キャラクター - 職業

職業概要

見習い職業
Lv1〜
1次職業
Lv10〜
2次職業
Lv60〜
平民 (Commoner) 見習い兵士[未作成] (Apprentice Warrior) 剣士[未作成] (Swordman) 剣匠[未作成] (SwordSage)
刀戦士[未作成] (Blademan) 刀将[未作成] (BladeMaster)
斧戦士[未作成] (Axeman) 狂戦士[未作成] (Berserker)
見習い旅人[未作成] (Apprentice Journeyman) 拳法家[未作成] (Martial Artist) 拳王[未作成] (Kungfu Master)
商人[未作成] (Trader) 大老[未作成] (Merchant Prince)
幻獣士[未作成] (Beastmaster) 獣王[未作成] (Beast Lord)
見習い修行者[未作成] (Apprentice Diviner) 魔術師[未作成] (Mage) 魔導士[未作成] (ArchMage)
僧侶[未作成] 司祭[未作成]
光の使徒[未作成] (Acolyte of Light) 光の神官[未作成] (Architech Of Light)
闇の使徒[未作成] (Acolyte of Darkness) 闇の神官[未作成] (Schemer Of Darkness)

見習い職業

転職場所:各村の村役場前に居る転職世話人(それぞれの人種に対応した村でなくても可能)
転職条件:平民であること
※ 正式職に就かない限り、平民⇔見習いは自由に変更可能

  • 見習い兵士
    兵士系1次職業の見習い
    戦闘力は見習い随一、ただし装備が高い・・・
    Lv10でシルバーゴールドの戦士ギルドにて、剣士・刀戦士・斧戦士に転職できる

    攻撃力・命中率の点から剣を装備するのが最良
    全力攻撃は不要、早めに盾を購入すべし
    全力攻撃を上げて無駄はない
    --スキル: 全力攻撃、盾技
    • 装備: 剣・刀・斧、盾、金属鎧・皮よろい、かぶと・帽子、手袋、靴
  • 見習い旅人
    旅人系1次職業の見習い
    戦闘力はそこそこ
    Lv10でレインボーの旅人ギルドにて、拳法家・商人・幻獣士に転職できる

    Lv10の生産商人を作るなら回避を上げる為にも初期から見習い旅人が最良
    拳法家・幻獣士は、転職後に回避はすぐ上がるので見習い兵士でも可
    --スキル: 敏捷、回避
    --装備: 剣・刀・斧・杖、皮よろい、かぶと・帽子、手袋、靴
  • 見習い修行者
    修行者系1次正式職業の見習い
    戦闘力は低め
    Lv10でブルーバードの修行者ギルドにて、魔術師・僧侶・光の使徒・闇の使徒に転職できる

    攻撃力・防御力に難があるので、殴り魔(僧侶)にでもしない限り見習い兵士が良い
    --スキル: 杖技、祈り
    • 魔法: 巨木の一撃(木属性)、ロックオン
    • 装備: 杖、衣、帽子、手袋、靴

1次職業

[スキル] [魔法]

兵士系職業

転職場所:シルバーゴールドの戦士ギルド
転職条件:Lv10以上の見習い兵士

共通スキル:盾技、連打、全力
装備:剣・刀・斧、盾、金属鎧・皮よろい、かぶと・帽子、手袋、靴

  • 剣士
    固有スキル:剣技
    固有スキルの疾風閃・断空閃が凶悪な威力。属性を合わせればLv20前後で4桁ダメは楽勝
    格上の敵も出現数が少なければゴリ押しできるのでソロ向きの職業か?
    反面、範囲攻撃スキルがないためダンジョンはやや苦手
    落石や火炎弾を使える幻獣を戦闘モード用に飼うのが吉か・・・MP持たないが
    ボス戦では必須の職業だが、その機会は少ない
    装備がボロボロになるが、どんなに上級の島でもソロが出来る

  • 刀戦士
    固有スキル:刀技
    列攻撃スキルの飛燕斬・虚空斬があるため、ダンジョン・島が得意
    1ターンで雑魚一掃できるのが爽快
    単体攻撃スキルが連撃であるため敵防御力や回避率の影響を受けやすい
    溶解・精密狙いなどの補助系魔法を使える戦闘幻獣がいると便利かも

  • 斧戦士
    固有スキル:斧技
    装備品の斧の命中率が悪く攻撃が外れやすい。
    代わりに威力は高いが、斧戦士の固有スキルが弱いため連撃に頼りがちになる。
    四連してもステータス育て方を間違えるとスカしまくり。
    狂戦士になれば苦労した分のリターンはある。

旅人系職業

転職場所:レインボーの旅人ギルド
転職条件:Lv10以上の見習い旅人

共通スキル:回避、強化、拳法(商人、幻獣士は拳法技を覚えない)

装備:グローブ・算盤・鞭、皮よろい、衣、かぶと・帽子、手袋、靴、楽器

  • 拳法家
    固有スキル:気功、闘志
    破壊力が兵士系と比べてやや不利だが命中率はいい
    商人や幻獣士と防具を共有できるという以外、利点は思いつかない
    童話では回避率の上限が低いっぽいので戦闘職としては辛いかも
    決闘では強いらしい

  • 商人
    固有スキル:取引、収集、ソロバン技
    攻撃スキルがないためソロは厳しいが、ある程度は幻獣で補える
    持ち物は他職の1.5倍の重量まで持てる。
    更に陳列台は4倍の陳列スペースを持つので、生産・販売向けの職業。
    固有スキルの収集がcoinやアイテムを追加獲得するので戦闘は楽しい
    この固有スキルはPT全員に効果があるのでPTに1人居ると面白くなる。
    因みにクエストアイテム・カード・人形すら収集スキルで手に入る

  • 幻獣士
    固有スキル:幻獣知識、調教、鞭技
    攻撃スキルなし
    固有スキルの激励を掛けた幻獣の連打はかなり極悪
    ゲーム内のレベル21以上のペットは、幻獣士が捕まえたものである
    元々幻獣士は幻獣の攻撃力を高めるのと、捕獲が目的で作るキャラだから
    キャラの攻撃力は考えなくてよいが、獣王になって合体技を重視するなら筋力
    にも振る。体力、敏捷、魅力、若干知力にステを振ればよい。幻獣使いなので
    戦闘中に幻獣が死ぬことのないように育成の必要がある。

幻獣を多数持っててもMPが減らない

修行者系職業

転職場所:ブルーバードの修行者ギルド
転職条件:Lv10以上の見習い修行者

共通スキル:杖技、祈り

装備:杖、衣、帽子、手袋、靴、本

  • 魔術師
    固有スキル:元素操作
    剣士を凌ぐソロ仕様の職業
    ボス戦や終盤の敵には一撃死があるので安定しないが・・・
    低レベルから全体攻撃の出来る唯一の職業
    高いレベルの杖を装備すれば比例して魔法威力は上がる

  • 僧侶(英語版にはありません)
    固有スキル:神の加護
    補助特化職。味方の命中率や攻撃力を上げたり、敵を強制的に3ターン動けなくさせるなどの
    補助魔法を覚えることが出来る。補助魔法の他にも逃走魔法があったり、これは意外と便利。
    だが、回復魔法の威力だけは光の使徒の方が断然上。攻撃魔法に恵まれないため中盤まで育
    てるのが大変。戦闘モードの幻獣に得意の補助魔法をかけて戦わせるスタイルが多く見られる。
  • 光の使徒 Acolyte of Light
    固有スキル:光の魔法
    攻撃力に乏しいので育てるのがやや面倒。
    回復特化職。回復魔法の威力は専門職な分一番多い。上級になればPT回復魔法も有。蘇生術もある。
    が、このゲームボス戦以外あまり死なないという点とそれより先に自分が死んでるんじゃないかと・・・
    聖光弾は下級職中最強威力の攻撃魔法

  • 闇の使徒
    固有スキル:闇の魔法
    最マゾ職という話(ただし儀式用に保有している上級者は少なくない)。次元爆裂覚えないと
    話にならない一番癖がある職。相手の能力を弱める魔法多し。
    上級職になると全体攻撃が可能になり、ソロも可能。儀式との合わせ技でペットや
    サブキャラの育成がサクサクになるので、それを夢見て耐え忍ぼう。
    人があまり使っていない職好きって人はお勧め
    --------------------------------------------------------------------------------

2次職業

[スキル] [魔法]

兵士系職業

転職場所:SG兵士ギルド
転職条件:Lv60以上の剣士・刀戦士・斧戦士。

  • 剣匠
    元の剣士の基本特性を継承し、単体への物理攻撃が最強の職
    現状では狂戦士の方が単体最強
    不動剣が強力になったことより、どこでもソロが一応可能

  • 刀将
    広範囲で物理攻撃の特性を持ち、転職後の属性の影響が修正部分であり、その全体的な戦力は表面上の影響と
    比較してバランスがとれている、相対的に、広範囲攻撃能力は更に強化(続いて戦力は下降、但し1対多の
    戦闘効率が上昇)鋭気集中が使いにくくなったが、相変わらず鳳翼は強い

  • 狂戦士
    斧系スキルの特殊効果を強化、スキルを命中率と威力の強化に偏重し、一部のスキルの特殊効果は100%の成功率を得る
    現状では上級兵士職最強?

旅人系職業

転職場所:RB旅人ギルド
転職条件:Lv60以上の拳法家・商人・幻獣士。

  • 拳王
    攻撃の精確性を強調し、乱数の影響部分を減らして、前衛職の特色を持つ
    戦意→滅空拳は下級時代の辛さを癒してくれます

  • 大老
    特殊工作型職業、戦闘の中でチームの収入を増加する能力、および面白いスキルの部分、この職業は宝を打つを強調、金を儲ける等の特色
    大老の特権などもいくつかあり、メムの続く限り強力

  • 獣王
    特殊補助型職業、チーム全体の戦闘化した幻獣の増強スキルを持ち、特色はチーム全体の幻獣の戦力を上げる職業、しかも幻獣ハンターとなるための捕獲確率UPのスキルを持つ
    合体は強力な全体攻撃だが、ハイリスクな諸刀の剣

修行者系職業

転職場所:BB修行者ギルド
転職条件:Lv60以上の魔術師・僧侶・光の使徒・闇の使徒。

  • 魔導士
    魔法攻撃型職業、各属性の広範囲型攻撃魔法に精通、使う機会は少ないものの多少の補助魔法も扱える。信仰度で更に強化、多様な選択肢をもつ職業
    オズ実装により最強の職に

  • 司祭(英語版にはありません)
    魔法補助型職業、スキルは全員の属性・攻撃・防御などの様々な効果を高め、効果的に戦闘時間を短縮することができチームの長期戦の能力を高める
    表皮強化で物理被ダメが大幅に減るようになった

  • 光の神官
    魔法補助型職業、特有のスキルは回復・復活、チームの効果と利益のきわめて高める職業、二次職業の形態は回復効率と威力を高めて、強敵にチームで挑む際に重要な職業
    オズ実装後ボスの上級魔法による味方の一撃死も多くなり、ボス戦では必須

  • 闇の神官
    魔法攻撃型職業、敵の能力の弱体化で全体の戦力を高めることを主とし、闇系攻撃魔法は補佐するため、効果的に全体の戦力を高める以外、更に敵を弱体化する
    黒洞炸裂まで覚えれば、低レベル帯においては強力な攻撃職に変貌

ステータスの振り方

これといった決まりは無いですが、参考までに

  • 全職共通
    --ドワだと初期にちょっと知力に振っとかないと、割と後悔することもある(質問スレpart224 >>692)
    • スキル振りなんてものはないが
      ステ振りなら最初に体力全振り、後は敏捷と筋力を好きなように
      体力振りの目安は、ドワーフ男なら振らなくてよし
      ドワーフ女、人間男10〜15
      人間女、エルフ男15〜20
      エルフ女20〜25
      そんな感じで良さそう
      敏捷筋力については、狩場の敵に先制できるくらいあれば問題なし
      ターゲットが倒されて困るのが嫌ならば高めに(質問スレpart224 >>728)
    • (体力のステ振りについて)
      30か40か50
      知力でMPも上げなきゃいけない修行者は控え目に
      知力にわざわざ振る必要の無い(勿論振ってもいい)戦士は多め
      真ん中の旅人は自由に
      ぐらいでいいのでは?
      体力+3のアクセを2点用意し、6を足して上記の数値になるようにするといいと思う。
      体感では30だと虚弱(創りなおした事がある)
      60以上(自動振りで越えた)だと頑丈だけどそんなに要らん気がする
  • 職業別
    --戦士なら知力、幸運、魅力は振らなくてもよい(質問スレpart224 >>691)
    • 打撃職全般(剣・刀・斧・拳)のステ振り
      最初にある程度まで体力、その後は敏捷と筋力に好みのバランスで割り振る
      --修行者系全般のステ振り(魔・僧・光・闇)
      最初に体力、次に知力、そのあとは全て敏捷
      体力や知力の量はお好みで。光の使徒、僧侶などは敏捷重視

    • 幻獣士のステ振り
      最初に体力、敏捷、魅力、若干の知力
      封印石を沢山買えればよいが、容易には通貨は貯まらないから魅力にはある程度振っておかないと
      捕獲がしずらくなる。30から50。封印石が余裕で沢山~買えるのなら、ひたすら捕獲を繰り返して
      幻獣知識を上げて補うことができる。
  • 商人のステ振り
    ・生産(採取や材料加工、武器防具作成)メインの場合…全て筋力
    ・生産(アクセサリーなどの付加装備)メインの場合…全て幸運
    ・戦闘も視野に入れる場合…最初に体力、あとは筋力と敏捷にお好みのバランスで。