※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋愛禁止上等!センター上等!



表舞台、裏舞台、「そこまでやるか」と常時メンバーを撮影しつづけるカメラ。今まさに公開中の映画
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』は、
AKB48の栄枯盛衰を一点の曇りもなく描いた、生々しい作品だった。作中のテーマとなるセンター論、
恋愛禁止条例について、篠田麻里子、高橋みなみ、渡辺麻友は何を思うのか。
3名の考える、今のAKB48の存在とは。(聞き手=吉田豪)

※まゆゆのセンター論の部分について抜粋

吉田:そもそも自分がアイドルが憧れたアイドルの世界って、ここまで過酷なものだと思ってなかったですよね。

渡辺:そうですね。最初はただ憧れだけで入りましたけど、入っていろいろ活動していくにつれて、
   つらいこととか大変なこともすごいあって。でも、それを乗り越えなければ次にいけないので、
   それはみんな覚悟していると思います。

吉田:今回の映画はセンターの苦悩みたいなものがテーマになってますけど、
   センターじゃなくても苦悩してますよね。渡辺さんの場合はどういう苦悩がありますか?

渡辺:やっぱり前田さんが去年卒業されて、AKBの顔だったわけですから、次のAKBはどうなるのかって言われて、
   次世代の若いメンバーがさらに頑張らくちゃいけないし、私も次世代側に入っているので、
   次世代としていままでのAKBよりさらに上にいかなくちゃっていう思いはありますね、
   やっぱり。そうやって、上り詰めると、さらに大変になっていくんじゃないかと思います。

吉田:渡辺さんが思うセンターの条件っていうのはどういうことだと思います?
   ある雑誌で同じ質問をぱるる(島崎遙香)がされてて、答えが衝撃だったんですよ。
   「かわいければそれだけでいいんです。あとはふつうでいい」って発言で(笑)。

渡辺:ああ、それ言ってましたね(笑)。ふふふ、たしかにかわいいってことも大事だと思いますけど、
   やっぱり真ん中にいるからには、ひときわ輝いているというか。大人数でパッと見たときに、
   その子だけが輝きを放っていて、誰もが認めるような存在がセンターなんじゃないかって。

(中略)

吉田:渡辺さんは、センターに立つと大変なことになると覚悟をした上でそこを目指すわけですよね。

渡辺:はい。すごく大変なことだと思うんですけ、去年、総選挙で二位になって、
   それまでセンターへの思いはそこまで強いものではなかったんですけど、前田さんが卒業されて、
   ここまで来たらいちばん上に行きたいなって思いが芽生えて、そこから意識するようになりました。

吉田:いまのレベルじゃない叩かれ方をされる覚悟はできてます?

渡辺:そうですね。………自分を信じてやれば大丈夫だと思います。

篠田:麻友は大丈夫だと思います。AKBに入ったときから「自分はセンターだ」っていうぐらいの強さがあったし、
   先輩たちにも動じない部分があったので。

高橋:この子は芯が強いんで。すごく強いし、責任感もあるし。
   めったらこったら弱音は全然言わないっていうのは見ていて気持ちがいいし、
   私たちも応援したいなって思うので。そこに立っててもすごく安心するし、頑張れって思うんですね。
   去年の『レコード大賞』のとき麻友があっちゃんの代わりにセンターで歌ったんですけど、
   すごい感動してて感極ってる姿を見て、やっぱり彼女なりにすごい苦労もしてたし
   プレッシャーもあったっていうのはみんな黙っていたけど気づいてはいたから、
   あの涙を見て、麻友もキツいときあるよねって思ってちょっと安心しました、人間らしさを垣間見て。

吉田:マユユロイドじゃない、と。どうもありがとうございました。
添付ファイル