刻苦

効果

習得Lv:10

Lv 必要ポイント 効果詳細
1 100 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+10%
2 70 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+15%
3 70 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+20%
4 80 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+25%
5 80 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+30%
6 90 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+35%
7 90 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+40%
8 100 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+45%
9 100 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+50%
MAX 100 格闘・射撃・反応・守備・覚醒が-10
消費EN+10%増加
ユニット・キャラクター獲得経験値とスコア+60%
880

備考

  • 多数のペナルティを背負うことで人機ともに成長を早めるアビリティ。パワーアンクルとか大リーグ養成ギプス、某廃人級育成ゲームの「きょうせいギプス」みたいなもの。
    • 主人公・ライバル・ボス級の面々は基礎能力が高くペナルティ込みでも人並み以上の戦力を保持しやすいため、高Lv帯の有用なアビリティが修得可能になるまで真面目とセットで修得しておくのも手。
  • エリートと併用することで大幅にユニットの開発速度が早まるが、道場ではない実戦での運用は当然困難になる。
    • 60%だけで十分と見るなら教導という手もある。無論、重ねれば成長はより加速する。
    • シャングリラ魂があれば消費Eを含めてかなり打ち消せる。の
  • いずれにせよ、消費E10%増加が地味に響く。エネルギータンク系のOPで相殺するか、バルカンでの支援参加によるおこぼれ狙いなど、カバーする手段を考えておこう。
  • 覚醒値が0のキャラクターに付けると、なぜか覚醒値を持っているかのように覚醒武器の射程が広がる。これによりノーマルのまま覚醒値を上げたくないがファンネル等は使わせたいなどという微妙な運用もできる。
    • そういう場合はオプションパーツのバイオ・コンピューターとセットで運用するといい。覚醒以外の下がった能力もそのままになるためである。