第4話「VSブルー!スピードの戦い」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第4話「VSブルー!スピードの戦い」


アズラエル「ブルー。ブレードは始末したか?」

ブルー「・・・あぁー」
スパイクマン「なんだよ~大切な弟を自分で倒して悲しいのかよ?」
ブルー「そんな訳ねえよ!」

アズラエル「それにしても・・・俺達3人だけでは地球滅亡なんて難しいだろ」
スパイクマン「任せな!この俺が戦力を集めてくるぜ」
アズラエル「ほぉ・・・任せたぞ」
スパイクマン「ヘヘッ!任せな」

ブルー「俺は合宿所の抹殺だ・・・」
アズラエル「分かってるな?お前も失敗したらブレードと同じ運命だぞ」
ブルー「・・・」

ブルー「(チッ!あの野郎!見てろよ!ブレードを倒させたことを後悔させてやる)」

合宿所では・・・

リンク「どりゃぁ~!」
ガノンドロフ「フン!まだまだ甘いな」
リンク「なんでそんなに早く動けるんだ?」
ガノンドロフ「これは訓練というものだ!お前もするんだな」
リンク「やってやるぜ」

マリオ「ワリオ!勝負だ」
ワリオ「ガーハハハ!俺様に勝つなんて100年はや・・・ギャー!」
マリオ「隙ありすぎて余裕だぜ」

ピーチ「ゼルダさん!お買い物の邪魔をする人はお仕置きよ!」
ゼルダ「そうそう!乙女が買い物してる時は怖いのよ」
クッパ「あぁーかわいいな~ピーチちゃーん」
ピーチ「キャー!邪魔をするなぁ~!ボム兵抜き」
ボカーン!
クッパ「ギャー!ピーチちゃーん」

何かといろいろありました

夕方の事・・・

マリオ「ふぅ~!ワリオをぶっ飛ばしたらスッキリしたぜー」

そこへ・・・

ブルー「スマッシュブラザーズ!」

ルイージ「なんだ?今声が・・・」

ブルー「今すぐ中央広場に集まりな!」

言われたとおりに集まるメンバーたち
そこにはブルーがいた

ブルー「お前らよくもブレードをやりやがったな!俺はその仇を取りに来た」

マリオ「なんだと・・・!?」

ブルー「戦闘において逃げるのは許さん!いざ!尋常に勝負!!」

最初に動いたのはブルーだった

マリオ「うわ!」

間一髪かわしたマリオ

マリオ「くっ!早い」

ブルー「ファイアブラスト!」

リンク「盾!」

ブルー「無駄だ!」

リンク「うわー!防げない!?」

カービィ「ハンマー!」
メタナイト「マッハトルネード」
デデデ「ワドルディ投げ!」

ブルー「そんな攻撃なんぞあたらねぇよ!ナイトスラッシュ」

カービィ「うわー!」
メタナイト「ぐおっ!」
デデデ「ギャー!」

ブルー「俺のスピードを見くびられたら困るぜ?」

マリオ「くっ・・・どうすればいいんだ?」

???「ブラスター!」

ブルー「ガァー!何・・・」

フォックス「フォックスここに参上!」
ファルコ「俺様ファルコもいるぜ」
ウルフ「このウルフ様に任せな」

ブルー「てめーら・・・[さっきの攻撃・・・麻痺攻撃なのか?体が動かない・・・]」

フォックス「フォックスイリュージョン!」
ファルコ「ファルコビジョン」
ウルフ「ウルフフラッシュ」

ブルー「うわぁ~!く・・・くそ[早い・・・見えなかった・・・]」

マリオ「さぁ!観念しろ!」

ブルー「お・・・俺はブレードを助けたかったんだ!」

マリオ「何?」

ブルー「俺たち2人はあいつらに使われただけなんだよ!」

リンク「何言ってんだ?」

アズラエル「貴様・・・裏切るのか?」

ブルー「そ・・・その声は・・・」

アズラエル「裏切りやがったな!ブルー!貴様は死刑だ!」

ブルー「なっ!」

アズラエル「一閃!」

ザシュ!

ブルー「グアー!て・・・てめー・・・ブレード・・・ごめ・・・ん」

カービィ「!」

アズラエル「フ!」

マリオ「貴様!なんで殺したんだよ!仲間だったんだろ!なんで簡単に殺すんだよ」

アズラエル「仲間?仲間なんて道具に過ぎないんだよ」

ルイージ「なっ!?」

アズラエル「俺の持つ者すべて道具なんだよ!」

リンク「仲間を道具に使うなんて許せねぇー」
マリオ「俺はお前を許さない!うおー!」

アズラエル「ゴーストショット!」

マリオ「うっ!」

アズラエル「あばよ!」

アズラエルはその場から消えた

クッパ「おい!こいつは大丈夫なのか?」

ピーチ「まだ息はあるわよ!病室よ!」

マスハン「大丈夫だ!俺の回復パワーを使えば・・・」

ブルー「・・・なぜ復活させた。俺は敵だぞ」
リンク「あいつらの仲間じゃないんだろ」
ブルー「斬られた時点で敵になったな・・・」

マリオ「こいつどうする?捕まえるか。」

ブルー「・・・勝手にしろ」

ルイージ「と言ってもどこに連れて行けばいいの?」

マスハン「俺が管理人室で捕らえておくよ」
ヨッシー「任せたギュピ!」

こうしてブルーはスマブラ合宿所で捕らえられることになった」

一方とある場所では・・・
スパイクマン「ブルーまで倒されるとはな」
アズラエル「弱きものはこの軍に必要ない」
スパイクマン「ヘっ!アンタらしい言い方だな」
アズラエル「ところで新たなものはいたか?」
スパイクマン「いや・・・世界征服計画は誰も賛成無しだった」
アズラエル「そうか・・・まあいい!俺たちだけでやることにしよう」
スパイクマン「・・・」

別の部屋で・・・
スパイクマン「アズラエル・・・俺の真の目的はお前を倒すこと・・・」


アズラエル「スパイクマン・・・俺はお前は信頼してやる・・・」


スパイクマン「いずれはお前を倒す・・・覚悟してろよ・・・」

次回
スキー場にやって来たマリオたち
そこに何と電波人間が!?
果たしてマリオたちの運命は?
次回「スキー場の電波人間!」お楽しみに!