ガンダムサンドロック改(EW)

XXXG-01SR2 ガンダムサンドロック改(EW)

特徴

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
42400 725 M 16350 160 29 32 27 7 A - A - B

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
バルカン砲 1500 8 0 1~2 連射 100 25
ヒートショーテル 4800 22 0 1~3 格闘 85 5

アビリティ

名前 効果 備考
支援防御可能 支援防御可能

開発元

開発先

備考

  • 登場作品『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
  • カトル・ラバーバ・ウィナーのEWにおける搭乗機。ガンダムサンドロック改のEW版。
    物語上はガンダムサンドロック改と同一機体とされているが、機体スペックを比較すると、HP+540・EN+10・地上適性B→Aと強化されている。
  • ヒートショーテルは威力UPとともに射程も広くなっているものの、他の武装がバルカン砲しかないので使いづらさが目立つ。
    さらにガンダムサンドロック改からビームサブマシンガンとホーミングミサイルがなくなり、4マス目以遠の敵ユニットには手も足も出なくなってしまった。
    • 主兵装であるヒートショーテルは通常格闘なので強化しづらく、さらに格闘系ではないため近距離戦闘適応も発動しないという不遇っぷり。
    • 対実体系アビリティを持つユニットにはとことん弱いため、どうしても気になるならパイロットに一点突破を習得させよう。
  • 設定上存在しているはずのシールド・ビームマシンガンとクロスクラッシャーはどちらも劇中で未使用のためか実装されていない。
  • 原作でサンドロック系は「装甲強度において5機中最高の防御力を誇る」とされているために防御寄りのスペックとなっている。
    だが、EW版になって追加された対ビームコーティングマントがなく、本来あるはずのシールドも持っていないため、なかなか敵陣に突っ込ませづらいのが難点。