ハイペリオンガンダム

CAT-X1/3 ハイペリオンガンダム

性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
29200 610 M 13680 132 27 25 26 6 B - B - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ロムテムニカRBWタイプ7001 3400 14 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
アルミューレ・リュミエール・ランサー 4000 18 0 1~2 BEAM格闘 85% 5%
ザスタバ・スティグマト 3200 14 0 2~4 BEAM連射 90% 5%
フォルファントリー 5000 24 0 3~5 貫通BEAM 75% 5%

アビリティ

名前 効果 備考
アルミューレ・リュミエール 「特殊防御」コマンド使用可能。
貫通BEAMと特殊射撃を除く
射撃系武装全無効化。
貫通BEAMの攻撃を70%軽減。
効果発動時にENを10消費。
発動時EN10消費
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。

開発元

設計元

設計元A 設計元B
設計不可

開発先

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
捕獲不可

備考

  • 登場作品『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY
  • カナード・パルスが搭乗したハイペリオンシリーズの試作1号機で、最大の特徴はほとんどの射撃系武装を防ぐことができるアルミューレ・リュミエール。
    ユニット性能はGAT-Xシリーズとそう大差なく、空中適性もないので使いづらさは否めないが、高い防御力を生かせば十分に活躍できる素質はある機体である。
    • 効果発動時にEN-10なので使いすぎには注意が必要だが、ニュートロンジャマーキャンセラーを後付けすればその心配もなくなる。
      • アルミューレ・リュミエールが格段に使いやすくなるだけでなく、劇中で活躍したスーパーハイペリオンの擬似的な再現にもなるのでぜひ。
  • 武装はBEAM系武装のみと極端に偏っているものの、BEAM系武装威力UPのオプションパーツでまとめて強化することができる。
    • 対BEAM系アビリティを持つ敵ユニットには苦戦を強いられるが、貫通BEAMを上手く活用したり、パイロットに一点突破を習得させたりして対処可能。
  • フォルファントリーは射程3~5と少々使いづらさが目立つため、気になる場合はスナイパーエースなどで最大射程を広げておこう。
    • 原作の搭乗者であるカナードは傭兵を習得することができ、マスタースキルで初期からテンションUPを持っているので2種類のBEAM格闘と相性がいい。
  • 開発先はアストレイ系またはスターゲイザーの2ルートがあり、それぞれで到達するユニットに大きな違いが出てくるので慎重に開発しよう。
    • アストレイ系は格闘マルチロック持つレッドフレームや特殊武装が光るブルーフレーム、バランス型で空も飛べる天ミナと個性豊かな面々が揃っている。
    • スターゲイザーは地形適性と移動力に優れたユニットで、さらに開発することでカナードの怨敵の機体ではあるがストライクフリーダムに派生可能。