これまでのあらすじ(各話報告)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ここではあらすじや各話の収支報告を行います。

第Ⅰ部第一話今回予告

聖暦1300年。妖魔の侵攻に脅かされていたのも今は昔。
エリンディル大陸から妖魔や魔族が殆んど駆逐されてからはや数十年。
ここ最近は妖魔や魔族の目撃情報すら珍しい、その大陸西部。パリス同盟北部平原に…その王国はあった。
かつてとある著名な冒険者ギルドが作り上げたというその王国。
その名前は…メダリオン王国といった。かつて冒険者が作り上げた「英雄の国」
そんな国も今は南のパリス同盟との軍事的緊張が高まるなど、平和とは言い難い。
其処に住む、ある冒険者達がいた。運命に導かれしかつての建国者の子孫。そんな彼らから、この物語は始まる。

キャンペーン・フューチャー 第Ⅰ部第一話 「運命が動き出した日」

これはもしもの未来の話。

一話リザルト 凄い遅れました。ごめんなさい!

経験点:45点 報酬:一人当たり4800 ギルドに端数850G
ギルド経験点:特殊処理。次回までにGlを1上げて置く事。

一話あらすじ整理。
図書館司書ロリーネより、ノーソン村にある一冊の本を取ってくるように頼まれたノイエヴェルト。
一向が村に訪れると、なんと村は盗賊に襲われていた!
辛くも撃退するが、その内一人から魔族の気配を感じ取ったり、ただならぬ気配。
調べると本はとられており、さらには怪しい黒鎧の人物が盗賊団に加わっているらしい。
情報を元にアジトに向かった一向。そこで目にしたものは惨殺された盗賊団と、たたずむ黒鎧だった。
操霊術に謎の召喚術で生み出された怪物を倒すものの、黒鎧には逃げられてしまう。
盗賊のとったものは本以外取り返せたし、彼らを弔いはしたものの、謎の残る結末だった・・・。

NEW! 第Ⅰ部第二話今回予告

今日も今日とて、酒場に集まるノイエヴェルト。
あの色々あった依頼の後、騎士団の警備などは少し厳しくなったらしいが
今のところ目立った異変もなく、表向きは今日も王都は平和である。
ところで、王都にはいくつかの面白い噂があるのは知っているだろうか。
俗に「メダリオン王国七不思議」と呼ばれる、幾つかの面白可笑しい噂話である。
そんな中の一つに「時計塔に住む魔女」の話があった・・・

キャンペーン・フューチャー 第Ⅰ部第二話 「時計塔の魔女」

過去と未来と。現在と。繋がり導くは一つの血。