崎が日向を倒してもまだ忠実である模様。
森崎に日本一のGKの座を奪われてしまい、ポジションのコンバートを試みた。
その甲斐あって西ドイツ戦でようやくDFとして起用され、マーガスのポストプレイを無力化する事に成功している。

☆反町一樹(19)

東邦学園のFW。日向に反抗を試みたが、命の危険を感じ服従を誓うハメになった哀れな男。
全国大会では翼と同点で得点王に輝いた。日向と戦い勝った南葛の面々を尊敬している。早田と仲が良い。
全日本JrユースではFWとして2、3番手と評価されるのだが器用貧乏なタイプな為あまり使ってもらえない。
イタリア戦では先発を果たした…のは良いが、殆ど活躍できなかった。

☆新田 瞬(18)

大友中の点取り屋…らしい。中里がJrユースを辞退したのでお鉢が回ってきた。
かつて森崎から(単独で)1度ゴールを奪った事があるが
森崎には中山のパスあってこその失点だったと思われているので完全に下に見られている。
FWの競争率が尋常じゃない程高い全日本Jrユースではロクに出番が貰えず、
やっと出られたフランス戦でもほとんど活躍できずに交代させられてしまった。
山森とは南葛SC時代からの付き合いで仲が良い。

☆井沢 守(8)

南葛のイケメンMFで女子生徒にファンが多い。高いボールの競り合いに強く、
バナナシュートやオーバーヘッドも使えるが、一番の武器は滝と来生とのコンビネーション。
翼を嫉妬し嫌っており、更に山森の才能に劣等感を抱いている嫉妬深い男。
一方でそのマイナスの感情をバネに出来る努力家でもあり、フランス戦ではフル出場して中々の活躍を見せた。

☆滝 一(17)

ライン際の男。出っ歯の鬼太郎。右サイドアタックからのセンタリングに定評があり、
フランス戦では存分にウィングとしての力量を見せつけ2アシストと言う結果を残した侮れない男。
父親の事業を助けてもらった恩で森崎を信頼しているが若林を裏切る事も出来ない模様。

☆来生哲兵(20)

笑いの神の申し子。南葛の点取り屋。修哲トリオ中一番使えない奴から一番凄い奴に華麗なる転身を遂げた男。
ドリブルで敵を抜けば抜く程全能力に+修正がつくスキル「ニュータイプ」の持ち主。
修哲トリオの中では一番総合力が高く、全日本NO.2FWと言っても良いが人望、知性共に難あり。
キャプテン就任を狙っている無謀な野心家。KY能力は天下一品。
準レギュラークラスの選手でスタメンとベンチを行ったり来たりしており、
西ドイツ戦では三杉に代わって途中出場している。

☆高杉真吾(6)

南葛のスイーパー。ドカベン顔。一応全国的に優秀なDFではあるのだが、次籐には大きく劣る。
策略家を自負するが、名案を出せた例は無い。若林の為に翼派閥になったりと若林への忠誠が厚い男だが、
肝心の若林と翼が勢力争いで森崎に負け続けているので本人もやれる事が無い。
DFは数が少ないので時々出番があるが、活躍は皆無に等しい。

☆石崎 了(14)

南葛のDF。翼大好きっ子。一部では翼との禁断の関係を疑われているサル。
翼の親友なので森崎とは敵対関係にある。一応全国有数のDFではあるのだが、Jrユースではほとんど出番無し。
よく高杉とつるんでいるが、お互いに自分より活躍して欲しくない為内心では不仲。

☆中里正人(4)

書き間違えから自己紹介欄に名前を二回書かれてしまったことにより、分身キャラ→忍者キャラとなってしまった。
趣味は風呂覗き。実力はかなりあり、忍の能力を活かしたプレイスタイルを持つ俊足DF。
当初は忍者修行に専念する為にJrユース入りを父親に辞退させられたが森崎の介入で遅れて合流できた。
その後すっかりスタメンDFとして定着し、攻守共に中々の存在感を出している。
実家はバッドエンドが多発する伏魔殿ナリよ。
どうでも良い話としてピエールのシャワーシーンを誤って覗い(てしまっ)た事がある。

☆山森正吾(13)

南葛の2年生MF。ポジションはMF。オリキャラではなく、原作にもちゃんと登場している。
全国大会の途中から南葛に欠かせない選手となり、Jrユースでもレギュラー食い込んだ。
ヘルナンデスからゴールを奪った事もある、加速度的に才能を開花させている恐るべきラッキーボーイ。
豊富な運動量と精度の高いパスが持ち味で、なんとローリングオーバーヘッドまで使える。
性格はいたって素直な後輩で、女性ストーカーがつくほどの美少年(笑)。


【世界のライバル達】

(この世界では日本語が世界共通語です。フルネームが存在しないキャラは適当に名付けています)

☆カール・ハインツ・シュナイダー

「皇帝」の異名を持つ西ドイツJrユースのストライカー。もちろん西ドイツJrユースのキャプテン。
その世代ではヨーロッパNo.1の選手とまで言われており、攻守共に超一流の能力と必殺技を兼ね揃え反則級に強い。
若林のハンブルグでのチームメイトだったが、若林を軽蔑している。更に森崎の実力をある程度認めており、
ライバルとして期待している。知る人ぞ知る病的なシスコン。現在10得点で大会得点王ランキングの独走1位。

☆ヘルマン・カルツ

「ワザ師」と呼ばれる西ドイツJrユースのMF。とても15歳には見えない顔つきで、
何故かドイツ人なのに常に楊枝を咥えている。若林のハンブルグでのチームメイトだが、若林を軽蔑している。
ハリネズミドリブルによる突破力は相当な物。更に楊枝を吐き出して本気を出すととても厄介な存在となる。
飄々とした掴み所の無い性格で”曲者”と言う表現がピッタリ。

☆フランツ・シェスター

「精密機械」と呼ばれる西ドイツJrユースのMF。
女性ファンが多い美少年だが、ニンジャマニアと言う変な一面も持つ。
中里に対して尋常じゃない程の興味があり、段々西ドイツJrユース内でギャグ担当になりつつある気配が…
ゲームメイカーとしての実力は確かであり、攻守共にハイレベルでこなしてくるが得点力は無い。

☆マンフレート・マーガス

「核弾頭」などと言う物騒なあだ名を持つ西ドイツJrユースの長身FW。
シェスターと共にブレーメンJrチームに所属。シェスターと違ってニンジャマニアではない。
長身を活かしたポストプレイとヘディングシュートは脅威。
またポストプレイだけでなく普通のパスも得意で、シュナイダーにとって前線に置ける重要なサポート役である。

☆デューター・ミューラー

「鋼鉄の巨人」の異名で呼ばれる西ドイツJrユースのゴールキーパー。
15歳とは思えない2m近くの巨体だが森崎をも驚愕させるスピードを持っている。
普段は山に篭っているので迂闊に街に連れていくと非常識な問題を起こしてしまう。
実力は素晴らしいのだが、彼の師匠によると精神面ではまだ未熟らしい。

☆エル・シド・ピエール

フランスJrユースのMFでキャプテン。貴族出身のお坊ちゃんで、凄まじく金持ち。
攻守共に非常に優れたMFだが、岬に金を毟り取られても中里に風呂を覗かれても
ナポレオンが公共良俗に反する問題発言をしても気付かない、
奇人変人悪人だらけのこのスレでは違和感バリバリの聖人君子。
ナポレオンとのコンビネーションは脅威。

☆ルイ・ナポレオン

フランスJrユースのストライカー。
必殺のキャノンシュートでゴールを量産する実力者だが血の気が多すぎる上とても下品な問題児。
本人曰く「25cmキャノン」を持っているらしい。敗退時点で6得点で大会得点王ランキングの2位タイ。

☆アラン・ボッシ

フランスJrユースのFW。
ナポレオンに対抗して編み出した「サーブルノワール」と言う必殺シュートを持つが、
”暗黒の剣”と言う大げさな意味の名前の割に威力は大した事が無く、結局殆ど活躍は無かった。

☆ドミニク・アモロ

アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!
アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!たすけてピエール!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!
アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!アモロ!

☆ファン・ディアス

アルゼンチンのMFでキャプテン。マラドーナの再来と呼ばれる程の自他共に認める天才プレイヤーであり、
神業的な個人技と他者の想像を絶する閃きを併せ持つファンタジスタ。
天下一品のドリブル能力、ミラクルドライブを含む数多くの必殺シュート、
翼を一発退場に追い込んだ演技能力などで全日本Jrユースを大いに苦しめたが最後は打つ手が無くなり敗北。
敗退した時点で6得点で大会得点王ランキングの2位タイ。

☆アラン・パスカル

アルゼンチンJrユースのFW。
ディアスのパートナーであり、ディアスと共にゴールデンコンビと呼ばれる実力者…なのだが、
ディアスのトップスピードにはついていけない為ディアスが疲れてしまった後は何も出来なかった。

☆ガブリエル・ガルバン

アルゼンチンのスイーパー。
巨漢だがパワー馬鹿ではなく高い守備力を持っており、アルゼンチンの守りの要。
岬のジャンピングボレーや日向のドリブルを止めるなど奮闘したが、彼一人で日本の猛攻を阻むのは無理だった。

☆ファブリシオ・ガルトーニ

アルゼンチンのGK。飛び出しが得意だが逆に言えばそれだけ。

☆ジノ・ヘルナンデス

イタリアJrユースのGK。非常に高い守備力を持つ通称”パーフェクトゴールキーパー”。
主力選手が相次いで抜けて攻撃力不足のイタリアJrユースを懸命に統率していたが、
結局日本とアルゼンチンに合計7点も奪われ屈辱の中で再起を誓った。
スポーツマンシップに優れた人格者だが女好きで10歳前後の少女を
本気でナンパする危険人物でもある。ロリ・コンナンデスとか言ってはいけない。

☆サルバトーレ・ジェンティーレ

元イタリアJrユースの主力選手。
脚を負傷して松葉杖をついており、どうもその原因はストラットにある模様。
イタリアに恥をかかせた日本とアルゼンチンを恨む。

☆チェザーレ・ストラット

元イタリアJrユースの主力選手。
ジェンティーレから相当に恨まれており元気が無い。

☆ダヴィデ・ランピオン

元イタリアJrユースの主力選手。腕を負傷している。

☆マルク・アルシオン

森崎と同年代の美少年?イタリアJrユースの関係者らしいが…

☆ラモン・ビクトリーノ

ウルグアイのFW。スピードに優れたストライカーだったが、
ミューラーに絶好のチャンスをあっさり阻まれそのまま大会から姿を消してしまった。
敗退した時点で5得点で大会得点王ランキングの4位。


【その他の選手】

☆岩見兼一

怪しげな研究をしている医師の息子。全国大会で一躍有名になる事を目論ろみ、
翼と森崎を両方とも利用し見事Jrユース選抜に食い込んだある意味凄い男。
ただし、Jrユースでは実力不足な為最終選抜で落とされた。

☆長野 洋

森崎に厚い忠誠を捧げる長身FW。全国大会では1ゴール4アシストと
素晴らしい活躍をして無名の存在から一気に全国1のポストプレイヤーに変身した。
しかしJrユースではFW枠の競争率が高すぎて最終選抜で落とされた。

☆中山政男

森崎の旧友。大友中在学。好物はわさビーフ。(このスレ内では)小学生編で影の主人公と言っても
過言ではないくらい攻守に渡って活躍した選手だったが、選手生命を脅かされる程の怪我を負い
見事復活した中学生編でも不幸な偶然でサッカーの出来ない体になってしまった。彼が再びフィールドに立てる日は…

☆浦辺反次

大友中のFW。豆腐屋の息子。額に傷のある男。宇宙人に拉致られたりアリクイと仲良くなったり
謎の生物に寄生されたりといろいろあったが、結局全国大会には出られなかった。
得意技は、アルマジロドリブル、ブラックカイト(油揚げショット)。

☆岸田 猛

大友中のDF。独特な髪型にこだわりを見せる。通称・フカヒレ。
大友中では1年からレギュラー出場しており、そこそこの成長はしている模様。
得意技はフカヒレタックル、フカヒレヘッド。県大会決勝ではあまり見せ場が無かった。

☆西尾浩司

大友中のDF。中学は心酔する翼と同じ南葛中に進学したかったが家庭の事情(貧乏)で、大友中へ。
誰かに金で動かされ何かと南葛へ対する裏工作を行っていた。
県大会決勝では彼の雇ったスナイパーの失策によりチームメイト・中山の選手生命を奪うこととなった。

☆小田 強

元南葛中DF。寿司屋の息子であり、東邦戦を最後にサッカーをやめた。

☆骨川

オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。ベンチから飛ばす汚い野次だけは定評のある資産家の息子。
森崎の腰巾着。サッカー選手としての才能は無きに等しいが、その情報収集能力と小細工の腕は評価に値する。
怪しいブツを取り扱う知り合いが幼馴染に居るらしい。

☆大川 学

翼や石崎とは南葛小時代からの付き合いの、南葛中サッカー部員3年生。
スコアキーパーや偵察員として働いているが、実力は小田にすら劣る始末。
試合に出る事はなく、それどころかセリフも滅多に無かった。

☆小暮

オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。変なシャツを集める事が趣味の眼鏡くん。
MFとしての能力は岩見以下、DFとしての能力は小田以下。まあ2年生だしね。
ゴリラみたいな長身の友人が居るらしい。

☆山田

オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。畳屋の息子で巨漢。
シュート、ブロック、競り合いには強いがそれ以外は苦手と言うなんとも使いにくいタイプ。
花輪戦で途中出場したが、結局一回もボールに触れる事は無かった。

☆剛田

オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。八百屋の息子で骨川の幼馴染。
南葛の第2GKだが、森崎には大きく劣る為出番が回ってこなかった。

☆新井

非オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。もちすぎ。

☆市村

非オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。チェックが甘い。

☆白戸

非オリキャラ。南葛中サッカー部員2年生。ロングキックは腰を入れるべし。

☆松本和人

非オリキャラ。南葛中サッカー部員1年生。FW希望。

☆沢木 昇

明和東の元・サッカー少年。日向率いる東邦に挑んだ。その後、彼の姿がフィールドで見られる事は無かった…

☆中西太一

元・難波FCのGK。肥満児。謎スーツの力を借りて活躍し 松山と日向をダブルKOした事もある。
(この件で松山からは怨まれている)現在はサッカーを離れ、相撲部員として活躍中。うどんが好き。

☆池上先輩

森崎が南葛中入学時に3年生レギュラーだった人。オフェンスに定評がある。現在は高校選抜にも選ばれている。


【選手以外の登場人物】

☆ロベルト本郷

翼のサッカーの師匠にしてかなり謎の多い人物&トラブルメーカー&露出狂。
ドン・ロバートと言う二つ名も持っているらしい。かつて森崎のマグレ兼事故によって凡庸のツボを押され、
その影響で元セレソンと言う立場にも関わらず指導者として中々出世出来ないでいる。
現在はJrユース大会を観戦しており、ディアスによって退場に追い込まれた翼を激励?した。

☆吉良耕三

サッカー指導者A級ライセンス保持者ののんだくれ。沖縄で日向を減量させ、
ついでにスポンサーの約束も取り付けたは良いが、日向がサッパリ金を送ってこないので
東京に乗り込み入院した北詰監督の代わりに東邦学園中等部に就任してしまった。
2007年3月20日に某漫画家の事務所から現金50万を盗んだのかもしれない。

☆片桐宗正

日本サッカー協会の強化本部部長。かつては日本代表のストライカーだったらしい。
グラサンとシガレットチョコがトレードマーク。頭が良いのか悪いのかはっきりしない人。

☆見上辰夫

全日本Jrユースの監督。元若林の専属コーチであり、若林の贔屓疑惑をかけられていたが
実際は若林財閥をスポンサーにつける事が目的だっただけで若林自身には特に思い入れが無かった模様。
ある意味では公平な監督?かつては日本代表のゴールキーパーだったらしい。よく片桐と悪巧みをしている。

☆バウミール・ルーカス

オリキャラ。ブラジルの名門サッカークラブ・パルメイラスのスカウトである白人の中年男性。
ナイスミドルだが服のセンスは悪い。なにやら森崎に興味がある模様。

☆ディエゴ・バルバス

アルゼンチンJrユースの監督をしているロベルトの旧友。
試合前にクロスアウトし黒ビキニパンツとネクタイだけの格好になり、
それを紳士の装いだと抗弁するイカれた人。やはり類は友を呼ぶと言う事か。
ロベルトと違い指導者として順調に出世している。
ちなみにこのスレでは翼はディアスにボロクソにやられたので、翼をスカウトする気は無い。

☆ジョアン

アルシオンと共に試合観戦していた初老の男。イタリアの関係者らしい?

☆北詰 誠

東邦学園中等部・サッカー部の監督。日向に部を乗っ取られても教え子の為に監督を続けていたが、
明和東戦で日向が好き放題にやってしまった為胃潰瘍になって入院してしまった。

☆古尾谷 猛

南葛中サッカー部の監督。森崎をかなり信頼しており、
大抵の事はホイホイと言う事を聞いてしまう為翼や石崎の反感を買っている。

☆中沢早苗

南葛中サッカー部のマネージャー。翼と恋仲…なのかは分からない。森崎に対しては特に何とも思っていない模様。

☆杉本久美

南葛中サッカー部の1年生マネージャー。翼の事が好きで、森崎を失脚させようと企んでいた。

☆西本ゆかり

南葛中サッカー部のマネージャー。次籐の従姉妹。

☆青葉弥生

武蔵中サッカー部のマネージャー。三杉の掌の上で転がされている哀れな子猫。
彼女には悲惨?な運命が待っているかもしれない。

☆藤沢美子

彼女が作った鉢巻を松山が包帯代わりに森崎にあげてしまった為、
松山にその想いを気付かれる事無くアメリカへ旅立った悲劇のヒロイン。
ちなみに松山はこの軽率な行動のせいでふらの中の女子生徒から絶賛総スカン中。

☆早川あずみ

岬のフランスでの同級生にして金儲けのパートナー。強気で男勝りな性格。

☆中里の親父

一見サラリーマン風のおっさんだが凄腕の上忍。森崎の力を認め中里がサッカーを続ける事を許してくれた。

☆中里真弓

外見年齢を自由自在に操るくのいち。男好きで森崎を誘惑しようとしたが逃げられた。

☆マリー・シュナイダー

怪しいおにいさんについていっちゃ駄目ですよ。おねいさんとの約束です。

☆塩田琴音(おねいさん)

念写や占いなどが出来る山森のストーカー。その正体は2だとか2の妹だとか言われています(爆)
山森の情報を買う為に森崎に協力している。サッカーが好きと言う訳では無い様である。
現在は西ドイツJrユースと戦う全日本Jrユース(主に山森)を馬鹿デカい応援旗を振り回しつつ応援中。

☆岩見医師

オリキャラ。岩見兼一(南葛MF)の父。医者。怪しげな薬を開発する研究者でもある。