EHI-09 LIDIER(ライジャー)

全長:20.2m 全高:6.7m 全巾:5.8m 重量:40t 最高速度:320km/h

武装:
胸部:連射キャノン(ブラスター砲・マシンガン・レーザーガン等)
腰部:3連電粒子砲
背部:ビーム砲
尾部:ビーム砲

牙部:レーザーサーベル

ボディ前部:ジェットプロテクター
尾部先端:エルロン



正面
正面から見ると、意外とライオンっぽい顔・・・


側面


ジェットプロテクターをスライド 1


ジェットプロテクターをスライド 2


安全対策のためであろうが牙の形状が気になる…



(以下、同梱冊子裏面の「発売当時のパッケージ裏再現」での説明文)
帝国軍デスザウラー大隊の中で最新メカとして配備さ
れたライジャー(ライオン型)は、帝国軍戦闘機械獣と
しては、最速を誇る新鋭メカである。ボディは、空気
抵抗を最大限に減少させるため、流線型をしている。
最高スピードは、時速320km/hでそのスピードを武
   器として、あらゆる作戦行動に配属される。



(以下、同梱冊子内での説明文)
 ゼネバス帝国軍上層部は高速戦闘ゾイド「ヘルキャット」の後継となる超高
速戦闘ゾイドをケネス・オルドヴァイン博士の下、開発をスタートさせた。
 要求された巡行/戦闘速度双方の高速化に当たりジェットプロテクターを
採用。機体サイズを中型に保ったままで高出力ジェネレーターの搭載を可能
とし、平地での最高速度は帝国軍中型ゾイド最速の320キロをマークした。
武装面では、腹部に数種の大火力砲を組合わせた「連射キャノン」、腰上部に
は自動照準を備えた「3連電粒子砲」、使途によってマウントポジション変更可
能な連射機能を持つ「ビーム砲」、格闘用として「レーザーサーベル(牙)」を装
備する等、充実した装備で大型ゾイドに匹敵する火力を実現した。高性能化と
の両立が懸念された生産性は、冷却システムとボディが一体化したことで大
幅に部品数を削減することに成功し高い生産性も獲得した。
 諸要求を満たし、ZAC2048年9月に承認。同年10月には共和国軍ゾイド
「マッドサンダー」迎撃のため緊急編成されたデスザウラー大隊への編入が
決まり12月初旬から配備され、同大隊の支援中型ゾイドとして活躍した。



 銀、黒、赤というゼネバス帝国を象徴するカラーリングを持ち、
 同時にゼネバス帝国最後の量産ゾイドであるライジャー。
 プレイステーション用ゾイドゲームで隠し機体として登場したこともあり、
 復刻を待っていたファンも居るだろう。


 キットはゼンマイ駆動で口を開閉しながら歩行する。
 手動可能箇所はコックピットハッチの開閉、ジェットプロテクターのスライド
 一部武装の上下または左右への可動がある。
 尻尾は固定式。