第20話「自動販売機でスクランブル!」(2008年9月26日)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の下校途中、自動販売機前。
榎本「ねえ、喉渇かない?」
永井「おう」
渡辺「渇いた」
榎本「えーと・・・あ、カルピスウォーターないんだ、じゃあプリンシェイクにしようかな」
ピッ・・・ガランッ!
榎本「淳は何にする?」
永井「DrinkSMAPある?」
榎本「ないわよ」
渡辺「何それ、何か懐かしいな」
永井「インターネットで検索検索!」
榎本「何にするの?」
永井「じゃあファンタオレンジで」
ピッ・・・ガランッ!
榎本「幸助は?」
渡辺「ドクターペッパーで」
榎本「ないってば」
永井「何それ」
渡辺「検索検索!」
榎本「この中から選んでよ」
渡辺「じゃあ由美とお揃いにしよ」
榎本「売り切れ」
渡辺「ちぇ、じゃあコカコーラでいいよ」
ピッ・・・
榎本「あれ?」
永井「出てこないな」
渡辺「任せろ、昔これで直したことがある」
榎本「ちょっとちょっと!」
渡辺「おらぁ~っ!!」
バコンッ!!・・・ガランッ!
渡辺「な?・・・あれ、お~い。二人ともどこ行ったー?」
警官「こら~!貴様か~!」
渡辺「うわっ!何で!?早いな!」
今の自販機は防犯機能が優れておりますので気をつけましょう・・・ってみんな知ってるか。