• 4月30日

Q.動画上がってますがあれが製品版の動画ってことですよね?
A.はい。製品版です。ただし、実プレイのものとは一部異なります。表示物、レース/実況エンジンは同じですが、出走馬抽選、騎乗騎手処理、調子判定などの事前処理系が異なります。
 
  • 4月29日

Q.馬券を買えますか?
A.ゲームの本筋と違うと判断してあえて外しました。
 
Q.友達と仔馬などを交換できますか?
A.カードトレードに一本化したかったのでいれていません。
 
Q.スキルはパワプロの特殊能力みたいで面白そうですね。Q.本格派と謳っているのにスキルは邪道では?
A.という感じで、スキルへのご意見に賛否両論頂いています。まずは、ご意見を頂けるほどのご期待を下さっていることを嬉しく思います。ありがとうございます。
賛否両論は…ありますよね。よく分かります。僕も僕が好きな某有名タイトルにいきなり追加されてたり、予想用にも使えるようなレースシミュレーターを買ったものに入っていたら、違和感を持ったでしょうし。
ただ、本作に関しては当初から必ず入れるものとして考えていました。理由は…説明するのに困るほど色々ありますので、ポイントと結論だけここではお伝えします。
最終的にはプレイヤーのかた、一人一人のジャッジをしていただくしかないのですが。 理由の主だったものは、新作競馬ゲームとしてのオリジナリティ、育成/配合ゲームとしての完成度(競馬ゲーム以外も比較対象)、
そして、競馬の不確実性要素の可視化切出し部分、といったあたりが欲しかったことですね。いつか、長文を晒して語りたいところですが、ご想像、ご理解頂ければ幸いです。
で、結論です。スキルが競馬らしさを壊しているとか、チープにしているとか、そんなことになっていれば僕が阻止してます(笑
 
  • 4月28日

Q.距離適性とは100mでも適性より長いレースに出るとパッタリ走らなくなるようなものでしょうか?
A.いいえ、適性から外れると徐々に能力の発揮率が下がります。力が適性をカバーすれば勝てますがクラスが上がると適性差が出るでしょうね。
 
  • 4月27日

Q.秘書さん(?)は何人くらい登場しますか?好きな人を選べますよね?
A.好きなコを選べます。人数は、あえてナイショで。すれ違い通信の馬主カード画面でどの秘書と何年契約しているかが表示されるので、
好みのタイプがバレてしまいますよ(笑 まあ、好みのコがいなかったらごめんなさいなのですが。
 
  • 4月26日

Q.調教師は実名でしょうか? また何人ほどいるのでしょうか? よろしくお願いします!
A.はい、お答えします。お答え前後しますが、調教師は8名です。東西4人ずつとなります。ただ残念ながら、実名ではありません。
そろそろ実名の調教師をと考えていたので、今回、トレセンにお邪魔して直団番?していました。調教師会も調教師の皆さんもとても前向きにお話を聞いて下さいました。
競馬界を盛り上げようというような。ただ、今回は時間がたりませんでした。騎手と違い取りまとめる組織があるわけではないのが厳しいですね。でも次こそ。
 
Q.発売後にパッチによるバージョンアップ等は予定されていますか?
A.できるようになりましたね。でも、よほどのことがない限りないです。追加したいことはあっても本作としては完成してますので。
 
  • 4月25日

Q.作業になりがちな調教を省いた点を評価してますが、反面持ち馬の成長にユーザーが介入したとどう実感させるのか興味津々です。
A.的確な、というか、本作の開発時の課題を見事に見抜かれたメッセージですね。課題は二つありました。いつものように長くなりそうなのでいったん分けますね。
1つは、調教に代わる成長への関与フェイズの用意。もう1つは、プレイヤーの意図した変化の表現。1つめのほうは、本作におけるプレイヤーの基本アクションであるローテ選びが中心になります。
本作では、出走経験による適性の変化を大きめにしてあります。競馬的に言うとレース慣れ的なものです。
本作がローテ選びを中心に据えた時から、遊びのバランスや攻略の鍵をできるだけそのに集約しました。勝たなければいけない、でも、強くしたい、そういうジレンマのバランスですね。
他にも大きくは調教師選びが、細かくはレースの作戦指示も成長関与要素です。ペース慣れ、脚質転換などが今までのゲームとは違って確実に変化もしますし、結果に影響します。
2つめのほう、表現については、もちろん、レースぷりと結果への反映が最重要でしたが、他に開示量を多めにしたパラメータの変化、
ローテ選びの時の調教師のコメントの変化辺りがその対象になりました。こ難しいことばかり書いているようで、ライトに楽しみたいというユーザーに引かれそうで心配です(苦笑
でも、詳しい方が多くて、ついつい嬉しくて、呟きが偏りがちです。すみません。 ていうか、もはやつぶやきじゃないですね(笑 軽い質問も待ってま~す!
 
Q.出来たら、Twitterだけでなく発言をブログか何かにまとめて頂けると助かります。Twitterだと飛び飛びで読むのたいへんっす( >_<)
A.ですよね~。すみません。発売近くに攻略ヒント集のページを公式サイトに入れようかと話しています。
 
Q.じゃあ、軽い質問を。馬をパスワード化したとき、何文字くらいで表現できますか?
A.60文字です。長い?長いかも?ドラクエ2の復活の呪文よりちょっと多いだけと首都高バトルのPが言っていました(苦笑
 
Q.パスワードが長いことが若干不安です。QRコードにはこのゲームは対応していないのでしょうか?
A.すみません。以前にも書きましたが、今回は実装まで手が回りませんでした。ローカル通信の対戦を優先してしまいました。次は必ず!
 
Q.年齢による強制引退とかってあるのでしょうか? 後、成長のタイプ、曲線はどんな感じなのでしょうか?
A.強制引退はありません。オススメはされる場合がありますが、あくまで馬主であるプレイヤーが決めます。成長は超早熟、早熟、早熟持続、普通段階型、晩成、超晩成です。
だいたい、イメージ通りかもしれませんが、段階型はちょっとだけこだわりが。
古い話ですが、ノーザンテーストの仔は二度変わる、という格言的なものが昔ありまして、そういう馬も欲しいなと思って入れました。
例えは古いですが、判断にノイズが入って面白いかなと。
 
  • 4月24日

Q.パスワードで対戦が出来るとのことですが、ブログで大会を開いてもよいでしょうか。発売楽しみにしています。
A.もちろんです。むしろ、よろしくお願いします(笑 こちらは、特に何も規制しないですよ。
 
Q.某競馬ゲームのニ○ロ理論のような分かりやすい攻略法はありますか?ノーリセで100戦無敗や50冠馬のような現実離れした馬も作れますか?
A.可能性はゼロではないですが、ほぼ無理だと思います。全勝させるなら大事に使って、上手く行って30戦くらいかと思います。
でも、無敗は難しいです。無敗馬が作れる頃には、ライバルもつよくなっているので。
また、ニ○ロ配合的なものはないです。基本的には、正規分布の様々な処理で確率を操作するようなものが多いので(全てではないですが)常にブレが生じますし、基本能力の他に適性とスキルもかなり影響します。
 
Q.怪我で引退とか予後不良などはありますか?個人的には競馬を体感する上でのリアリティとして、必要悪かなと。
A.あります。ローテもお任せならほぼ発生しませんが、プレイ上そうもいかなくなるので。
実践上、普通以下の丈夫さで三連闘だとほぼパンクします。程度はそれぞれですが。
 
  • 4月21日

Q.今後どの様なプロモーションがあるのでしょうか?
A.これからは、競馬系へのメディアに展開します。雑誌、WEB中心ですが。今回、お店での展開にお金をかけているのですが、反応にバラツキが大きいです。
そう、そう、予約状況的に発売直後に品切れになる店が確実にあります。頑張りますが、多分2回目は2週間空いてしまいそうなので贔屓のお店がある方はご予約を。
 
  • 4月20日

Q.パスワード化して対戦ができるとのことですが何頭かストックすることは可能ですか?レースのたびに毎回入力とかだったりしますか?
A.いいえ。そんなことはないのでご安心を。馬はSDカードに保存できるので、かなりとっておけます。一度、対戦した他のプレイヤーの馬もです、もちろん。
 
Q.ウイポのようなイベントやストーリー要素はありますか?それとも、ダビスタのように大目標に向かってひたすら生産し走らせるのがメインになるのでしょうか?教えてください!!
A.面倒な小話はありません。でも、キャラがいるので何かあるとちょっとしたおしゃべりがおしゃべりをする時があります。
また、本編とは完全に切り離していますが、クエストがあるので、中間目標的なものは発生します。まあ、ホントに無視しても大丈夫ですが(笑
ナビ機能的にキャラが欲しかったのですが、意外と笑えました。ストーリーで中断するなと指示したら、
細かく、必要最低限なところに必死にネタを刻んできました。結果は、GJな範疇かなと僕は思ってます。
馬Pてキャラは、まさに担当したヤツ、そのままですよ。
 
Q.動画を見て期待が高まっています。そこで、後からリプレイでレースを見ることはできますか?
A.来てしまいましたね。お答えしたくないご質問が。でも、仕方ないですね。今回、泣く泣く外しました。今は、僕も欲しいです。
確か、セーブデータの大きさが問題でやめたはずです。本作は前処理でレースシミュレーションを行うので、
仕様的には問題なく実装できるのですが、データの大きさ的に数レースしか残せないことが分かった時点で、
1これを入れることによる付随的な作業と秤にかけて見送ったのです。ごめんなさい。
 
  • 4月18日

Q.ツイッターで書かれていることがほとんどちんぷんかんぷんなくらいのド素人ですが楽しめますでしょうか?
A.大丈夫です!というか、確かに競馬寄りの呟きだらけでした。すみません。でも、本作は何よりゲームとして遊んで頂くために作り込んでいます。
競走馬育成シミュレーションじゃなくて、競馬ゲームです、はい。競馬ゲームとして楽しんで頂くためにシミュレーション部分をしっかり作ったというだけで、
このゲームから競馬ファンが増えて欲しいとすら生意気にも考えています。何をしたらいいか分からないとかそういうシーンを排除して、
まずは単純に自分が馬主だったらこうしたいな、とかの希望が叶うように、そして、サッカーチームを強くするように自分の愛馬チームを育てる面白さを感じて頂き、
最終的に強い馬作りの深みにはまって頂くという(笑 そんな、遊びだと思ってもらえたら本望です。
 
あ、今日、会社で『レースで雨が降らない』って書きました? と言われてしまいました。もちろん、雨の中のレースはあります。
しかも、季節によって雨だけど良馬場、晴れだけど重馬場とかも。呟きかたが悪かったようです。
僕が勝手にレース途中から降り始める的なハイレベルな話かと勘違いしてました。
 
  • 4月16日

Q.予約した者です!今回の皐月賞などを見て思ったのですが、内をわざと避けたり、レース中雨が降ったりするのでしょうか?
A.予約ありがとうございます! 内をあえて避ける、レース中に雨、共に残念ながらありません。
ただ、開催進行と共に馬場が荒れるなどはあります。雨や馬場状態も実際の過去のデータから持ってきています。
戦法はゲーム的にはAIによって管理するのですが、細かすぎるとレース前に処理待ちが長くなり過ぎるので、試行錯誤の末、表現、結果と処理のバランスを取りました。
よろしくお願いします。
 
  • 4月15日

Q.「インターネット通信対応」と書かれてますが具体的にどういうことですか?wi-fiは非対応なんですよね?
A.すみません、まだ公式サイトのネットワークのページが未公開でしたね。いわゆるインターネット絡みの部分としてはランキングということになります。
 
Q.質問ですが このゲームの体験版出る予定はありますか?
A.ございません。映像ダウンロードはありかなと考えていますが、プレイ部分をちょっと切り出してもというゲームでもあるので。
ただ、店頭で展開していただけるところでは遊べるようにもしてもらえるようにしています。
 
Q.藤田伸二騎手がいないのはなぜでしょうか? A.許可を頂けなかったからです。
昔から好きな騎手の一人なので、許可を頂くことは今回の目標だったのですが、理由を伺って今回は諦めました。
まあ、ウチだけ良くてとか、そういう方ではないと最初から覚悟はしていましたが。
 
Q.G1シーズンに入りこのゲームも盛り上がっていくと良いですね。早速予約しました。しかしステイゴールド×マックイーンは強ニックスですね(笑
A.ありがとうございます。ホントに盛り上がって欲しいですね。ステイとマックのニックスについては、迷いました。
ステイ系とか、マック系って、系統とするのはまだ無理があるじゃないですか。
となると、SS系とパーソロン系で処理するしかないのですが、これまでの実績は可もなく不可もなくだったので。
結論から書くと母方パーソロン系、父方SSなら強ニックスです。以外に代用が効かなかったのと
実名でステイもオリエンタルアートもいるのに発生しないわけにはいかないかと(笑
 
今日はお詫びすることがございます。昨夜、父方SS系、母方パーソロン系で強ニックスと呟きましたが、
今日、出社後、実装データを確認したところニックス発生を見送っていたことを確認しました。誤報になってしまいすみません。
ニックスを発生させていた時もあったのですが、母父ルドルフ、母父テイオーあたりとSS系との実績が他と比較して弱かったので最終的には見送り、
代わりにオリエンタルアートとステイのパラを上げてFIXとしたようです。
オルフェ、ドリジャ兄弟の再現は出来ますので、皆さんごめんなさい!
改めてデータを確認すると、ニックスの組み合わせは強弱合わせて、なんと180パターン。
父方、母方の裏返しの組み合わせも中にはあるので、多いとも言えないかもしれませんが。参考までに書くと、今回は昨今の流れに沿って系統の若返りをしているので総系統数は48系統に増えています。
いや、ニックスの合計数は152でした。強ニックスを重ねてカウントしちゃいました。
と書くと、強ニックスの組み合わせ数がわかっちゃいましたでしょうか。 まあ、今作では別にニックス最強という訳でもないのですが、使い勝手はいい配合方法にはなっています。
父母で分けているのでいい感じに繋いでいけると思います。前作ウィナーズサークルもそうですが、実際の競馬界同様、今は日本のサラブレッドは血が偏り過ぎて配合が難しいですよね。
SSとノーザンとミスプロで行き詰まるとか。今回はその辺、配慮したつもりですので、血統の組立てを楽しんで頂けると嬉しいです。
 
Q.引退された騎手(平成以降)は使用出来ますか?
A.今回は入っておりません。実は現役騎手との交渉の中でそういうお話も逆に出てきたのですが、上手く突っ込むにはタイミングがあいませんでした。
今回、ちゃんと売れれば多少イケイケになれるのですが(笑
 
  • 4月13日

Q.ドバイ日本馬多いですねw 他の海外のレースもこれくらいのバランスで日本馬が交ざるのでしょうか?
A.いえ、最大でも3頭くらいだと思います。前に世代管理していると書きましたが、基本的に海外出走の日本馬は、実際に出走した馬齢の時のみ出走するようになっています。
 
Q.レースのPV見ましたが、ちゃんとレースになっていて安心しました。前が詰まったり逆噴射連発などなくてよかった。
A.ありがとうございます。まあ、過去の競馬ゲームで自分が嫌だったところの一つでしたから。ただ、一応書いておくと、
詰まる時は詰まるし、タレる時はタレますよ。ポイントはその頻度や理由に説得力があるかだと思います。
実は、全く不利を受けないバージョンも途中で作ったのですが、結果がブレないから、連勝して急に勝てなくなるみたいな味気なさがありました。
ちょっとだけ歯がゆいから競馬らしいかなと。
 
Q.プレイ状況のセーブはオートですか? それとレース前のリセットでのやり直しは可能ですかね?
A.オートにしませんでした。やり直しもできます。これについてはそうしたかったからというべきでしょうね。理由は複数あります。
中でも最大の理由は、ゲームコンセプトに忠実なのはどちらかということでした。
コンセプトがブレて台なしになるゲームは嫌というほど見てきたので…。
今回は、複数の馬のマネジメントが面白いはずとして作りましたから、それが上手くできている場合、リセットはリスクや労力が大きいはずと考えました。
一方で、最終的に一頭の最強馬を作りたくなるのも想定したのですが、この場合、ほぼ普通にも楽しんで頂いたあとの可能性が高いですし、
そういうかたに、やり直す労力を割いてでも最強馬作りに燃えて頂けるというのは本望かなと。
後は、他と違って本作は、繁殖がカードで、しかもガチヤ的な感じで入手するので何度も続けて同じ配合にチャレンジできるわけじゃないというのもありました。
こうなると、今度はこれがクリティカルなストレスになってしまうかもしれないですしね。
そんな感じでリセット技ありにしました。まあ、リセットしてもタイヘンです(笑
 
  • 4月11日

Q.ゲームは、いつ発売ですか?
A.5月24日です。ダービーの週です。よろしくお願いします。
 
Q.種付け株を売買したり(余勢株と本株両方)、シンジケートを組んだりといったことは出来ますか?
A.お詳しいですね。本作では種牡馬や繁殖牝馬はトレーディングカード化されているのですが、実はそのモチーフは種付け株だったりします。
ゲームとしての分かりやすさや手軽さを優先しての判断ですが、結果として、シンジケートなどの事柄を収録することは見送っています。
ご理解いただけましたら幸いです。これからもG1グランプリにご注目くださいね
 
Q.海外レースも収録されているという事で大変楽しみにしているのですが、G1だけですか?ドバイのゴドルフィンマイルや凱旋門賞前哨戦があるといいんですが…
A.こだわりどころを聞いていただき嬉しいです(笑 G1以外も入ってます。そして、凱旋門賞の前哨戦のフォア賞なども。
というか、今時、強ければ大抵の海外レースは出れるイメージありますよね。でも、競馬ゲームはまだ招待状待ちだったり。
その辺りもその辺りも変えようと。もちろん、ゲーム性も大事なので登録さえすればどんな馬でもという訳にもいかないですので、基本は収得賞金での足切りということに。
しかし、素質馬だという自信があれば賞金に関係なく前哨戦に出すことができるようにしました。
『勝てば』本番も走れます。輸送にはリスクもつきものですし、前哨戦の賞金なんて日本じゃ準オープン程度。
でも、地力遠征したいかなと。そして、ゲームが進めば自分の海外厩舎や自家用輸送機が…あ、書き過ぎかもしれません(笑
まあ、今回、海外は強敵揃いです。能力同等でも適性差があったりと。
反対に能力が高くても欧州適性が高くて日本適性が低いなんて馬だと準オープンで低迷したり…で、一か八かの遠征で楽勝なんて。
本作でもサンデー系は日本最強ですが、欧州の重い芝のスローレースや北米のガチガチダートのスピード比べではそうでもなかったり。
異論はあるかもとは思いますが。
 
  • 4月9日

Q. セーブスロット数はいくつありますか?
A.すみません、一つです。理由は、色々ですが、セーブデータが大きいのが一番でしょうか。
 
Q.アイテムを利用して馬の能力UP! みたいのはあるのでしょうか?
A.ゲームならではのミニアイテム、例えばスペシャルニンジンみたいなものはないです。基本、育成設備、輸送設備、追加厩舎みたいな競馬的に違和感のないところですが、行き着くとネタ的なものも…
 
Q.今までどこかで競走馬育成シミュレーションを作った経験のあるプロデューサーさんなんでしょうか。目指してるゲームとか、好きな競走馬育成シミュレーションがあったら、教えてください。
A.競馬ゲームは、商業ベースで作ったことは今回が初めてです。
元気の前作ウィナーズサークルは、企画書の時点での意見出しはしましたが、開発はノータッチでした。
ただ、元気に来る前は、競馬ライターの端くれだったりで人生の大部分を競馬に突っ込んでますね。馬券だけじゃなく(苦笑 で、好きな競馬ゲームはいっぱいあります。
中では、やはりダビスタは最初ということもあり僕には神的な存在です。元々、ベストナインプロ野球とかも大好きだったので生みの親のSさんは尊敬するクリエイターのひとりです。
とにかく、そんな訳でカルチョビットも次作楽しみにしてます。ダビスタはおいといていただき…(笑
他にもウイポシリーズもよく遊びました。何というか、競馬「界」シミュレータとしては完成してますよね。
ほかにコンシューマゲームでは、ダービータイムが好きでした。手軽な感じがありがたかったです。
コンシューマ以外では、スタホかなぁ。学ぶベキところが多いという点では。
 
Q.「ウィナーズサークル」と比べて今回のゲームの自信はどの位ですか?
A.僕自身の立場や、ハード、市場の状況も違うので難しいですが、競馬ゲームとしては、ウィナーズサークルが100点中70点としたら…今回は170点くらい??(笑
 
  • 4月6日

Q.馬の能力を自分で決め、レースシミュレーション(ダビつくのつくろうレースみたいなもの)はありますか
A.残念ながらありません。ホントの意味でのシミュレータも欲しいものなんですね。
僕らはデバッグのためにその機能を使っていたのですが、完成品からは抜いています
 
Q.ホームページに「馬カード」は、種牡馬・繁殖牝馬・自家生産種牡馬の3種類があります と書いてますが自家生産繁殖牝馬カードはないのですか?
A.すみません。HPの記載ミスですね。もちろん、牝馬もあります。すぐ直させます。ありがとうございました。
 
Q.他のレース動画はまだですかー~(・・?
A.すみません。素材は渡したのですが、載せるべきページが今日の分にはなかったので次になりそうです。YOUTUBEとかに上げるのもいいかもしれませんね。うちの他のタイトルでもやったみたいなので。
 
  • 4月3日

Q.公式サイトのまだボタンがクリックできない部分はいつ押せるようになりますか?
A.今週中にあと2ページは公開できそうです。あと、早く動画を追加したいので、依頼中です。待ってて下さい
 
Q.このゲームのために3DSを買おうと思っています(^o^) 脚質は何種類ほどありますか?大逃げや捲りなど、特殊な脚質がありますか? 自分は大逃げが大好きです!
A.どっちもあります!僕も好きだから、なんて。むかし僕もゲーム機買うのはダビ○タあわせでした(笑
 
Q.レース動画ちょっと感動。携帯機でここまで出来れば文句なし。音声実況なら、120点だった。実況文字消せないですかね?
A.ありがとう!嬉しいです。音声実況は自分の馬の名前の読み方の臨場感を良くするのに時間が…。でも実況文字はOFFれます。
 
Q.レースに出てくるCPU馬はダ○スタのようなメンバー固定方式ですか?
A.世代制と成長曲線で管理しています。晩成や早熟の差、世代格差なんかを反映したかったので。
 
Q.レースは全てフルで観戦することになるのでしょうか。ダイジェストやスキップ機能はありますか?
A.もちろんあります。ただ、レースシーンがやっぱり楽しいのか、開発陣でさえ飛ばすことは稀です。…何だか自画自賛過ぎて気持ち悪いですね、すみません(笑
 
  • 4月2日

Q.ブリーダーズカップのようなものはあるのでしょうか? 大会を開催とかできれば面白そうですよね。
A.そうですね。まあ、今回はパスワードを送って頂くような感じならできるかもしれませんね。考えておきますね。
 
Q.レース番組表は2012年版対応ではないんですか?
A.ある程度、追いかけました。つまり、実装にJRAさんの発表が間に合ったものという意味ですが。
実は2010年はイレギュラー開催が多く、さらに2011年は震災による変更。そして、新中京競馬場。
我々も最新版で行きたいのは山々だったので、ギリギリまで待ちました。その結果としてとったのは、
新競馬場の収録と11年の震災変更前に発表されていたプログラムの準拠、
そして、12年の正月に発表された上半期の重賞スケジュールの可能な限りの反映です。
まあ、完璧な最新版とは言えないのが残念ですが、プレイ感は逆に自分が昔からの競馬ファンというのもあるからか違和感は感じません。
重賞スケジュールはしっかりしてますし、それをベースにしたローテーションが組めるように調整では一番に配慮しました。皆さん、ご理解のほどお願いします。