「ガンダムナドレ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ガンダムナドレ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *GN-004 ガンダムナドレ
 
 ***性能
 |BGCOLOR(#EEEECC):COST|BGCOLOR(#EEEECC):EXP|BGCOLOR(#EEEECC):SIZE|BGCOLOR(#FFCCFF):HP|BGCOLOR(#FFCCFF):EN|BGCOLOR(#CCECFF):攻|BGCOLOR(#CCECFF):防|BGCOLOR(#CCECFF):機|BGCOLOR(#CCECFF):移|BGCOLOR(#FFCCFF):宇|BGCOLOR(#FFCCFF):空|BGCOLOR(#FFCCFF):地|BGCOLOR(#FFCCFF):水上|BGCOLOR(#FFCCFF):水中|
 |27000|520|M|12900|128|26|20|29|7|B|B|B|-|B|
 
 ***武装
 |BGCOLOR(#EEEEFF):名前|BGCOLOR(#EEEEFF):威力|BGCOLOR(#EEEEFF):EN|BGCOLOR(#EEEEFF):MP|BGCOLOR(#EEEEFF):射程|BGCOLOR(#EEEEFF):属性|BGCOLOR(#EEEEFF):命中|BGCOLOR(#EEEEFF):CRI|BGCOLOR(#EEEEFF):備考|
 |GNビームサーベル|3700|16|0|1~1|BEAM格闘|85%|5%||
 |GNビームライフル|3600|16|0|2~4|BEAM射撃|85%|5%||
 |GNキャノン|4700|24|0|3~5|BEAM射撃|75%|5%||
 |TRANS-AM起動|6000|45|10|3~5|特殊攻撃|90%|5%||
-|BGCOLOR(#FFD700):トライアルシステム|0|100|0|MAP|MAP|100%|0%|周囲の敵を行動不能に|
-//MAP兵器の範囲調べ忘れ。また暇を見て書きに来ますが、書ける人はお願いします。
+|BGCOLOR(#FFD700):トライアルシステム|0|100|0|MAP|MAP|100%|0%|周囲3マスの敵を行動不能に|
 
 ***アビリティ
 |BGCOLOR(#EEEEFF):名前|BGCOLOR(#EEEEFF):効果|BGCOLOR(#EEEEFF):備考|
 |シールド防御可能|「防御」コマンド使用可能。防御時、敵から受けるダメージを40%軽減。||
 |GNドライヴ|毎ターンENを5%自動回復。||
 |支援防御可能|「支援防御」コマンド使用可能。味方の攻撃を代わりに引き受ける。&br()リーダーエリア内に位置する同チームのユニットが反撃時のみ、使用可能。||
 
 ***開発元
 |>|>|>|BGCOLOR(#EEEEFF):開発元|
 |2|[[ガンダムヴァーチェ]]|3|[[セラフィムガンダム]]|
 
 ***設計元
 |BGCOLOR(#EEEEFF):設計元A|BGCOLOR(#EEEEFF):設計元B|
 |>|CENTER:設計不可|
 
 ***開発先
 |>|BGCOLOR(#EEEEFF):開発先A|>|BGCOLOR(#EEEEFF):開発先B|>|BGCOLOR(#EEEEFF):開発先C|
 |3|[[セラフィムガンダム]]|3|[[ガンダムヴァーチェ]]|4|[[ラファエルガンダム]]|
 
 ***捕獲可能ステージ
 |BGCOLOR(#EEEEFF):ステージ|BGCOLOR(#EEEEFF):ブレイク詳細|
 |>|CENTER:捕獲不可|
 
 ***備考
 -登場作品『[[機動戦士ガンダム00>機動戦士ガンダム00(ユニット)]]』
 -ヴァーチェの中の人。その見た目から[[ノーベルガンダム]]の設計素材になっている。
 -最低限の武装とTRANS-AMを持ってはいるが、第1線を張るにはつらい。火力等は[[セラフィム>セラフィムガンダム]]が上位互換。
 -最大の特徴は行動不能にさせるMAP兵器のトライアルシステム。ヴァーチェで突っ込む→パージ→MAP兵器→[[再行動>マスタースキル一覧/再行動]]という戦略もとれなくはない。
+--ちなみに行動不能になると防御も回避もできなくなる。つまり射程外からの攻撃も通りやすくなる。
 
 //編集ルールにちゃんと「英数文字は必ず半角で統一」と書かれているのに、未だに全角英数文字を使う人がいるようです。
 //決められたルールはちゃんと守りましょう。
 
 
 //-張り紙・チラシの裏
 //-詳細は+を押してください。
 //#region(『region機能』)
 //-ここに収納したい内容を書いてください。ページを開いた時は格納状態で表示されます。
 //regionの左側の()はpukiwikiなら+の右側に表示されますが、@wikiの場合は表示が潰れるようなので、regionnの上の行等に記載する必要がありそうです。
 //-設計の組み合わせが長いものや、通常では格納しておきたい内容に使用してください。
 //#endregion