Hi-vガンダム

RX-93-v-2 Hi-vガンダム


性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
62000 900 L 16200 154 32 32 32 7 B - B - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3800 16 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
ビームライフル 3800 16 0 2~4 BEAM射撃 85% 5%
ニューハイパーバズーカ 4700 24 0 3~5 射撃 75% 5%
フィンファンネル 4000 20 20 2~4 覚醒 50% 5% 水中×
ハイパーメガビームランチャー 6500 45 0 MAP MAP 100% 0% 水中×

アビリティ

名前 効果 備考
シールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを
40%軽減。
サイコフレーム 覚醒値+15。
フィン・ファンネルバリア 「特殊防御」コマンド使用可能。
貫通BEAMを除く
BEAM射撃系の攻撃を無効化。
覚醒・貫通BEAMの攻撃を半減。
(特殊覚醒を除く)
効果発動時にENを10消費。
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。

開発元

開発元
5 vガンダム 4 vガンダムHWS

設計元

設計元A 設計元B
設計不可

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 量産型vガンダム 3 vガンダム 4 ユニコーンガンダム 4 Ξガンダム

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 分類『その他
  • vガンダムの純粋強化型。バルカンがない事を除けば同じ感覚で使っていける。 代わりの腕部マシンガンはどうした
  • 今回パージによってHWSの運用の幅が大きく広がったのに対してこちらはそのまま。やはりファンネルバリアが特殊防御になってしまったのが痛い。
  • 必要経験値はHWSの725に対して900である。フルアーマーシステムやパージまでできるHWSとは燃費や防御の面で格段の差ができてしまっている。
  • 一応、大威力の実弾武器を持っているためビームまみれなHWSとは差別化はできているがパージしたらあっちも使える。通常兵器版のハイパーメガビームランチャーがあれば…
    • 本来の名称はハイパーメガバズーカランチャー。本機が公式化された時のプラモに付属されていなかったためか登場作品ごとにデザインが異なる。通常兵器版が無いのはそのせい?
  • 何気に基本スペックが下方修正喰らいっぱなし。Ξより高かった時期が長かったのに今や下。アニメは魂のものを延々使い回しだしいったいなにがどうなったのか。
    • 強化版vというイメージを修正して原点回帰(元々ただのvガンダム小説版)を狙っているのかもしれない。わざわざ公式で強化v認定までして別機体にしたんだからまず無いとは思う…が、近年の他ゲームでの扱いを見るとそういう流れがある事は否定しきれない。
    • 小説版Hi-νガンダムはサイコフレームの無い初期型νガンダムに鹵獲したサイコ・ドーガから切り取ったサイコフレームをコクピット周りに張り付けただけだったりする。
  • もちろん弱くはない。弱くはないが、悉く今回の仕様変更のとばっちりを受けている感がある。