ガンダム6号機

RX-78-6 ガンダム6号機


性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
20300 430 M 12000 116 24 22 24 7 B - B B B

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3500 14 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
60mmバルカン砲 1500 8 0 1~2 連射 100% 25%
ビームライフル 3400 14 0 2~4 BEAM射撃 85% 5%
ビームキャノン 4700 24 0 3~6 BEAM射撃 75% 5%

アビリティ

名前 効果 備考
シールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを
40%軽減。
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。
マグネットコーティング 機動力+3。
命中・回避率+3。

開発元

開発元
3 ガンダム4号機 3 ガンダム5号機 3 ガンダム7号機 4 ガンキャノンII

設計元

設計元A 設計元B
ガンダム
カラミティガンダム
ガンキャノン
量産型ガンキャノン

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 ガンダム 3 ガンダム4号機 3 ガンダム5号機 3 ガンダム7号機

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細



備考

  • 登場作品『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』、『M-MSV』、分類『ゲーム系
  • 通称マドロック。相変わらずキャノンは原作ゲームと違いBEAM説を採用。威力はあるが貫通BEAMではない。そして宇宙に出れる(媒体によっては大気圏内専用になっている)。
  • それと腕部にグレネードランチャーがないのもいつもの事。
  • そのため、メインの射撃武装がBEAMに偏っているため対ビームアビリティ持ちに戦わせる時には注意が必要。
  • 残念ながらワールド同様ガンキャノン系への開発はできなくなっている。
    • 逆にガンキャノン系からガンダム系への橋渡しと考えれば便利かもしれない。
  • 一年戦争時の連邦系では珍しい、というよりほぼ唯一ホバー移動が可能なため地上での機動性はガンダムを上回る・・・はずなのだがガンダムはおろか宇宙専用の機体より移動力は下。何かと不遇な機体である。
    • 相手の作戦もあったとはいえ旧ザクに負けたのが大きいのだろうか。

  • 設定の話
  • 詳細は+を押してください。
+『region機能』
  • 『M-MSV』における大河原邦男デザインに設定された内容は
    武装/300mmキャノン砲×2、60mmバルカン砲×2、グレネードランチャー×2、ビームサーベル×2、ビームライフル、ハイパーバズーカ、ハイパーハンマー
    以上となっている。
    • キャノン砲2門が装備された背景としては「ビームライフルが弾切れで使用不能になった際の火力低下を補う」という設計意図がある。
  • 『ジオニックフロント』では登場するガンダム試作6号機は登場ステージにより『未完成型』と『完成型』に分類され、ジャブロー防衛線で受けた損傷を修理する際に肩部のアーマーと脚部ホバーユニットが追加され、完成型となる。Gジェネでは完成型のデザインで登場している。
  • なお小説版ではビームキャノンの出力を70%(それでもジオン軍のどんなMSであっても一撃で破壊出来る威力とされる)に押さえ、パワーユニットへの負荷を抑えている。」という記述が存在する。
    • この設定があるため武装がビームキャノンとなってしまい、なぜかグレネードランチャーやハイパーバズーカ、ハイパーハンマーも実装されたことがない。
    • しかしながら、武装ごとに個別弾数が設定されず全武装共有EN制であるGジェネの仕様上、仮にビームキャノンが本来の設定通りに実体弾だったとしても、「ビームライフルが弾切れになった際の火力低下を補う」という機体本来のコンセプトの再現まではGジェネでは不可能である。