第1話「わんちゃんでスクランブル!」(2008年9月1日)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一本の電柱の前で立っている永井淳に榎本由美が通りかかる。
榎本「おはよう」
永井「あー、おはよう」
榎本「幸助はまた遅刻?」
永井「うん」
榎本「しょうがないんだから」
永井「ちょっと待てよ、たまには3人で登校しようぜ」
榎本「そんなことしたら私まで遅刻しちゃうじゃない」
永井「たまにはいいぜ、遅刻も」
榎本「よくなーい、じゃあ後でね・・・あ」
永井「ん・・・お、あれに見えるは由美ちゃんファンクラブの皆さんではないか」
榎本「・・・・・・」
永井「人気者は辛いねえ、一人じゃ心細いだろう」
榎本「・・・ついに登校する時まで3人一緒かあ・・・」
永井「お前、じゃあ俺たちはいつもボディガードとして側にいるわけ?」
榎本「そう」
永井「おいおい・・・まあとにかく今日は遅刻に付き合ってくれるっていうわけね」
榎本「別に幸助なんか置いていけばいいのに・・・本当に仲がいいのね」
永井「おう、俺たちは最高のトリオだぜ」
榎本「トリオ・・・?」