第3話「クールな女剣士・ミネルヴァ」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3話「クールな女剣士・ミネルヴァ」


ミネルヴァ「ここから進みたいなら私を倒すんだね!」

マリオ「やってやるぜ!」

ゼウス「ミネルヴァと戦うか・・・」
ヘラ「彼女は男勝りな性格ですわね。舐めていると痛い目にあうわよ・・・」

ミネルヴァ「てやぁ~!」

クラウド「うおっ!」

ドーーン!

ロイド「コイツ・・・女なのに強いぞ」
ミネルヴァ「私を女だと思って舐めると痛い目にあうよ」

ナルト「可愛いけど倒すしかねえ!螺旋丸!」
悟空「オラも戦うぞ!かめはめ波~!」
一護「協力するぞ!月牙天衝!」

ミネルヴァ「ッ!腕が・・・」

マリオ「隙ありだ!ハリケーン・ファイ・・・」
ミネルヴァ「エナジーボム!」

ドカーン!

マリオ「なんだ!?」

ミネルヴァ「はぁ・・・はぁ・・・うっ!」

ロイド「今だ!」

マリオ「マリオファイナル~!!」


ドドドドドドドドドドン!


ミネルヴァ「うああああああっ!」


クラウド「やったか・・・?」
ロイ「倒れてるのか・・・?」

ミネルヴァ「アンタ達やるね・・・」

スネーク「倒せてないぞ!?」

ミネルヴァ「いや・・・私はもう戦えないよ・・・」

ワリオ「と言うことは俺様達が勝ったんだな!」

ミネルヴァ「ゼウス様・・・申し訳ありません・・・私は・・・も・・・う・・・」

ミネルヴァは消滅した・・・

ロックマン「悲しい人だな」
ウォーロック「しょうがねえことだ・・・」
ゼロ「そうだな・・・」

マリオ「行こう・・・」

ゼウス「ミネルヴァが倒されたか・・・」
ヘラ「次は・・・ヴィーナスとセレスがいるはずです」
ゼウス「ヴィーナスとセレスか」
ヘラ「あの2人が手を合わせればあいつらはすぐに全滅するでしょう」
ゼウス「確かにそうだな。あの2人の力を合わせた攻撃は強力だからな」
ヘラ「はい」

アイク「扉があるな」
マルス「ということはさっきみたいに・・・」
ルカリオ「そういえばミュウツー。」
ミュウツー「なんだ?」
ルカリオ「今回のは未来が見えないのか?」
ミュウツー「そうだな・・・見たくても映像が悪いのだ・・・」
ピカチュウ「じゃあ誰がいるのかはわからないんだね」

ガラララララ・・・

???「待ってたわよ」

マリオ「はぁ・・・また女かよ・・・」

???「私はヴィーナス」

これがヴィーナスです

クッパ「アイツがヴィーナスか」
ロイド「名前はしってて姿を知らないのかよ・・・」

ヴィーナス「私をミネルヴァみたいに簡単に倒せると思わないでよ?」
???「2階はあたしもいますわよ」

ロックマン「誰だ!?」
インク「あっ!あそこから素敵な美女が!」

???「あたしはセレスよ。ここではあたしとヴィーナスの2人と戦ってもらいますわよ」

これがセレスです

犬夜叉「セレブみたいな喋り方だな・・・」

ヴィーナス「私達2人が組めばあなた達全員倒すなんて簡単よ」
セレス「あたしたちのチカラ・・・その目に焼き付けなさい!」

リンク「なんか戦いにくいわ・・・あいつら」
ウルフ「なんであんなんが神なんだよ・・・」
添付ファイル