クロスボーン・ガンダムX1スカルハート

XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1スカルハート


性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
50600 730 S 14880 154 30 29 34 7 A C A - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームザンバー 3900 18 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
スクリュー・ウェッブ 4200 20 0 1~3 特殊格闘 75% 5%
シザーアンカー 3900 22 0 2~5 BEAM格闘 75% 5%
ピーコックスマッシャー 4500 22 0 3~6 BEAM拡散 90% 10%

アビリティ

名前 効果 備考
ビームシールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを
40%軽減。
貫通BEAMを除く、
BEAM射撃系の攻撃を半減。
BEAM格闘属性の攻撃を半減。
A.B.C.マント装備 「特殊防御」コマンド使用可能。
貫通BEAMを除く、
BEAM射撃系の攻撃を無効化。
貫通BEAMの攻撃を半減。
BEAM格闘属性の攻撃を半減。
効果発動時にENを10消費。
発動時・EN10消費
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。

開発元

開発元
4 クロスボーン・ガンダムX1改

設計元

設計元A 設計元B
設計不可

開発先

開発先A 開発先B 開発先C
2 フリント 3 クロスボーン・ガンダムX1 4 クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
  • 正式名称はクロスボーン・ガンダムX1改・改というX1改の改修機だが、胸のドクロに「スカルハート」の通称がついた。
    • パッチワークの部品がほぼX3で構成されるためか、開発はX1改からのみとなっている。
  • ほかのクロスボーンガンダム同様にA.B.C.マント形態がなくなり、代わりに特殊防御化したため使い勝手が向上した。
  • X1・X1改とは違い、射撃武器がピーコックスマッシャーとなり、威力・命中性・CRT・最大射程が上昇してるが、消費ENも上り最短射程が遠くなってしまっている。
  • 格闘武装も変更が行われており、ヒートダガーがシザーアンカーに変更されている。
    • 物理属性の格闘がなくなるデメリットより、格闘の射程が5まで延長されるメリットの方が大きい。一般的な量産機相手なら射程外攻撃になることも珍しくない。
    • これ以降、フルクロスまで格闘の射程は1~5で安定する。性能的にはクロスボーン・ガンダムの本領はここからである。
    • 他機体のシザーアンカーの演出とダメージ表示のタイミングが違う。他機体はシザーアンカーで斬りつけた後すぐにダメージが表示されるのに対し、スカルハートのシザーアンカーは斬りつけた後1秒ほどのちにダメージが表示されるのでじっくりキメポーズを見ることができる。