クロスボーン・ガンダムX1

XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1


性能

COST EXP SIZE HP EN 水上 水中
46900 705 S 14540 144 30 28 34 7 A C A - C

武装

名前 威力 EN MP 射程 属性 命中 CRI 備考
ヒートダガー 3500 14 0 1~1 格闘 85% 5%
ビームザンバー 3900 18 0 1~1 BEAM格闘 85% 5%
グレネードランチャー 3000 12 0 2~4 射撃 80% 15%
ザンバスター 3800 16 0 2~4 BEAM射撃 85% 5%

アビリティ

名前 効果 備考
ビームシールド防御可能 「防御」コマンド使用可能。
防御時、敵から受けるダメージを
40%軽減。
貫通BEAMを除く、
BEAM射撃系の攻撃を半減。
BEAM格闘属性の攻撃を半減。
A.B.C.マント装備 「特殊防御」コマンド使用可能。
貫通BEAMを除く、
BEAM射撃系の攻撃を無効化。
貫通BEAMの攻撃を半減。
BEAM格闘属性の攻撃を半減。
効果発動時にENを10消費。
発動時・EN10消費
支援防御可能 「支援防御」コマンド使用可能。
味方の攻撃を代わりに引き受ける。
リーダーエリア内に位置する
同チームのユニットが反撃時のみ、
使用可能。

開発元

開発元
4 ガンダムF91 3 クロスボーン・ガンダムX2 3 クロスボーン・ガンダムX2改 3 クロスボーン・ガンダムX3
4 フリント 3 クロスボーン・ガンダムX1スカルハート 3 クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク 3 クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
8 クロスボーン・ガンダムX1(ベーシック)
※ユニットコレクションにはベーシックが含まれないため。

設計元

設計元A 設計元B
設計不可

開発先

開発先A 開発先B 開発先C 開発先D
2 フリント 3 クロスボーン・ガンダムX1改 3 クロスボーン・ガンダムX2 3 クロスボーン・ガンダムX3

捕獲可能ステージ

ステージ ブレイク詳細
A5宇宙海賊 オーバーインパクト

備考

  • 登場作品『機動戦士クロスボーン・ガンダム
  • 可も無く不可も無く、な長兄機。特筆すべきパンチ力が無いのでせめて開発して改型に。
  • 今作ではなんとA5で早々に捕獲可能、クロスボーン・ガンダムX1フルクロスもたったの開発3回で作成できる。
    • Aランクで入手可能なためベーシック機をマスターセレクトのトビアやフェニックスガンダムの開発から本物を入手すると生産登録はできるが、もったいなく感じる。
    • 一度フリントにしてしまうのもあり。発展性が広がる。
  • X1の系列を追っていくと、格闘の有効射程がどんどん伸びる。
    • この時点では格闘射程1だが、X1改で1~3、スカルハート以降は1~5を維持する。
    • 当たり前だが格闘の高いパイロットを乗せよう。ピーコックスマッシャー追加などで射撃も強くはなるが、X1の本領は格闘戦である。
  • 例によって、X2の方が明らかに使いやすい。
    • シリーズ初登場のFの時点からX2の方が優れていた。
      当時はX1のヒートダガーとX2のショットランサーは同じ威力だったが、燃費がX2>X1とX2の方がはるかに継戦能力が高かった。
      それにバスターランチャーがあるのだからたまったものではない。
  • 良くも悪くも原作とゲームの仕様が噛み合っていない。しかも悪い方の噛み合ってない点が多い。
    • 今回特殊防御になったABCマントだが、ビームシールド展開によるエネルギー消費を防ぐための装備なのに何故かEN10消費。
      • ちなみにGジェネのABCマントは長らくビーム一発で消滅という仕様だったが、本来はビームライフルなら5発分、ヴェスバーなら1発分耐え、今回登場しないカングリジョの主砲なら貫通する。
        あと、ゲームではビーム格闘を軽減できるが、原作にそういう描写はない。
    • ビームザンバーはビームシールドごとぶった斬る出力があるが、Gジェネのビームシールドはビーム格闘軽減があるのでお察し。
  • ザンバーの演出でシザーアンカーをぶん回しているが、X1改とクァバーゼが残念なことになるので武装としては未実装。