第56話「幸助の部屋でスクランブル!」(2008年11月17日)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どういうわけか、由美と淳が幸助に部屋に招かれた。
榎本「招かれたというか強引に連れ込まれたって感じ」
渡辺「別に帰ってもいいんだぜー淳」
永井「俺何も言ってねーだろ」
渡辺「さあ、ここが俺の部屋だ」
開かれたドアの奥はありとあらゆる物が散らばり、非常に狭く感じさせる部屋だった。
榎本「帰る」
渡辺「待て~!」
永井「何のために呼んだんだよこんなところに」
渡辺「こんなところはないだろ。いろいろあるだろー遊ぶものが・・・なんでもそろってるぜ」
永井「多すぎるだろ、少しは整頓しろよな」
渡辺「さあ、何して遊ぶ?」
永井「バスケットゴールがあるじゃん」
渡辺「お、じゃあバスケやるか」
永井「こんなとこで出来るわけないだろ」
渡辺「ゴールなら足りてるぞ、ほれ」
永井「なんでゴールが2つもあるんだよ!おかしいだろ」
渡辺「おかしいことはないだろ」
幸助、壁にもたれる・・・いや、壁というか・・・。
永井「何でサッカーゴールまであるんだよ!」
渡辺「じゃあサッカーやろうぜ」
永井「これも2つあるじゃん!」
榎本「あのー・・・話の先が見えてこないんだけどー・・・」
渡辺「いや、3人で童心に帰って無邪気に遊びたいなーと・・・」
永井「それだけかい?」
渡辺「・・・・・・」
永井「ゴール自慢したかったんじゃないの~?」
渡辺「・・・はい、そうなんです、ごめんなさい。昨日買ったばっかりだったから・・・つい」