root化したFT701Wを元に戻す場合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

root取ったりマーケット導入したり、/systemのファイルをいじりすぎてなんだかよく分からなくなってしまい、元の状態に戻したくなることってよくあると思いますが、以下の方法でフルリカバリーができるようです。

ただし、マーケットは残したいがunrootしたいというような器用なことはできませんのでご注意ください。
また、文鎮化しているFT701Wを復活させる方法ではないのでご注意ください。

(5/8追記:adbからリカバリーを行う方法を見つけましたので、追記しました)

SystemUpdateアプリを使う方法


1.最新FWをダウンロードして解凍する(5/8現在の最新はFW-005)


2.解凍されたota_package.zipをmicroSDカードのrootフォルダにコピーしFT701Wにセットする。


3.build.propを購入時の状態に戻す。

フルマーケット化をしておらず、build.propを変更していない場合はこの手順は不要です。


4.SystemUpdateアプリを起動してUpdateを実行する。



adbを使う方法

この手順はroot権限が必要になりますので、SuperOneClickにて「Shell Root」を取得した後に行うといいでしょう。
rootを取得した端末の場合はadb shell実行後、suコマンドにてroot権限を取得します。

USBデバッグをONにした状態でロゴループに陥ってしまった場合などは、こちらの手順で復旧する可能性があります。

手順はSystemUpdateアプリを使う方法とほぼ同じで、4番の手順が以下のようになります。



4'./cache/recovery/commandというファイルを作成した後、reboot recoveryを実行する。

commandファイルの内容は以下になります。
--update_package=/sdcard/ota_package.zip

adb shell実行後以下のコマンドを実行すると楽に作成できると思います(要root権限)。
echo '--update_package=/sdcard/ota_package.zip' > /cache/recovery/command

commandファイルを作成後、reboot recoveryを実行します(要root権限)。

以上です。

要するにただFWのUpdateをしているだけなのですが、ota_package.zipに含まれるUpdate用のスクリプト見ると、build.propの機種情報をチェックしていますが、現在のFWのバージョンや/systemディレクトリの内容等はチェックしていないので、現在のFWのバージョンが004だろうが005だろうが、005で上書きができます。

build.propを編集してフルマーケット化している端末だと端末情報が正しく「FT701W」だと取得できず、SystemUpdate実行後の再起動後エラーになってしまいますので、もとのbuild.propの内容に戻すことでリカバリーが実行可能となります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。