ウイングガンダムゼロ

XXXG-01W ウイングガンダムゼロ

特徴

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
58200 865 M 17940 176 32 32 30 7 A B B - B

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ビームサーベル 3900 18 0 1~1 BEAM格闘 85 5
マシンキャノン 1500 8 0 1~3 連射 100 25
バスターライフル 5500 26 0 3~5 BEAM射撃 75 5
ツインバスターライフル 6500 48 0 4~7 貫通BEAM 75 5 LOCK3
ツインバスターライフル 7000 50 0 MAP MAP 100 0

アビリティ

名前 効果 備考
シールド防御可能
ゼロシステム 覚醒・守備値+10。命中・回避率+10。パイロットの性格変更 初期から強気状態
支援防御可能 支援防御可能

開発元

開発元
4 ウイングガンダム 4 ガンダムエピオン 4 ウイングガンダム(EW) 3 ウイングガンダムゼロ(EW)
4 ガンダムアクエリアス

設計元

設計元A 設計元B
トールギス ガンダムベルフェゴール

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 ウイングガンダム 3 トールギス 4 ガンダムエピオン 4 ウイングガンダムゼロ(EW)


備考

  • 今作ではネオバード形態への変形が削除された。
  • ウイングガンダムゼロ(EW)より僅かにHP・ENで劣るが、代わりにシールド防御可能。
    • 性能差は誤差レベルだが、地形適性が劣っている。
    • MAP兵器の範囲も異なる。こちらは自機周囲を攻撃する、いわゆるローリングバスターライフル。
    • ワールドと比較すると、ENが14減ってしまったが、攻撃・防御・機動が1ずつ上昇し、水中の地形適性もBに上がっている。
  • ツインバスターライフルの演出が本編最終回を意識した派手なものに。
  • ゼロシステムの仕様がワールドから変更された。
    • 初期テンションが強気状態に。近接戦闘の不安がなくなったが、これは本機よりもガンダムエピオンの方が恩恵が大きいだろう。
    • 命中・回避率への補正が増え覚醒と守備にも補正がついたが、そのぶん攻撃・防御への補正は無くなってしまったので一長一短。とはいえ単純な能力強化系のアビリティの中ではトップクラスの効果。
    • デメリットが無くなった上に無条件で発動するため非常に使いやすい。
  • 武器性能も多弾武器廃止によりバスター×2も消去されてしまった。
  • マシンキャノンを除き、武装はBEAM一辺倒なのでビーム系の防御アビリティ持ちには注意。BEAM強化OPとの相性は最高。