adb接続する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

USB接続されたタブレットをPCから操作するAndroid Debug Bridge(以下adb)をFT701Wで実行するための手順です。
多くのandroid端末と違い、接続しただけでADB接続用ドライバがインストールされるわけではないので注意して下さい。


PCでの作業

1.Android SDKのインストール

参考: http://smartgoods.me/2011/10/special_android_sdk_install/
(Google USB Driver Packageのインストールも)

2.Android_winusb.infの編集

android-sdk-windows\extras\google\usb_driver\Android_winusb.infをメモ帳等で開き、[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]の直下にそれぞれ以下を追記
;FRONTIER FT701W
 %SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_25d6&PID_0001
 %CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_25d6&PID_0001&MI_01


3.adb_usb.iniの編集

C:\Users\[ユーザー名]\.android内のadb_usb.iniをメモ帳等で開き、
0x25D6
を追記(ファイルが無い場合は新規作成)。
改行のみの行があるとエラーになるので注意。 http://potato777.hatenablog.com/entry/2013/03/19/040357


タブレットでの作業

USBデバッグモードを有効化

設定→アプリケーション→開発→USBデバッグ
にチェック


PCとUSBで接続

ドライバが自動でインストールされ、タブレットのステータスバー左にUSBデバッグのアイコンが出ればok
コマンドプロンプトでadb devicesと入力してdeviceが表示されればadb接続成功。

※List of devices attachedとしか表示されなかった場合はタブレットが大容量デバイスとして認識されている可能性あり。
デバイスマネージャー(Windows 7では「コントロールパネル」→「デバイスとプリンター」の下にあるかも)に
OMAP-3/4があれば、ドライバを手動で再度インストール。
参照場所はandroid-sdk-windows\extras\google\usb_driver

※adbが繋がらない場合は一度adb接続を切断して、再接続すると回復する場合があります。
adb kill-server
adb devices
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。